ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は「私情、千原兄弟がトップの頃の心斎橋筋2丁目劇場の思い出 Part.5」の続きを書きたいと思います。

千原兄弟のトップの時代の2丁目劇場の話をファンの目からしようと思った理由のひとつに、
「当時は評価が低かったが、今は評価が高くなった芸人」
という芸人が結構いる、ということがあります。
今回はそういう芸人さんのことを取り上げたいと思います。

まず、今回は陣内智則さんです。

私が最初に陣内さんを見たときは「リミテッド」というコンビの頃です。
よく、リミテッドというと、「かなり、面白くなかったコンビ」として、話されることも多いコンビです。
今の陣内さんの活躍を見ていると、当時の、あまりにも冴えなかったころが嘘のような活躍ぶりですが、リミテッドの頃は「この先、面白くなることがあるのだろうか」と思うほど、面白くなかったコンビです。
このやって、面白くなかった、と、以前もこのブログを書いていますが、「面白くなかった」ことが笑いになる、という点は他の「面白くない」と評価されていた芸人さんやコンビなどに比べれば、救いがあった、キャラクターに恵まれていた、ともいえるコンビでした。
引退したほうの方もキャラクターの良い方でした。

当時のリミテッドは漫才を中心にやっていたコンビです。
陣内さんはツッコミを担当していました。
ネタ自体は別につまらなくないのに、2人でやると、ぜんぜん、面白くならない、という、コンビとしてはありがたくない状況のように見えました。
2人ともキャラもあったし、さっさと解散して、ピンになるか、新たにコンビを組みなおして活動したほうが2人のためだと思っていました。

活動期間は3年ほどだったようですが、そんなに短かったかと思うほど、ある意味でインパクトのあるコンビでした。
解散後、相方だった人は引退しました。
キャラのある人だったし、続けてもよさそうだったのですが、残念ながら、芸人を続けることはなかったですね。
そして、陣内さんはピンとなりました。
しばらくは仲良くしていた千原兄弟のジュニアさんの、まさに、金魚のフンと化し、ジュニアさんはトークのときによくつるんでいる話をしていました。
このときはよく、ケンドーコバヤシさんともつるんでいたと思います。

ピンになって、陣内さんは「ネタが面白い」ということが評価され始めます。
あるとき、ピンではめずらしく、ABCの優秀新人賞という、この大会の2番目の評価を受けている陣内さんの情報をマンスリーよしもとで知り、当時はネタを見れなかったので、半信半疑だったのですが、のちに、ケーブルテレビで陣内さんのピンネタを見て、初めて、「面白くなっている」ことを知りました。
その後、全国放送にも登場します。
そして、今の活躍をしています。

昔、当時の2丁目劇場の支配人に、
「芸人、辞めろ」
といわれた2人の芸人のうちの一人でした。
もう一人は現在はザ・プラン9の久馬さんでした。
どうして、支配人がそんなことを言ったかは理由は知りませんが、当時の陣内さんはそう言われかねないほど、冴えなかったですが、久馬さんは肌が弱いのに日焼けをし、顔が腫れてしまったことが原因だったようです。
でも、この2人に芸人を辞められていたら、吉本にとって、結構な損失だったと思うので、辞めなくてよかったですし、当時の支配人の芸人を見る目が問われる出来事のように思いました。
その後、「なるトモ」などで、当時の支配人の話がちょくちょく出てくることがあります。
もう、吉本を辞めたようですが、横暴な人だったようで、芸人の間でも評判の悪い人だったようです。

続きますので、よろしければ、また見てくださいね。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/593-dfa13031
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。