ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、モップスのヴォーカルだった鈴木ヒロミツさんが亡くなられたことを書きましたが、ブログで検索してみると私以外でもモップスを高く評価されていたり、好きだった方々が本当にたくさんいらっしゃって、うれしくなりますね。
日本の音楽界、ロック界に与えた影響は大きかったようですね。
ムーンライダースの鈴木慶一さんや石田ショーキチさん(スパイラルライフ、好きでした)が自身のブログで鈴木ヒロミツさんのことを書かれていました。

2007-03-15-Thu 大阪で取材(「我がメンテナンスの日々」 鈴木慶一さんのブログより)

辿り着いたらいつも雨降り(「SHOKICHI ISHIDA OFFICIAL WEB SITE」の「diary」 石田ショーキチさんより)

お二人とも、ヒロミツさんのことを日本のエリック・バードン(アニマルズでヴォーカルとして有名)と書いてらっしゃいますね。

また、あとで知ったのですが、音楽評論家でロッキング・オンの社長である渋谷陽一氏が鈴木ヒロミツさんが歌うことをやめたことを、
「鈴木ヒロミツが歌わなくなったことは犯罪である」
とヒロミツさんのこと評していたとか。

いろんな方のブログを拝見していて、
「モップスは日本のロックを開拓したバンドだ」
という評価も結構見ました。
モップスの再結成の希望が絶たれたことを残念に思う人やヒロミツさんが歌うことをやめなかったら日本の音楽史は変わっていたのではないか、という意見もありました。

あのあと、YouTubeでアップされていた動画に、はまって、結構見ています。
いくつか紹介します。



この動画は「野良猫ロック」という映画の一場面ですが、日本語ヴァージョンでしか聴いたことがなかった「迷子列車」の英語ヴァージョンが聴けて、興奮しました。
それと、歌手としての全盛期(今でも現役である歌手なのに申し訳ありませんが)の和田アキ子さんのヴォーカルが演奏・モップスで聴けます。
和田アキ子さんのヴォーカルが素晴らしくカッコイイですし、モップスのコラボも贅沢です。



この動画は「ええじゃないか」の英語ヴァージョンです。
「迷子列車」でもそうですが、「ええじゃないか」も日本語ヴァージョンしかCDで持っていないので、CDで英語ヴァージョンがあったら欲しいです。



これも映画の一場面ですが、「朝まで待てない」(これ以外もありますが)という名曲が聴けます。
歌謡曲丸出しの曲でもモップスがやるとロックです。
まあ、そういう時代だから仕方ないのですが、この時代のモップスやゴールデンカップスは相当葛藤の中、やっていたのではないか、と思いました。

私がモップスにはまったきっかけは、
「グループサウンズの中でモップスとダイナマイツは異彩を放っていた」
ということを聴いて、興味があったのですが、その後、ラジオでモップスが取り上げられたので、録音し、エアチェック(懐かしい響き…)して聴きまくったことがきっかけです。
その後、CDを2枚購入。
これも好みなのをチョイスし(昔はGSブームですから、当人たちと合わないことをさせられていたため)、聴きまくったわけです。

他の方もブログで書いていたのですが、亡くなってから商業的にCDが出ることは好まないが、モップスの場合は、不当に評価が低かったので、そうであったとしても、たくさんの人に聞いて欲しい、という意見が多くありました。
私もそう思っているうちの一人です。
今はお金がないけど、復刻や特集のCDが出たら買いたい!!。
いい音源をCDにして欲しい!!。
特に聴きたいのは放送にふさわしくないとの理由でCDにすら復刻されなかった「ブラインドバード」だ。
私は聴いたことがないが、名曲らしい。
どうしても聴いてみたいぞ。

よろしかったら、「ニュートラルポジション」に一票、よろしくお願いします。



スポンサーサイト
テーマ:YouTube動画 - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/481-cb2c715d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
[マンガ][本][音楽] 今日Amazonから届いた本
皇国の守護者 4 (4)佐藤大輔 伊藤悠 関連商品 皇国の守護者 3 (3) 皇国の守護者 2 (2) 皇国の守護者 1 (1) ブラック・ラグーン 6 (6) 鋼の錬金術師 (15)by G-Tools あーこの作品を、単行本、次号が出るの待ちについになってしまった……。もうこうなったら待ちますから、お
2007/03/24(土) 13:11:26 | 昨日の風はどんなのだっけ?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。