ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モップスのことは書きましたが、モップス以外にもGSの中で異彩を放っていたバンドを紹介します。

GSの中で異彩を放っていた、ということでよく名前が出るのはモップス、ゴールデンカップス、ダイナマイツ、ジャックスです。

ダイナマイツは「トンネル天国」が有名です。
のち、村八分などのバンドで活躍する山口富士男さんがいました。

ジャックスは「空っぽの世界」が有名だったと思います。
早川義夫さんがいました。

ゴールデンカップスはミッキー吉野さんがいました。
ミッキーさんはのちにゴダイゴにも所属します。

ダイナマイツやジャックスにはなかなかいい動画がなかったのですが、ゴールデンカップスはいくつかありました。
私は、はまってしまい、よく聴いております。

The Golden Cups-I'm So Glad (1968)


尾藤イサオさんのキャラが今と変わっていない(笑)。
それはさておき。
これはCREAMの曲のカヴァーです。
40年ほど前の日本でこれだけできるバンドがあるとは。
本当にカッコイイ。

The Group Sounds of Haruhi Suzumiya - "This Bad Girl"


動画はなぜかアニメです。
私はあまりアニメを見ないので、よくわかりませんが、音と合っていますね。
しかし、当時で、しかもGSでこの演奏レヴェル、すごい!。

のちにCHARさんもゴールデンカップスに入っていたとは驚きましたが、でも、納得の出来事ですね。

当時、ゴールデンカップスは歌わされる歌謡曲の延長のような曲はライブでは歌わなかったそうです。
ライブでは自分たちの歌いたい曲を歌っていたそうで、英語の曲ばっかりだったとか。
「長い髪の少女」とか有名だけど、やはり、歌うのはイヤだったようです。
まあ、この「I'M SO GLAD」を聴けば、わかりますが。

グループサウンズブームの中で自分たちのスタイルを守った先陣の方々が日本のロックを切り開いたのだと思います。

よろしかったら、「ニュートラルポジション」に一票、よろしくお願いします。




スポンサーサイト
テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/482-2cc5f909
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。