ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日発売の週刊朝日に一部の千葉ロッテの選手に薬物疑惑があるという記事が載っているそうだ。

ロッテ選手に“薬物疑惑”(スポニチアネックス)
ロッテ・瀬戸山隆三球団代表(51)は7日、8日発売の週刊朝日に、ロッテ選手が薬物を使用しているとの内容の記事が掲載されることについて「その件についてはあした(8日)話す」とし、何らかの説明を行う方針を示した。

 同記事のタイトルは「ロッテ選手たちがのんでいる“謎の薬物”」で、複数のロッテ選手が集中力が増す「グリーニー」と呼ばれるカプセルを常用していると指摘している。また「(覚せい剤として指定されている)アンフェタミンをのんでいる」との選手のコメントや、識者の「MDMA(合成麻薬の一種、通称エクスタシー)の可能性がある」との見方も示した。

 この記事に対し、バレンタイン監督は「中心選手の誰も使用していないだろう。こういうことは証拠もないのに書かれるべきではない」と完全否定。「(使用していないことを選手に)証明させることも考える」とも話した。また本紙の取材に応じた球団関係者、選手全員も薬物使用を全面的に否定している。
[ 2005年08月08日付 紙面記事 ]


このことについては事実かどうかはわからない。
それにそれが本当なら、週刊誌に載せる前に警察にいったらという話ではあります。

検索で見た千葉ロッテファンの方の意見としては、
「強いので足を引っ張るために書いたものだ」
という人もいました。
確かにそれもあるかもしれない。
Sホークスでも、選手の私生活に関する内容の暴露をして揺さぶったという、似たようなことがあったからだ。
ただ、もし、どちらも事実としよう。
そうだったら、千葉ロッテの事件のほうがはるかにでかい。
何せ、刑事事件だ。
まあ、何度も言いますが、どちらにしても事実かどうかの確証はないですが…。

ただ、こういう問題は大きい。
野球も国際大会をしようという、国際化の動きの中、メジャーリーグは「ドーピング一掃運動」をしている。
国際大会といえばオリンピック、サッカーのワールドカップは厳しいドーピング検査があるし、アメリカの他のスポーツは早い段階から、ドーピング、主に筋肉増強剤(ステロイド)は禁止している。
筋肉増強剤は特殊な病気に対する治療薬であるが、病気でもない人間が常用し続けることでホルモンバランスをおかしくし、男性の女性化、女性の男性化、精神的にイライラする、最悪では死に至るくらいきついものである。(くわしくはこちら
日本野球界だって、一部ではあると思うがドーピングをやっていると思われる選手がいたって、不思議ではないと思う。
何せ、今まで検査していないんだから。
今後はするらしいとは聞きますが。

ただ、麻薬・覚せい剤乱用防止センターのホームページを見て思ったが、今回、名前が出ている成分「アンフェタミン」なんて、はっきり覚せい剤だし、まず、最初から手は出さないとは思いますが。

そして、今日の夜、千葉ロッテ側が「事実無根」と記者会見を開いた。

選手の薬物使用「絶対ない」=週刊誌報道を否定-プロ野球ロッテ(時事通信)
プロ野球ロッテの一部選手が覚せい剤のような薬物を服用していると8日発売の週刊朝日が報じたことに対し、ロッテのボビー・バレンタイン監督と瀬戸山隆三球団代表は同日、千葉マリンスタジアムで記者会見し、内容を全面的に否定した。
 興奮剤アンフェタミンを含むグリーニーという錠剤を選手が飲んでいる、とする記事に対して同監督は、取材を受けた選手、スタッフから事情聴取を行ったとし、「今季、ロッテ選手のロッカールームにアンフェタミンが入ったことは絶対にない」と断言。同代表も「記事には何の根拠、証拠もない。非常に不快感を持っている」とした上で、「まずは事態を沈静化させようとしているところ。(訴訟などは)次のステップとして考えたい」と法的措置にも含みを持たせた。
 アンフェタミンは国際オリンピック委員会(IOC)に指定されている禁止薬物。日本プロ野球組織は3月にドーピング検査の実施を決め、早期の導入を目指して準備を進めている。 
(時事通信) - 8月8日18時2分更新


まあこれが事実であることを願いたいし、自信があるのであれば裁判に訴えてほしいですね。

ただ、少し気になることを思いだした。
これは今年の3月の外国人記者クラブの会見の記事である。
ボビーバレンタイン監督とマーティーキーナート楽天GM(当時。のちチームの成績不振のため降格)の2人が記者会見していた記事があった。

薬物容認?バレンタイン監督とキーナートGMが場外戦(サンケイスポーツ)
ロッテのボビー・バレンタイン監督(54)と楽天のマーティ・キーナートGM(58)が24日、都内の日本外国人特派員協会で講演。26日の開幕戦を前に舌戦が繰り広げられたほか、バレンタイン監督から薬物使用容認とも受け取られる“問題発言”も飛び出した。

 サラリーキャップ制導入などで「球界は共存共栄を目指すべき」というキーナートGMの意見に対し、バレンタイン監督は「ボクがレストランのオーナーなら皿洗いに時給50ドル払おうが勝手」と真っ向から反論。

 さらに話題が現在、米国で問題になっているステロイド(筋肉増強剤)使用に及ぶと同監督は声を荒げ「問題になっていることが理解できない。ステロイドとサプリメントは何が違うんだ?」

 キーナートGMがすぐさま「サプリメントは自然のものだし、合法」と答えると、同監督は「バイアグラはどうだ? 合法だろ」とさらに一言。

 米下院が公聴会を開くなど大リーグのみならず米スポーツ界全体を揺るがす問題。日米の球界で指揮をとったボビーの“薬物容認”発言に、会場に詰め掛けた外国人記者も一様にビックリ。キーナートGMは帰り際「ロッテの監督はちょっとおかしいよ」。開幕戦を前に火花バチバチだ!?

(峯岸弘行)
(Yahoo!掲示板にて見かける)

ここで、バレンタインさんは認識不足を露呈している。
確かに筋肉増強剤は特殊な病気に対して処方される薬であり、使用をしても逮捕の対象にならないが、これは使い方の問題なのだ。
それに去年あたりから、メジャーでもドーピング一掃運動が始まり、アメリカのホワイトハウスの麻薬撲滅政策事務局だって、目を光らせていることなのだ。(情報源は「HOTWIRED JAPAN」のこの記事から)
日本に来ていたから、バレンタインさんはメジャーのこの動きを知らなかったのだろう。
いかにも昔のメジャー人が言いそうなことである。
キーナートさんはわかっているから、怒っていた。

この点をついてきた、嫌がらせかもしれないね。
「バレンタインなら、許す範囲だろう」
と。(この会見のことがあったとしても、今の順位から考えて、キーナートさんがリークしたとは思えないが)
私はバレンタインさんの人柄や野球の采配の才能など、高く評価している人だが、この筋肉増強剤に関する意見は賛成できないですね。
国際化にも反しているし、今のメジャーや他の国の野球界の流れにも反しているし、それ以前に体に悪い。

筋肉増強剤に関しては以前「すぽると」(フローラン・ダバディさんが出ているときは好きなので、結構見ています)でムッシュ・フローーランが、
「アメリカの高校生は筋肉増強剤を使って鍛えた筋肉がかっこいいと思っていて、筋肉増強剤撲滅の道は険しくなっている」
と新聞記事を見ながら、伝えていた。
このことから見ても、アメリカのドーピング一掃は難しい問題を持っている。

何度も言っていますが、事実かどうかはわかりません。
それにこういう問題は今回、つるし上げられた千葉ロッテだけの問題ではないと思います。
日本の球界だって、筋肉増強剤を使用しているかを調べたことはなかったわけですし、メジャーですら、厳しくなっているのに、日本が甘かったら、それが理由での筋肉増強剤使用選手の来日が増えるかもしれないという危機感があってもいいと思います。(以前、ドーピングに関しての違う記事にて、コメントにてご指摘をいただきました。参考にさせてもらいました。確かにそのとおりだと思います)

今後のことの推移を見守りたいです。

【追記】私の移転前の「振り逃げプロ野球」の中にバレンタインさんとキーナートさんのことを書いたブログがありました。
リンクしておきます。

楽天ネタを2つ(移転前の「振り逃げプロ野球」より)




よろしかったら、「振り逃げプロ野球」に一票、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
テーマ:千葉ロッテマリーンズ - ジャンル:スポーツ
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/95-17b6ba12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
ジャイアンツ監督の憂鬱
     (写真転載・共同通信社) 堀内監督に「辞めろコール」  ◆◆あわやのシーンだった。巨人は4連敗を喫し、クラブハウスへ引き揚げる途中だった。 堀内監督の頭上に三塁側の観客席から紙コップに入ったビールが飛んできた。幸運にも直後にいた報道陣にかかっただ
2005/08/08(月) 22:25:02 | RJ-30 with Blog
千葉ロッテ、薬物疑惑
みんな知ってると思いますが、ロッテの薬物疑惑に関して、球団は全面的に否定されていましたね。詳しいことは、こちらのブログをどうぞ。振り逃げプロ野球うーん。私は、ロッテの選手を信じてる! とか思わないし、怪しいとも思わないけど・・。週刊誌自体が、信用できんなぁ
2005/08/09(火) 00:11:27 | ベースボール短編集
ロッテ 薬物使用の報道否定
>ロッテ 薬物使用の報道否定 ロッテファンとしては本当に信じがたい報道です。一体朝日は何の目的でこのような記事を掲載したのでしょうか?ロッテに何か陰謀でもあるの?? 今はシーズンで大事な時期だけに選手が心配です。この騒動で支障がなければいいのですが・・・
2005/08/09(火) 02:53:42 | Sportiva
薬物という名の誘惑 ドーピング
ロッテの薬物疑惑に関して調べていて、そもそも、『薬』の効用と、なんで使ってはイカンのかなど・・。正直、ちゃんと知らないんだよなぁ。私は・・と思い、調べてみました。テレビ朝日系『スーパーモーニング』でもおなじみの鳥越俊太郎さんのコラム。3分間で、最近のニュ
2005/08/11(木) 15:26:27 | ベースボール短編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。