ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Yahoo!ニュースを見ていたら、オリンピック野球日本代表監督や法政大学の野球部の監督経験のある、今は横浜ベイスターズの球団専務の山中さんが怒っているようです。

山中横浜球団専務、選手会を一喝
「WBC出ろ」(スポーツ報知)

横浜の山中正竹球団専務(58)が4日、運営方法や開催時期をめぐって「第1回ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)の参加に慎重論を唱えている労組・日本プロ野球選手会(古田敦也会長=ヤクルト)を一喝した。バルセロナ五輪で日本代表監督を務めた山中専務は「国際大会は日本の野球が成長するチャンス。そこを優先して考えるべき」と選手会の消極姿勢をバッサリ。次代のリーダー育成のためにも、WBC出場は不可欠と力説した。

 幾多の国際大会をかいくぐってきたからこそ、歯がゆくて仕方ない。1988年ソウル五輪では日本代表コーチとして銀メダル、92年バルセロナ五輪では監督として銅メダルを獲得。2002年には、イタリアで行われた第1回世界大学野球選手権で全日本監督として指揮を執った後、プロ球界へ転身した山中専務が、選手会の慎重論にピシャリと反論した。

 「開催時期は難しいし、運営方法もきちっとしていないかもしれない。(参加が困難だという)いろんな理由付けは可能。だけど、みんなそういう不満を乗り越えて成長してきたんだから」

 古田を筆頭に松中(ソフトバンク)、小久保(巨人)、野村(広島)、福留(中日)ら現在の球界を引っ張っているメンバーの多くは、アマ時代に五輪をはじめとした国際大会を経験。一回りも二回りも大きくなったことを当時、アマ球界のトップとして間近で見てきた山中専務は「彼らが国際試合の必要性を一番感じているはず」と言い切った。

 「ボロボロのユニホームやよれよれのスパイクを履いていても、すごい野球をする国や地域はいくつもあった。そういうタフさを日本も見習わないといけない」と、視野を広げることにも意味があるとした。

 さらに「結果が伴わなければ、当然たたかれる。だが、結果を出そうとする姿勢が大事。そこを優先すべき」と山中専務は力説。日本のトッププロが、日の丸を背にした激しい重圧の中で戦えば、球界全体のレベルアップにつながると強調。選手会に英断をうながした。

 ◆山中 正竹(やまなか・まさたけ)1947年4月24日、大分県生まれ。58歳。佐伯鶴城高から法大に入学。左腕エースとして東京六大学史上最多の通算48勝をマーク。住友金属に進み、同社監督を経て、90年に日本代表監督に就任。92年バルセロナ五輪で銅メダル獲得。94年から法大監督を務め、在任9年間で7度、リーグ制覇した。03年、横浜のフロント入り。現在は球団専務を務める。168センチ、68キロ。
 
◆「選手会待ち」MLBに回答

 日本プロ野球組織(NPB)はWBCへの参加について、選手会の意思決定待ちである現状を記した回答書を5日、MLBに送付する。

 6月20日に開かれた実行委員会でNPBは参加を決議。しかし、選手会は3月開催に強い難色を示しており、22日の選手会総会で意見をまとめることにしている。「22日に『出ない』ということになれば、出られない」(ロッテ・瀬戸山代表)と選手側が参加か否かの最終決定権を握っており、総会での決議を待っている状況を報告。選手会は「3月予選、7月本戦開催」を訴えている。


今の時代の流れでは国際大会をせざるを得ない雰囲気があると思いますね。
今の野球界には日本中が注目するような、話題の中心的存在ではもはや、ないのですから。
昔は苦しい日本を支えたと思うし、その実績を軽んじようとは思わないが、時代の流れにはもはや、逆らえないところまできていると思う。

私の個人的意見では国際大会には出るべきだと思っている。
確かにアメリカだけが多く儲ける仕組みになっているとか、開催時期の問題(ようは金になる時期に試合に出れない)もあると思うが、なんか、タイミング的には今しかないように思う。
いつまでも、野球人気の面をご病気明けの長嶋さんには頼れないでしょうし。
それに野球ファンの中には国際試合を望む声も多いですしね。

私は自分たちの利益しか考えない、野球界のオーナーたちや弱きを助けないプロ野球選手会が嫌いですが、野球というスポーツ自体は好きです。

行きたくない理由に、
「ケガしたらいやだな」
という気持ちはわかるが、
「儲からないから」(広く考えたら、メジャーに誘われたりして、そっちのほうが儲かるかもしれないのにね)
とかいう、視野の狭い理由で行きたくないのなら、私もお前たちの試合に金を払っては見に行かない。(実際、もう、見に行っていない)
こういう野球ファンを振り向かせようとする気持ちにはならないのかね。
アテネオリンピックの銅メダルが決まって、数名の選手が開き直った態度をとった。
それをマスコミは叩かなかった。
他の競技の選手は叩くくせに、だ。(いつも叩いている系統のマスコミは別の話だが)
この状況を見て、
「野球界は巨人以外も守られているんだな」
ということに気づいて、野球界に希望を抱くのをやめた。
「野球界にだまされたくない」
そう思いました。
もし、野球界がこんな状態が続くなら、早くプロ野球に幕を閉じてほしい。
そして、野球に行く人材を他のスポーツに流したほうが、日本のスポーツ界のためになるだろう。
きついことを書いたが、これが今の本音です。


移転前の「振り逃げプロ野球」より
野球の国際化



よろしかったら、「振り逃げプロ野球」に一票、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
コメント

TBありがとうございます。
昨年の再編騒動も元はといえば選手の年俸の高騰が原因なわけだが、「給料が下がっても野球をやりたい」と話した選手はいない。野球の国際化を口にするのなら、WBCに出るべきだ。五輪競技から除外されるのだから、国際大会の重要性は高くなるのだから。
2005/07/10(日) 09:39:16 | URL | Ryosuke #ftr86F3A[ 編集]
TBありがとうございます
はじめまして。
必殺技、開き直り(ひきこもり)戦法炸裂で、日本固有の伝統芸能として、細々と生き延びていくことに価値を見出しているのかもしれません。
2005/07/10(日) 16:21:20 | URL | カール #-[ 編集]
Ryosukeさん
>「給料が下がっても野球をやりたい」と話した選手はいない。

そうでしたよね、そういう選手はいませんでしたよね。

WBCはいろいろ問題はあるが、一回出てみてから文句を言ったほうがいいと思いますね。
ワールドカップに出ることで話題をひきつけられますし、このタイミングを逃したら、野球人気の後退はとめられないと思います。
後退を少しでも止めるためには今はがたがた言わないほうがいいと思います。
2005/07/10(日) 21:03:22 | URL | red hot #-[ 編集]
カールさん
そうですね、大相撲だって、もともとは余興で国技ではないと聞きますし、「野球は他のスポーツと違って、余興ですよ」
というスタンスを確立してやればいいと思います。
そして、面白い野球パフォーマンスをして、それで稼ぐことを考えるとか…。
そうしてくれたほうがよっぽどいいですね。
2005/07/10(日) 21:06:12 | URL | red hot #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/03/14(火) 00:33:54 | | #[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/52-12e7b974
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
拝啓 長嶋茂雄様
拝啓長嶋茂雄様すったもんだのすえに始まったプロ野球の交流戦もそれなりに成功をおさめた今日この頃。長嶋様もどこか高いところから、下界を見つめて涙を浮かべていらっしゃるのではないでしょうか。てまえも泣きそうでございます。あうあうあう。お手紙を出すにあたり自己
2005/07/07(木) 01:27:16 | 西のはてのひとりごと
【プロ野球改革】ワールド・クラシックで優勝せよ
13日の巨人対中日の視聴率が遂に6.0%まで落ちたとのことだ。これは同時間帯に放送されたテレビ東京の「いい旅夢気分」の10.4%にすら及ばない数字である。先日は東京ドームでの広島戦で長嶋茂雄さんの顔見世興行も行われたが、この方向のテコ入れはほとんど効果がなかっ...
2005/07/16(土) 22:00:47 | さいたまblog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。