ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本ハムが北海道に移転して、2年目ですね。
北海道の人は北海道日本ハムのことをどう思っているのでしょうか?。
定着はしたのでしょうかね。
まあ、いいや。

昔話をします。

まだ日本ハムが東京にいた時代。
ファンが少ないのが悩みであった。(弱いのもあるが…)
千葉ロッテと対戦すると、同じ、ファンの少ないチームでも、まとまって目立つ、アピールの多い応援をしていることに感心していました。
パリーグファンの中にはサッカーを真似た応援ということもあり、陰湿で変な批判をする奴がいましたが、私は別にいいと思います。
応援したい情熱とサッカーファンより、はるかにいいと思われる観戦マナーやいいプレーには相手チームの選手でも敬意を表する姿勢。
負け続けてもいつもと変わらない応援の勢い。
これは尊敬に値するものだと思います。

でも、このスタイルだって、簡単に築いたものではない。
川崎時代、川崎球場は味があり、一部に熱狂的な川崎球場ファンがいるが、中に、一部ではあるが、マナーの悪いファンがいて、西武の選手にものを投げつける奴がいた。
その後、千葉へ移転。
しばらくはファンが定着しなかったが、徐々に今のスタイルが築かれていたみたいで、これが大きく定着したのが、日本プロ野球界の連敗記録、18連敗をしたときである。
このときに結束が固くなったと思います。
弱いときでも見捨てず、悪く言わず、応援していた姿勢が選手にも伝わり、ヒットを打ったあと、選手は手を上げて、声援に答えている。

日本ハムがまだ、東京時代。
日ハムファンは良くも悪くもおとなしいほうのファンであった。
選手もどちらかといえば地味でおとなしい。
ファンも地味でおとなしい。
数が少ないうえ、こんな状態だったので、ホームで千葉ロッテを向かえて試合をすると、日ハムのホームなのに、千葉ロッテファンのほうが目立つ。
昔の日ハムは千葉ロッテに相性がよく、よく勝ったのだが、それでも応援のほうは千葉ロッテのほうが目立った。

当時の日ハム中継の解説で話が面白く、好き嫌いがはっきりしていた、嶋田信敏さんがいた。
この人の解説は面白く、また、本音も多く、よかった。
また、内容は他の民放や他の試合では聞けないような、プロ野球界の裏の話も多く、このブログでも書かないほうがいい、というような内容も結構、あった。(裏の世界は知らないほうがいいこともある。また、球界がひっくり返るから)
また、民放や他の中継では聞けない、プロ野球の正しい姿を教えてもらった。
一番、印象深かったのが、「調子のいい選手が他の選手にコツを教えるか、否か」ということ。
答えは否、つまり、教えないということ。
なぜかというと、
「選手内でも競争があるのがプロの世界。
それをやすやすと他の選手には教えない。
プロは野球で稼ぐもの。
その稼ぎを人にとられるようなことはしない。
だから、教えない」
ということだった。
この話は日ハム対西武戦で出た言葉である。
この試合で西武は捕手の伊東選手以外は打てなかった。
実況に人が、
「調子のいい選手が他の選手にこの投手を打つコツを教えるのか?」
と聞いたところ、嶋田さんは、
「教えるわけがない」
と言ったのである。
もし、今後、野球中継を見る際、解説の人が、
「この選手は調子がいいので、他の選手に教えてあげてほしい」
とか、こういう系統の発言をした場合は大体、うそだ、と思って間違いないと思います。

話がそれましたが…。
その嶋田さんが東京時代の日ハムが千葉ロッテを迎えて試合をしていたときの解説だった。
同じくらいファンの少ない千葉ロッテファンが(といっても、千葉ロッテファンのほうが日ハムファンよりファンの数は多いのだが…)、かなり、目立ち、チーム愛を前面に出した応援をしていた。
それを見て、嶋田さんは、
「日ハムのファンの人もこれくらいしてくれるといいのですが…」
と言っていた。
同じくらいファンの少ないチームのファンでも、まとまって、大きな声を出し、コンセプトをはっきり示していれば、伝わるものがある、という典型的姿が千葉ロッテファンだ。
だから、野球界で唯一、
「サポーター」
といわれている存在なのだ。
本当にサポートしている。

東京の日ハムファンももちろん、一生懸命応援していた。
しかし、熱心に応援していても、みんなの意見が一致しなければ、新しい展開はないのだ。
これは私を含めてのファンの怠惰だったのかもしれない。
だから、私は「北海道へ移転する」という日ハムに、
「反対」
とは言えなかった。
千葉ロッテファンに学ぶべきはいろいろあったが、千葉ロッテファンのあとにやると、単なる真似事になる。
それは恥ずかしくてできなかった。
だから、
「そういう応援をしよう」
という声は上がらなかった。
私は日ハムが北海道への移転を正式発表したあと、ファンをやめました。
私がファンを続けていても邪魔でしょ。(他にもファンをやめた理由はあるけどね)

北海道へ移転したあとの日ハムファンに、
「こういうこともあった」
ということを知ってほしくて書きました。
これからも日ハムのことを応援してあげてください。



よろしかったら、「振り逃げプロ野球」に一票、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
コメント
北海道人として。
移転2年目という事で。
看板選手や大物選手もある程度いるので、普段プロ野球を見ない人や、TVで巨人戦しか見た事ない人などがなかなか集まってる様子です。
平均観客動員数(ホームビジター合わせて)も2万は越えてるみたいですしね。
そのあたりを見ても、パの中では勝ち組に入ると思いますよ。
人気やチーム戦力などは、去年・今年のシーズン成績とほぼ同じ感じだと感じます。
言ってしまえばどっちつかずですけど、わりといい戦いしてるとは思います。
また、ローカル番組でも、日ハムをバックアップしていますし、野球ファンとしては心強いです。
という北からの意見です。
2005/07/08(金) 20:46:18 | URL | よ。 #QR4LqPWc[ 編集]
よ。さん
ご意見、ありがとうございます。

何とか、定着してきているようで、安心しました。

日本ハムが一番戦力が充実していたのは98年なので、そのときに優勝できなかったので、後は戦力が下がっていますね。
戦力強化は人気が出て、お金が潤うようになったからになりそうですね。

お客さんの入りを考えると移転は成功でしたね。
北海道といえば、すぐ、名前が出るチームになるといいですね。
2005/07/09(土) 12:43:28 | URL | red hot #mYQ.hasQ[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/53-5a7505a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。