ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
放送から少し経っていますが、アメトーークの「松竹芸能芸人」の感想を書きたいと思います。

以前、自分のブログのエントリーで書いたのですが、もし、自分が芸人を目指したとして、どこの事務所に入るか、という、勝手な想像を書いたのですが、松竹は自分の色に合わないだろうな、と思ったので、そう書きました。
まあ、一お笑いファンとしては事務所自体は苦手ですが、好きな芸人さんは多くいます。

まあ、そんなことは置いておいて、アメトーークの「松竹芸能芸人」は面白かったですね。
TKOが中心になって、番組を展開していたと思います。
TKOが若手だった時代、私は心斎橋筋2丁目劇場に、はまっていた時代です。
2丁目劇場のファンクラブに入って、関西圏のほうから情報を得ていました。
そのとき、「爆笑BOOING」を見る機会があって、吉本や松竹、大滝エージェンシーの芸人さんを中心に、いろんな芸人さんを見させていただきました。
松竹芸人でいうと、当時、TKOはあまり、好きではありませんでした。
TKOは今のほうが好きですね。
当時、松竹の芸人では「のイズ」や「ゆんぼー」が好きでした。
ただ、この2組は解散してしまいましたが。
面白かったのに、残念です。
話はそれましたが、個人的には北野誠さんバージョンの「たまごっち」が出ていたことと、その「たまごっち」のせいで松竹の社員が半数、リストラされた話が印象に残りました。
初めて聞いた話ですし、そんなことをしていたんだ、と思いました。

TKOの5回にわたる、東京進出の話はGyaOの番組「カンニングの恋愛中毒」の「芸人面接」の前、後編で出演していたときに聞いた話をしていました。
GyaOのほうがネットの番組ということもあるのか、もう少し、踏み込んだ話をしていました。
TKOの東京進出の話は確か、前編でしていました。
後編では「松竹っぽい」のニュアンスの定義は?、的な話してしていたと思います。
結局、答えは出なかったみたいですが、この話も面白かったです。
配信期間に制限があるので、なるべく早く、期日前に見てみてください。
TKOの回は前、後編とも面白かったですよ。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/667-8b5bfcff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。