ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北京オリンピックのハンドボールの予選が男女とも、異例の再試合が決定されたようです。
IHF(国際連盟)管理下で行われる模様です。

以前から、「中東の笛」問題はいわれていましたが、予選の再試合が決まるほどの事態になるとは思いませんでした。

「中東の笛」問題とは、極東アジア国に対して、中東の国の審判は厳しく判定し、中東の国に対してはひいきの判定をすることが多くあり、それはここ、10年以上、続いているようです。
これに対し、中東の国々(もちろん、日本も含めて)は不満に思っていて、極東アジアの中では韓国が特に、このことの不満を訴えていたようで、それを国際連盟が受け入れたようです。

これから、試合が増える選手もたいへんだと思いますが、変な判定で、「もやもや」するよりも、ちゃんとした管理下で試合が出来るほうがすっきりします。
また、中東がなんか言うかもしれませんが、極東アジア勢は屈しないで欲しいですね。
また、日本が応援できることもうれしく思います。

昔読んだ「月刊ハンドボール」や下記のリンクの記事を参考にしました。

再度の五輪予選、「一丸で取り組む」=ハンドボール(時事通信社)

なぜ異例の再試合は認められたか ハンドボール五輪予選(産経新聞)
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/628-829c9a74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。