ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これから毎日新聞に載っていた、巨人戦でダフ屋がゼロだったことに関しての野球人気にからめた記事を紹介します。

ダフ屋:東京ドーム・巨人戦でゼロ 野球離れ進む?(毎日新聞)
 スポーツ観戦チケットを違法に売りさばく「ダフ屋」のプロ野球離れが目立っている。中日、阪神戦と好カードが続いた4月3~8日の東京ドームでの巨人6連戦に、警視庁生活安全特別捜査隊(生特隊)が、ダフ屋摘発のため捜査員10人を連日配備したが、ダフ屋はゼロ。罰則強化やドーム側の警戒強化が奏功した一面もあるが、プロ野球人気の低調ぶりも背景にあるようだ。

 ダフ屋の語源は、チケットや入場券を意味する「札(フダ)」を逆さにした隠語。各都道府県の迷惑防止条例で規制されている。警視庁の摘発件数は、01年の157件をピークに減少傾向。特に、コンサート会場などに比べ、プロ野球での減少が著しい。01年の75件が、06年はわずか3件だった。

 今月3日の巨人-中日戦は、東京ドームでの今シーズン初めてのプロ野球公式戦。生特隊は5日までの同3連戦と、6~8日の巨人-阪神の3連戦でドーム周辺に延べ100人の捜査員を動員した。好カードだけに捜査員も意気込んだが「待てども待てどもダフ屋は姿を見せなかった」(生特隊幹部)。

 生特隊は「人気球団・巨人が、02年以来優勝から遠ざかっていることも影響しているのでは」と分析する。東京ドームではここ2年間、5万5000人の満員に達したことがない。

 また、01年の東京都迷惑防止条例改正で、ダフ屋行為の罰金が最高20万円から100万円に引き上げられた。同隊は「ダフ屋行為が割に合わなくなった」とみる。また、東京ドーム側は「お客さまに注意の呼び掛けを強化した効果が出ている」と話している。

 警視庁はダフ屋行為が少なくなる半面、インターネットを介在して取引する「チケットゲッター」と呼ばれる手口が出てきていることに警戒を強めている。生特隊幹部は「これまでのダフ屋から素人も参加するようになった。受け渡し場面を摘発しにくい時代になってきた」と話している。【曽田拓】

毎日新聞 2007年4月24日 15時00分


まずは、ダフ屋については、とある組織の資金源になっているという話を聞くものであり、もちろん、肯定的考えはありません。
そのことは断っておきます。

だいぶ昔に聞いたことですが、巨人戦のダフ屋は購入しにくいチケットを高値で売るタイプですが、パリーグの試合のダフ屋はタダのチケットをなんらかに形で仕入れ、それを通常購入の額より安く売るという形で売られていたそうです。
今の現状は知りませんが、少なくとも、巨人戦とかのチケットをダフ屋が売ることにメリットがないのは容易に想像がつきますね。
野球人気、巨人人気の低迷していますし、記事のとおり、ネットの時代です。
ただ、ネットが普及しているとはいえ、近頃の巨人戦の中継をチャンネルを変える際、チラッと見る限り、空席がわかるようになってきましたね。
ということは、純粋にチケットも買っていなければ、見に行ってもいない、ということだと思いますね。

しかし、ダフ屋も野球チケットから撤退する時代なんですね。

このブログでの野球のエントリーは久々ですね。
野球を語ることがここのところ、本当にイヤになっていますし、本当に見なくなりました。
つまりは、野球ファン自体をやめつつある、という感じですね。
いったんはここで野球のこと自体も書く気もなくなっていたのですが、まあ、たまには書くかもしれません。
ただ、情熱が薄れてきたなあ、ということは感じます。
なんか、野球の今後なんて、どうでもいいな、と。
勝手にやってくれ、というのが今の心境です。


よろしかったら、「ニュートラルポジション」に一票、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/502-9caa4c4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。