ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お久しぶりです。

少し、遅くなりましたが、R-1ぐらんぷりの決勝進出者が発表されましたね。
まずは決勝進出者を書きます。

あべこうじ(吉本興業 東京)
芋洗坂係長(トリガープロモーション)
COWCOW山田よし(吉本興業 東京)
世界のナベアツ(吉本興業 東京)
土肥ポン太(吉本興業 大阪)
鳥居みゆき(サンミュージックプロダクション)
中山功太(吉本興業 大阪)
なだぎ武(ザ・プラン9)(吉本興業 大阪)

以上、敬称略です。

私の個人的感想を書き流します。
単なるお笑い好きの雑談ですので、その点を踏まえて読んでいただけると幸いです。

私自身は以前から書いていますが、お笑いの賞レース(もちろんM-1、R-1を含めて)、あらゆるお笑いに順位をつけるものにはもともと否定的な考えを持っています。
お笑いに順位はつけるものではない、と思っています。
ただ、見せ方として、こういう方法がある、というのも理解しています。
また、ここのところ、ネタをやる番組が少なくなってきているので、ネタを見る機会がある、ということはお笑い好きとしてはうれしい、とも思っています。
ですので、「(こういう、お笑いに順位をつけるものは)イヤだな」と思いつつも、今回も見ると思います。
まあ、こういう考え方の人間なので、今後書くことも、あまり、勝負のことを書きません。

まず、今回の進出者で気になったのは芋洗坂係長さんです。
R-1関連で他の方のブログを見ると、この人の評判が書かれてあることが多かったので、気になっていました。
どうやら、元テンションの小浦さんだそうです。
なつかしいです。
テンションは、まだ爆笑問題さんが太田プロに所属をしていて、コントをしていた時代にテレビ番組で見たコンビです。
ちょうど、その世代からやってらっしゃる方です。
まだ、今のように芸人を多くテレビで見かけない時代の、突発的にある、数少ないお笑い芸人のネタ番組で、爆笑や吉村くん(だったと思います。「くん」までが芸名です)などの芸人さんが出ていたと思うのですが、その中にテンションも出ていたように記憶します。
ドゥーアップって言うんでしょうか、確か、指を鳴らしながら歌い、ネタをするコンビだったと記憶しています。
歌はうまかったと思うのですが、個人的な好みもあるとは思うのですが、ネタはあまり面白くなかったように思いました。
そのあと、2回くらい見かけましたが、そのときも面白くなかったです。
当時、テンションは某大手事務所所属でした。
当時のお笑いの裏側的特集の番組を見たとき、その某大手事務所のお笑い部門のことも取り上げられていましたが、当時の上司(上のほうの役職のマネジャーを思われます)が印象の悪い人でした。
若手の売り出し中の女性モノマネ芸人の方が出ていたのですが、彼女を叱責していました。
私はくわしく記憶していないのですが、あとからあの番組の話を聞くと、どうやらネタ帳も破っていたみたいです。
今はその上司は事務所を辞めたみたいです。
その人は、話によれば、威張に笑いのセンスも、お笑いに関しての理解もない人だったようです。
そのテレビでの印象が悪すぎて、芸人さんは関係ないのに、その事務所所属の芸人を見るたび、そのテレビでの出来事がよぎって、素直に見ることが出来なかったですね。
今、その時代に所属していた芸人さんは移籍された芸人さんを含めて、優秀な芸人さんがたくさんいました。
話がそれましたが、小浦さんの相方だった人は今、俳優として活躍している田口浩正さんです。
ちなみに、テンションは正式には解散していない、という説もあります。
また、芋洗坂係長さん(小浦さん)がもし、R-1で優勝したら、M-1で優勝した、サンドウィッチマンも同じその事務所だったので、個人的に「皮肉になるなあ」と思っています。
またまた、ちなみに、トリガープロモーションって、以前は「エキセントリックトリガー」という名前だったのではないか、と思いますが、間違っていたらすみません。

それとなだぎ武さん。
なだぎさんはスミス夫人時代から思い入れのある芸人さんです。
ですが、昨年も優勝しているので、2連覇をしてほしい、という気持ちにはなりません。
ただ、どんなネタをやられるかは楽しみです。
ちなみに今回の出場者の芸歴は芋洗坂係長さんのほうがキャリアが上か、同期くらいですかね。(18年か19年くらいだと思います)

鳥居みゆきさん。
彼女のことは名前だけなら結構前から知っていました。
評判も聞いていました。
ネタはYouTubeが盛んになる以前も、とあるスポーツ新聞系サイトの若手芸人紹介の動画で見たことがありました。
そのときはあまり印象にありませんでした。
彼女の芸風を考えると、規制があったのかもしれないので、仕方ない面もあります。
今回のR-1は生放送という、
「生放送で鳥居みゆき。しかもR-1」
という勇気ある選出だと思いました。
どうなるのか、いろんな意味で気になります。

あべこうじさんは数少ない、ストロングスタイルの出演者ですので、個人的には優勝してほしい芸人さんですね。

ここのところ、面白くなってきている、という評判の土肥ポン太さん。
そのポン太さんと同期のCOWCOWの山田さんも決勝に来ています。
同期対決も楽しみですね。

それと、2丁目劇場に、はまっていた私にはなだぎさんともう一人、気になっているのが渡辺さんです。
世界のナベアツとして、出場です。
私は以前、ブログにも書きましたが、ジャリズムに対しては少数派の意見を持っています。
相方の山下さんに対する評価が私の中で昔から低いのです。
今でこそ、山下さんは出来ないキャラになっていますが、当時はいじられキャラではあったものの、出来ないキャラではなかったように思いますので、これはあくまでも、私の個人的意見です。
逆に渡辺さんに関しては当時から好きです。
ピンでやってほしい、と、ずっと、思っていました。
ジャリズムとしては、大阪では人気があったのですが、東京ではいまひとつ人気が出ず、一時期は解散をしていた時期もありました。
遅くなりましたが、渡辺さんは才能が徐々に認知されてきたのではないか、と思い、うれしいです。
優勝はわかりませんが、応援しています。

中山功太くんは最初に見たときはノーハングリーキャラだったのですが、そのときはあまり、彼のことを見る機会がなくて、印象は余りありません。
その後、親御さんの会社が倒産してからはよく見ています。
メッセンジャーのあいはらさんは、
「せっかく才能があるのに、どうして違う方向へずれるのか」
という、若干、ひねくれた芸風の持ち主である功太くんのことを「もったいない」という感じで、残念がっていました。
私は個人的には嫌いじゃないですね。
今回もそんな感じなのでしょうか。

ということで、今回のR-1は生放送だそうで、いろいろ気になります。
皆さんの健闘を祈っております。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/648-eac532fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
W ?
R-1Ov2008 io?\\??A?io?ŋC????WłB R-1?Aő??uO??A?l?]Ă邱??ŁAC??Ă...
2008/02/13(水) 20:14:50 | Ă?悤
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。