ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は「私情、千原兄弟がトップの頃の心斎橋筋2丁目劇場の思い出」の続きです。

2丁目劇場にはまったきっかけなった「誉」ですが、その後も好きは好きだったのですが、私が見た頃はちょうど、ピークが過ぎた頃だったようなのです。
ピークというと誤解されそうですが、「誉」というコンビ的にはうまく回っていなかった、という風な印象をもっていました。
過去のVTRを見てみると、一番いい時期は、その少し前のようで、「学校コント」を先生と生徒でやるというのが、このコンビの象徴だったようなのです。
ただ、このイメージだけが大きくなることを本人たちはあまり、よく思っていなかったのか、他のタイプのコントもやり始めていたようなのです。
そのコントのクオリティも決して、低くなく、よかったのですが、コンビとしては、それだけが理由ではないとは思いますが、調子を崩しているように見えました。
ただ、それを逆手にとって、「仲の悪いコンビ」と、自ら吹聴していた時期もありました。
1ヶ月間、活動を停止していた時期もあったようです。
その後、解散しました。
解散の理由はうわさによると、仲が悪かった、ことが理由ではなく、片方の方の家族の事情で芸人という不安定な仕事を続けるわけにはいかなくなり、その方が引退する、ということが大きな原因のようです。
その後、遠藤さんは一人で芸人と続けるものの、実力はあるのに、極端に受けなくなることも多くなり、芸人を辞め、作家に転向されました。
シュールなコントをするコンビで片方の方の饐えた(すえた)感じのボケと、まともそうに見えて、実は狂気をはらんでいるようなツッコミをする、でも、全体的には静かに展開する、独特の感じが好きだっただけに、解散は残念でした。

まだ、続きますので、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/588-4670a328
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。