ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このシリーズはたいへん、久しぶりです。

今回は「私情、千原兄弟がトップの頃の心斎橋筋2丁目劇場の思い出 Part.10」の続きを書きたいと思います。

今回は当時の関西と東京のお笑いの状況のことを、頼りないことこのうえないのですが、私の記憶をたどりながら、書きたいと思います。

吉本の若手の実験劇場(後期のころは、「実験」とは名ばかりの保守的な感じだった、私はそう思っていました)、大阪・心斎橋筋2丁目劇場の千原兄弟がトップだったころ、関東では「ボキャブラブーム」だったと思います。
私個人としては、私の「心のお笑いの師匠」、浅草キッドがボキャブラに否定的で、出演もしていなかったので、若手芸人を見るためには見ていましたが、さして、好意的に受け入れてはいませんでした。(確か、当時「バカルディ」、現在の「さまぁ~ず」も出ていなかったと思います)
当時はどんな若手芸人がいるかをチェックするために見ていました。
のちに、松尾スズキさんの編集の「hon-nin vol.01」の中での松尾スズキさんと爆笑問題の太田さんとの対談の中で、
「ボキャブラは”お笑い界の中の事務所の枠”を壊した番組」
と話していました。
「お笑い界の中の事務所の枠」を壊した番組であることは初めて知りました。
当時の私はそんなことは知らずに見ていました。
この番組は意外に「お笑い界の歴史を動かした番組」だったんですね。
単なる「駄じゃれの番組」だと思っていた私は、浅はかでした。
ネプチューンの原田さんも、
「あの番組(ボキャブラ)のネタを作るのはたいへんだったんだぞ!!」
といっているところを見ましたし。
また、浅草キッドはプロの選択として、「自分のキャラクター」を考えて、出なかったのだと思いますし。
「ボキャブラ」もそれなりにいい影響を与えた番組だったんだなあ、と、今は思います。

逆に、当時の2丁目劇場は徹底的な「秘密主義」という感じでした。
私はケーブルテレビと2丁目劇場のファンクラブで情報を得ていましたので、2丁目劇場の芸人のことを知ることが出来ましたが、当時はネットも盛んな時代ではないので、地上波の全国テレビに出ない限り、全国的に知られることがない時代でした。
また、私の住んでいる広島では、関西のテレビ局制作のテレビ番組の放送が急激に減っていたときで、関西の芸能のことを知ることはほとんど出来ませんでした。
2丁目劇場は、関西(もしかしたら、四国は見れたのかな、この辺のことはわからないのですが)だけの文化でした。
なので、私の周りでは当時の2丁目劇場の芸人を知っている人はいませんでした。

私は当時、そんな2丁目劇場に閉塞感を感じていました。
当時の劇場の保守的な姿勢、そのために生じる、上位陣のはけの悪さ、面白いのに下にいる芸人たちが多くいて、上がれない状態になり、解散していくということが起きていました。
その状況をチャイルドマシーンが東京に行くことによって、一時期は打破したのです。
それに乗って、東京に行った芸人もいました。
ですが、行った先の東京吉本では当時、劇場閉鎖が相次ぐという、悪循環に陥ってしまう、良くない状況でした。

やっと、上位にいた、千原兄弟とジャリズムが東京へ行くことになりました。
私は「1年遅いなあ」と思っていました。
でも、もうひとつの思いとして、
「今はいつ出ても、難しいだろうなあ」
とも思っていました。
私は当時の知りうる限りの資料(雑誌や手紙のやり取りなど)で関東のお笑いの状況も見ていました。
私はもともと、関西が好き、関東が好き、ということはなく、どちらのお笑いも好きで、どちらも見ていました。
なので、私なりにですが、関東のお笑いの状況のことも知っていました。

ネタで勝負するタイプの芸人である千原やジャリには向かない時代でした。
関東はネタ番組がほとんどなく、千原やジャリが行っても、活躍は無理だろうと思っていました。
千原やジャリだけでなく、人力舎のアンジャッシュも苦戦していた時代ですから。
私は千原は好きなので、「(千原に)お笑い界に風穴を開けてほしい」などと思っていました(若かったので、当時の発想です)。
ただ、冷静に考えると「無理だろうなあ」と思っていました。
以前にも書きましたが、千原はダウンタウンとキャラがかぶる部分がありました。
同じキャラクターは2つといらない、となって、後発のほうが淘汰される、という形ですね。
それと、ジャリズムも関西の人が思うほど、関東の人に受けるとは思っていませんでした。
私がジャリズムの苦手にしている、ということは前にも書きましたが、この意見の場合は冷静にそう感じていました。

私は2丁目劇場の芸人たちに対して、割と熱狂的になっていました。
当時は日本全国を通して、一番面白い芸人が集まっているのは2丁目劇場だと思っていました。
そう熱狂する反面、私は冷静に分析をしていました。
私の分析ですので、根拠も何もなく、ただ単に、そう思っていただけですが、私は2丁目劇場に出ている芸人さんたち(ちなみにこの「2丁目劇場に出ている芸人」という定義は大阪NSCでいうと12期くらい以前の芸人さんたちに対してです)は東京で売れる芸人は一組も出ないのではないか、とも思っていました。
まあ、でも、そこまで大げさではなくても、よくても、3~4組くらいかな、と思っていました。
売れる、という基準は東京での定着具合ですね。
東京がえらい、というわけではなく、テレビ業界上、東京中心なためです。
13期以降は2丁目劇場では恵まれた位置にいなかったので、違う展開のほうになるのではないか、と思ったので、分析していません。
当時、強いて言えば、東京で売れるのは、2丁拳銃ではないか、と思っていました。
理由は彼らの容姿と芸風でした。
また、これは私の意見ではありませんが、「そうなるかもね」と思ったことでは2丁目劇場出身で一番売れるの大穴は中川家ではないか、といわれていました。
理由はとにかく、芸人として、芸や人間関係のやりくりに関しても、器用そうだ、という意見からです。

これは別に分析を当てようとは思っていないので、当たり、はずれの話ではありませんが、当時の分析と現在の結果を比べてみると、厳しく分析した以上に、現実は厳しかったですね。
2丁拳銃は思ったほど売れず、中川家はM-1で優勝して、波に乗れるかと思ったら、礼二さんの”とある出来事”でイメージが悪くなり、頭打ちになってしまったりで、思ったようには売れていないようです。
売れているのは13期以降の芸人さんたちがほとんどですね。
大阪で地道にがんばる道を選んだメッセンジャーやサバンナのほうが芸人生活としては落ちることなく、順調にいっていると思います。
そのほうが利口だったかな、と。
もっと、クレバーだったのは大阪での活動を選ばず、はなから東京での活動を選んだココリコですね。

状況や運によりけりなので、なんともいえませんが、当時は大阪の2丁目劇場の関西圏以外に対しての閉鎖的売り出し方では、東京での活躍を目指しているタイプの芸人やいずれは東京で活躍して欲しいと思っているであろう会社側の思惑から見ても、時代や傾向に逆行していたのではないか、と思います。
さんまさんやダウンタウンが売れた方法である、関西で売れてから東京へ、というやり方がちょうど、合わなくなる時代がおとずれていたのかもしれません。
だから、当時は、いずれ東京で売れたいと思っているタイプの芸人は最初から東京に行ったほうがよかった、ということになりますね。
ただ、当時はその東京も大阪よりは条件がいいにしても、成功する可能性は低かったので、いずれも茨の道だったと思います。

余談ですが、千原は当時の言動を見ると、そこまで東京進出に執着はしていなかったように思いました。
大阪で活動して、大阪から全国に発信して、全国的に広がることが理想だ、ということを言っていたように記憶します。
東京が良い悪いではなく、テレビ的に売れることが全国で売れることと考えた場合はどうしても東京へ行ったほうがいい、というのも会社の思惑として、また、本人の実感としてあったと思うので、東京へ行ったのだと思います。
ただ、今は、「早めに東京に出ればよかった」という感じのことを言っていた、という話を聞きます。
周りの思惑や態度、東京進出前と後の状況の違いとかいろいろあったためだと思います。
私は、あまり、がめつくない印象が千原にはあり、その感じが千原の魅力ではあったのですが、そうも言ってられない現状もあると思います。

長くなってしまいましたが、当時は東京はあまりいい状況ではなかったです。
ネタ番組を見るには関西の番組か、衛星やケーブルテレビで番組ぐらいしかなかった時代ですね。

長くなってすみません。
スポンサーサイト
コメント

はじめまして。
「ジャリズムが関東では厳しいだろうなあ」というのは、ちょうど自分も以前感じていました。自分は関東在住の身ですが、10数年前の頃だと、ときたま雑誌(もしくはテレビ)で「いま、この関西若手芸人が面白い」という感じで紹介される記事や番組を見た記憶があります。記憶がかなりあやふやですが、中川家、水玉れっぷう隊、メッセンジャー、高僧・野々村といったところでしょうか。
なかでもジャリズムは、関西ではかなりの人気という触れ込みで、関東でも時折NHKの深夜などで千原兄弟、爆笑問題などと一緒の番組でコントをしているのを見ました。
ただ、正直あまりインパクトは感じず、「そう大騒ぎするほどでも…」というのが正直な感想でした。面白くない、というよりはボケが伝わりにくい(決して面白いなくはないんだけど)というふうに思った気がします。
その後、時を経て予想もしない大ブレイク(ジャリズムとしてではありませんが)となりましたが、今考えるとあの時感じた違和感は、「ボケのマニアックさに比べて渡辺鐘の顔が平凡だったこと」なのかなあと最近思います(管理人さんが指摘するように山下の力不足もあったのかもしれませんが)。
「あの扮装がゆえにナベアツが受け入れられた」と考えると、いずれ来る(もしかしたら来ないかもしれませんが)ナベアツが渡辺あつむに変わるタイミングはかなり難しいかなあ、と考えたりしてしまいますが、今後はどのような道を進んでいくのでしょうかね。
2008/07/08(火) 23:42:54 | URL | momiageculture #-[ 編集]
momiagecultureさん
遅くなって、すみません。
そして、はじめまして。

当時の関東の方がジャリズムをどう見ていたかは聞いたことがなかったので、関東の方の意見が聞けてよかったです。
私が2丁目劇場を見だしたときからジャリズムは人気があったので、なぜ、関西で人気が出たか、どんな風に関西で人気が定着していったかはわかりません。
ただ、私は「いうほど面白いかなあ?」とばかり思っていました。
当時、関西の方から情報をいただいていたことがあり、その方はジャリズムのファンではなかったので、関西でのジャリズムの評価を聞いたことはありませんでした。
また、ファンではない方にすら、「ジャリズムのどこが面白いの?」的な質問はできない雰囲気でした。

私が「渡辺(世界のナベアツ)さんだけ、面白い」と思ったのは「すんげ~Best10」でピンで出ていたのを見たからですね。
ネタもさることながら、一人で立っているたたずまいが「相方がいなくても場が保てる」感じがしたからです。
ジャリズムに感じていた違和感の原因が相方でツッコミの山下さんじゃないかな、と、そのとき、思いました。
山下さんが力不足かどうかは、私は素人なので、わかりません。
ただ、山下さんは私の「好み」ではないから、そう感じるのかもしれません。

渡辺さんのブレイクは予想もしない形でしたね。
形はどうであれ、実力のある方なので、まずは売れてよかったなあ、と思いました。
売れなかった原因のひとつはmomiagecultureさんがおっしゃるとおり、渡辺さんに顔のインパクトがなかったから、というのもあるかもしれません。
なので、渡辺さんはキャラ付けしたのかもしれません。

渡辺さんは今後、どうなるんでしょうかね。
ナベアツではない姿で出るという選択をするんでしょうかねぇ。
渡辺さんが今後、どういう選択をするか、個人的には楽しみです。
もし駄目でも、作家としても売れているので、問題はないように思います。
2008/07/15(火) 20:50:29 | URL | red hot@管理人 #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/629-ad6a06a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。