ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私がたわいもないことを検索していた時、ある、ひとりの男性のことを調べていた。
その人は元「シューティング」というコンビの一人だった人だ。
その人のプロフィールでたいへん気になることが書いてあったので調べてみたら、とんでもないことがわかった。
今回はそのことを書きたいと思います。
ただ、話題自体はたいへんデリケートな話なので、イニシャルで表す部分が多くなると思いますが、そこのところはご理解のほどをお願いします。

シューティングというコンビ名は聞いたことがありました。
しかし、ある時期から名前を聞かなくなったコンビでした。
私の記憶から、完全に消えていたコンビ。
しかし、たわいもないことを検索していたら、その元相方だった人の経歴にこんなことが書いてあった。

「1992年相方死去のため」

病気で?、かなと思ったのだが、これを元に検索していると、昔、とあるトリオを組んでいらっしゃった方のホームページに当たった。
そこの記事には衝撃的なことが書いてあった。

http://www.meetsworld.co.jp/matsu/deshi105.htm

Hというプロダクションのお笑い部門に所属していたTという人がいて、その人に、

「お前らは面白くも無いし何も特徴が無いのだから、名前だけじゃなく本当にシュートボクシングをやれ」

といわれ、たいへん有名なレスラーの方からシューティングを習うことになった。

そして、試合に出た相方の人は対戦相手のキックを頭に受け、残念ながら亡くなってしまう。
その後、亡くなった方の葬式があったときもTという人は態度が悪く、顰蹙(ひんしゅく)を買った。

そんなことがあったとは知らなかった。
まさか、そんなことでお笑いの芸人が亡くなっていたとは…。

なぜ、このことを取り上げたかというと、私は以前から、Hというプロダクションのお笑い部門に疑問があったからだ。
今は幸い、Tはやめたそうだが、元トリオの一人だった方のホームページの記事によると、Tという人がいたときのHの芸人はおかしなことになっている人が多いことがわかった。

たとえばYさん。
確かにある時期を境に見かけにくくなった。
でも、その原因がTという人の機嫌の良し悪しによる、気まぐれによるものとは知らなかった。
Yさんはとても気の毒な方なのだということを知りました。

また、今、若手で活躍をしているとあるコンビがいますが、彼らが現在の事務所に入る前、事務所めぐりをしていた。
その中にHもあったそうだが、そのHの印象は最悪だったらしく、1回行っただけで他を探したそうです。
現在、所属している老舗の事務所の後輩の女性コンビの一人が、おそらく、「アイドルの事務所」というイメージが大きいのもあるのか、
「Hへ移籍してみたい」
と言ったとき、このコンビは必死になって、
「あそこ(Hという事務所)はやめといたほうがいい」
と言っていた。

ある、物まね芸人だったH.Hという芸人がいた。
この人はこんな目にあったそうだ。
テレビ番組の取材が入っていたのもかまわず、この人をTは台本で殴り、この人が書いたネタをビリビリに破ったのだ。
この人は結婚を機にHをやめ、違う事務所に行き、生き生き仕事をしているようだ。
このときの番組を私は見ていました。
素人でテレビを見ている私でさえ、このHのお笑い部門はおかしい、と思った。
厳しいのはかまわないが、厳しさが理にかなっていない、素人でもそう思った。

そして、このHのTはボキャブラブーム時代、名を馳せた「フォークダンスDE成子坂」の解散の理由にもかんでいる。

http://www.meetsworld.co.jp/matsu/deshi136.htm

ボキャブラブームの芸人さんの中ではずば抜けており、ネタで勝負が出来て、シュールなネタがうまいコンビだった。
私も大好きで爆笑問題と成子坂は残って売れるコンビだと思っていた。
しかし、ある時期から、どうも、成子坂の調子が良くない。
ボキャブラのキャッチフレーズも、
「戦慄の不協和音」
となっている。
「おかしいなあ」
とは思っていた。
そしたら、解散していた。
原因は、
「マネジャーとの確執」
だった。
Tだ。
他の部門のマネジャーはいい人が多く、タレントからも信頼されているそうだ。
しかし、お笑い部門のTは同じ会社のマネジャーでも大きく違う。

なぜ、Tがお笑い部門のトップになったか?。
この部門はSさんという人が作ったそうなのだが、そのSさんがおやめになって、たまたま、次の位置にいたのが、運悪く、Tだっただけらしい。
Tはお笑いのことなど、露とも知らない人物だったらしい。
成子坂もTにつぶされた芸人だった。
Tは今はHにいないらしい。
やめた理由はわからないが、Hの上の人は良い人材をつぶしたのがTとわかれば、やめさせるのが筋だと思うよ。

今回、リンクを使わせてもらった、とあるトリオだった方のホームページの記事によると、トリオが解散したとき、こんなエピソードがあったと書いてありました。

http://www.meetsworld.co.jp/matsu/deshi108.htm

Hという事務所にはネームバリューと芸能界でも高い位置、そして、いいイメージがある。
確かに自分たちの部門はきついことばかりだが、Hにしがみついていたいという心理が働くのだそうだ。
ホームページをされている方は唯一、Hをやめた方です。
Hに残った2人は今は2人とも、芸能界をやめたそうです。
そして、
「しかし、彼らは今芸能界から姿を消している。
今だったら僕の云った事が分かってくれるだろう。」
とおっしゃっています。

私の長年のHのお笑い部門に対する疑問が解けた。
こういうことがあったんですね。
確かにこれはひどい。
Hのお笑い部門は今でもある。
Tのいたひどい時代を我慢して耐え、今、活躍している芸人もいる。
また、男性若手部門では小さなお笑い事務所を吸収して、違う部門として今もある。
Hの今までの部門、若手男子の部門、女子の部門。
今のHには2度と、こういうことが起きないことを祈りたい。


今回は私、red hotの判断で、コンビ名2つのみを出しました。
それ以外は伏せました。
リンクの名前は出しませんでしたが、リンク、その内容は引用させてもらいました。
ただ、もし、不備な点でもありましたら、ご指摘ください。
その内容いかんでは熟考し、表現等を変える場合もあります。
また、伏せた名前の部分をもう少し出すべき、あるいは伏せるべきなどの点もありましたら、前記にも書きましたが、内容いかんでは熟考し、表現等の変更をするかもしれません。
たいへんデリケートな問題を扱いました。
自分なりに考えましたが、今回は書こうと思い、書きました。
今後もお笑いのことを考えたいと思っています。
スポンサーサイト
コメント
読ませて頂きました。
初めまして。
ネットサーフィンをしていてたどり着きまして、日記を読ませていただきましたが、元のサイトの文章を引用しているだけになっていませんか?
貴方がこれを読んでどう思ったのかは貴方の言葉で書かないと読んでいる方には伝わらないと思いますよ。
2005/08/08(月) 21:12:29 | URL | みかん #-[ 編集]
みかんさん
あえて、あまり書かず、リンクのみ出しているのはわかりやすくしないためです。
これは、デリケートな話を含んでいるので、出来るだけぼやかしているのです。
でも、こういうこともあったということを書きたかったので書きました。
ご理解願えると幸いです。
2005/08/08(月) 22:24:38 | URL | red hot #-[ 編集]
リンク元を引用させて頂きました。
当ブログのネタ「ダチョウが脱腸!」を作るときに、red hotさんのブログを読んで得た知識から、一部分リンク元の記事を引用しました。
事後報告ですが、ありがとうございました。
2005/08/11(木) 19:26:55 | URL | オランダの薔薇 #-[ 編集]
オランダの薔薇さん
ご連絡、どうもありがとうございます。
リンクは私も使わせてもらっているだけですが…。

ブログのほうも読ませていただきました。
ダチョウ倶楽部の芸人魂は素晴らしいですね。
2005/08/13(土) 19:34:58 | URL | red hot #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/87-12e4ba60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。