ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「この花が咲いたら」はBRATS/B(ブラッツ・オン・ビー)というバンドの曲です。
この曲は阪神・淡路大震災のときの曲です。

昔、大阪心斎橋筋2丁目劇場という、吉本の若手芸人が中心に出演する劇場がありました。
なぜか、一時期、若手芸人が出演後にいろんなバンドが出ていた時代がありました。
お客さんは芸人さんが目当てなので、バンドやバンドの音楽に興味がある人は少なかったように記憶しています。
「気の毒だなあ」と思っていました。
その出演バンドの一組で歌声のすばらしいバンドです。
この曲はすばらしい曲です。
あまり知っている人がいなくて、とても残念です。

この花が咲いたら BRATS/B
スポンサーサイト
テーマ:音楽 - ジャンル:音楽
コメント
Brats on B
実は私、Brats on Bを初めて知ったのが、まさに「この花が咲いたら」でした。ワチャチャライブを野音でやっていた時の特番の中で、この曲が流れていたのを覚えています。それ以来彼らのファンになり、CDも買いました。

2丁目芸人さんにもファンが多かったバンドでしたが、ほどなく解散してしまったのが残念でした。

以上「この曲知ってる!」って手を挙げるために書いたコメントでした。
2011/04/03(日) 22:55:46 | URL | しずおかちゃっぱ #-[ 編集]

今また是非歌ってほしい曲です。
すごく大好きな曲でした。
2011/04/16(土) 01:31:40 | URL | ヒカル #-[ 編集]
しずおかちゃっぱさん
たいへん、遅くなってすみません。
コメント、ありがとうございます。

私は広島在住だったので、大阪の2丁目劇場には一回しか行ったことがなく、その一回もバンドの出演の予定が無いイヴェントに行ったので、生では聞いたことがありませんが、この曲のCDは買いました。
本当、いい曲ですよね。
たくさんの人たちに知ってほしかったバンドです。
2011/05/23(月) 19:10:29 | URL | red hot@管理人 #-[ 編集]
ヒカルさん
たいへん、遅くなってすみません。
コメント、ありがとうございます。

今、まさに歌ってほしい曲ですよね。
今聴きたい曲ですよね。
2011/05/23(月) 19:19:06 | URL | red hot@管理人 #-[ 編集]
私も!
私も大好きでした。
ライブもいきました。

いい声、いい歌。

~ちっちゃな頃、ついてきた月をふりきってふりきって走る~


~王様になるよ、家来は100人~


他にもいっぱい、いい歌 ありましたよね!!
2011/06/22(水) 10:24:29 | URL | フロア #-[ 編集]
フロアさん
コメント返し、遅くなってすみません。
今は承認制にしていないのですが、何の加減か、わかりませんが、承認制になっていました。
なので、コメントの反映がされませんでした。
本当に申し訳ありません。
また、近頃あまり、ブログをやっていなかったこともあり、気づくのが遅れました。
申し訳ありません。

本当、いい声ですよね。
たくさんの人に知っていただきたいバンドだと思います。
2011/10/02(日) 20:05:13 | URL | red hot@管理人 #-[ 編集]

検索してこちらに来ました。
良い曲ですよね。
最近、恵莉花さんって新人歌手がカバーしてます。
(サビ以外ガラッと変わってますが…)

Vo小森さんが、最近この歌を歌われました。
たくさんの人に聴いてもらいたいですね。
2011/10/16(日) 16:00:43 | URL | 通りすがり #eBcs6aYE[ 編集]
通りすがりさん
コメントありがとうございます。

>最近、恵莉花さんって新人歌手がカバーしてます。

情報ありがとうございます。
機会があったら、聞いてみたいと思います。

本当に、この曲はたくさんの方々に聴いてほしいですね。
2011/10/16(日) 19:58:52 | URL | red hot@管理人 #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/825-b29b27cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。