ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポーツ報知にこんな記事が。

渡辺俊、新球は潮崎シンカー(スポーツ報知)
ロッテ・渡辺俊介投手(28)が新球を解禁する。9日の楽天戦に先発予定の右腕は7日、千葉マリンのブルペンで50球の投球練習。「球種を増やしてイメージを変えていきたい」と今季初めてシンカー系のチェンジアップを投げる考えを明かした。球速は100キロ前後でホワイトソックス・高津と元西武・潮崎のシンカーを参考に、キャンプ中に開発。「今後は各チームとの対戦も2回目、3回目になるから」と当初の予定通り夏場で解禁することになった。

 球宴ファン投票では、6月下旬の右ひじ違和感による離脱が響いて西武・松坂に“逆転負け”。だが、球団ではサブマリン人気に注目して、ビートルズの「Yellow Submarine」のCDに渡辺俊のサインを入れて、7日からオークションに出品を始めた。交流戦後は連勝のないロッテだけに、「連勝スターターになりますよ」と意気込んでいた。(宮脇 央介)


西武の潮崎投手と言えば、水島新司さんの「野球狂の歌」という漫画の主人公の女の人(名前、忘れました。映画では木ノ内みどりさんが演じました)が投げる魔球みたいなやつですよね。
それ、取得したんですか?。
怖いっす。
ますます、打てなくなるっす。

彼の年代だと、シンカーの使い手は高津投手と潮崎投手になりますね。
私は個人的には高津投手と潮崎投手だと、潮崎投手のほうが、すごい球を投げていたと思いますよ。

シンカーといえば、日本球界の先駆者は近藤貞雄さんだと思います。
近藤さんは戦前は西鉄(ライオンズのほうではない)にいて、戦後は兵隊に行って、戦死やケガなどで選手が足りなくなった、巨人と阪急に選手を分ける際、巨人に分配された。
その巨人時代、投手で活躍していたが、アメリカの戦車をよけるため道に寄ったら、体制を崩してしまい、溝に手が入って、指が2本、動かなくなる。
その後はクビになり、中日へ。
中日では内野手になり、内野手は送球の際、サイドスローになるため、そのとき、指のひっかかりで「ナチュラルシンカー」を見つける。
その後、投手に戻り、中日で活躍した。
ちなみに近藤貞雄さんは巨人OBだが、巨人のOB会に参加しない2人のうちの1人です。
理由は、
「苦労した時代を支えた人を隅に置き、目立ちたがる奴がいる」
ということが頭にきて、1回参加したきり、出ていない。

オールスターファン投票、渡辺俊介、惜しかったですね。
今だったら、松坂投手より、はるかに面白いピッチャーなのに…。
今どきめずらしい、本格的な下手投げのピッチャーですからね。

渡辺俊介の潮崎投手を参考にした、
「漫画シンカー」
の披露、楽しみですね。



よろしかったら、「振り逃げプロ野球」に一票、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
コメント
ドリームボール~♪
>西武の潮崎投手と言えば、水島新司さんの「野球狂の歌」という漫画の主人公の女の人(名前、忘れました。映画では木ノ内みどりさんが演じました)が投げる魔球みたいなやつですよね。

「水原勇気」です。
おじゃましました\(^o^)/
2005/07/08(金) 15:35:10 | URL | オランダの薔薇 #-[ 編集]
オランダの薔薇さん
そうですね。
水原勇気でしたね。
ありがとうございます。
2005/07/09(土) 12:33:28 | URL | red hot #mYQ.hasQ[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/55-7db832dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。