ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨年(2006年)、川崎フロンターレからレンタルで柏レイソル(アビスパ福岡経由で)へ移籍した岡山一成選手。
彼は、一昨年(2005年)のとき、選手とサポーターの関係が悪くなっていた柏レイソルをほんの短い期間で修復し、以前よりも増して、選手とサポーターの関係を良好にした貢献者です。
プレーのさることながら、彼の人柄は本当の愛されるキャラクターだなあ、と思います。

今回、彼は川崎フロンターレから柏レイソルへ完全移籍を決断しました。
ただ、その決断はそんなに簡単なものではなかったようです。
彼は川崎フロンターレの公式ホームページ(ここの公式ホームページは本当に素晴らしいですね)に川崎のサポへメッセージを残しています。

岡山一成です(川崎フロンターレの公式ホームページより)

熱いものが伝わってきますね。
他のブログの方々の反応を見ていたのですが、フロンターレ、レイソルのサポはもちろんのこと、他のチームのサポーターもこのメッセージに感動されていました。
私もひいきチームは横浜フリューゲルス消滅のため、ありませんが、ジーンとしましたね。
こういう選手がいるチームの応援をできる人たちは幸せだと思いますよ。
他サポの方々も、うらやましい、という意見がありましたね。

移転前の「Bocs Eira~雪の箱」の中で

「そのチームにいた時代、彼の特徴である「トラメガ」が使えなかったようです。
これは彼とサポーターの気持ちをひとつにする夢の道具(!)であるのに、それが使えなかったため、その当時のチームのサポとの誤解を埋める機会ができなかったのではないか、と思ったりもしました。
岡山選手は本当は仲良くしたかったのだと思いますしね。
チームが禁止したなら、それはチームが悪いと私は思います。
まあ、確かにトラメガは他のチーム(確か発祥は川崎フロンターレで、岡山選手がやる前からやっていたと思われます)がやっていたことだけど、これを選手とサポをつなぐものとして、有効に使えばいいのにね。」


と書いたのですが、このときはチーム名を伏せていましたが、このチームはアビスパのことです。
ただ、今回、岡山選手のメッセージを読んで、岡山が以前のフロンターレのイメージを変えるため、あえて、やらなかっただけのようです。
アビスパの関係者方々、誤解して、申し訳ありません。

トラメガは使ったほうがいいですね。
柏で再び使ったら、今回のような関係が築けたわけですから。

「ふろんたーれどっとねっと。」のはらえりさんのエントリーです。

言葉のチカラ。(長文なのでクリックした方は覚悟してください。)(「フロンターレどっとねっと。」のBLOG、はらえりさんより)

本当、言葉のチカラ、ですね。

このエントリーのコメント欄にジェフサポの方のコメントがありましたが、ジェフ時代はスーパーサブで活躍し、でも、試合の最初から出たいと移籍を決断した林くんはいいメッセージを残していたように記憶しますが、まあ、それ以外の選手たちは、本当にジェフサポは気の毒なくらい、きついこともありましたし(移籍時のメッセージに言葉足らずの選手がいた)、それ以外でも、マスコミに叩かれる筋合いじゃないのに叩かれたこともあり、そのことも気の毒だなあ、と思っていますが、それはさておき、このジェフサポの方はこういう関係が築けないことで自分を責めるようなことを書いていますが、こういう関係はなかなかないことだと思いますよ。
自分を責めないで欲しいですね。
私の応援していたチームなんて、消滅しましたから。
(そのため、「自分の応援していたチームが消滅したらイヤだなあ」という恐怖感から、それ以来、ひいきチームは作っていません)

このエントリーで書かれていますが、フロンターレには選手をサポが精神的に触れ合うことが定着しているようですね。
川崎フロンターレの公式ホームページがまだ、充実していないころは当時所属していた中西哲生さんが当時持っていた自身のホームページでメッセージを書いていたことでサポに気持ちが伝わっていたようです。(中西哲生さんがご自身のホームページを持ったのは引退後だそうで、彼のメッセージは当時の川崎の公式ホームページに書かれていたもののようです。ご指摘ありがとうございます。2007年1月21日10:11ごろ追記)
それが形を変えながらも、定着しているようです。

でも、他の選手たちが岡山選手のようにメッセージを送ってくれたら、サポの喪失感も少なくてすむとは思うんですが、でも、岡山選手のように人と接するセンスというのを持っている人って、少ないように思うので、求めるのは酷なことなのかもしれませんが。
岡山選手の場合はセンスに加え、キャラクターもいいですからねぇ。

いいものを読ませていただいた、世の中、捨てたもんじゃない。
というのが、私の岡山選手のメッセージを読んだ感想の一番、大きな部分ですね。
好きなチームがあって、こういう選手がいたら、本当に幸せだと思います。
レイソルのサポーターの方々はこの関係を継続し、より、いいものにして欲しいですね。
私は外野から、「岡山劇場」を楽しませてもらいます。



よろしかったら、「振り逃げプロ野球」に一票、よろしくお願いします。




スポンサーサイト
テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/01/21(日) 02:23:50 | | #[ 編集]
鍵コメさん
ご指摘ありがとうございます。

追記をさせていただきました。
2007/01/21(日) 19:33:10 | URL | red hot@管理人 #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/445-65f408b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
[サッカー] 岡山一成です。 : フロンターレ日記
サッカー者、全員必読。岡山も素敵なら、このスペースを作ったフロンターレも素晴らしい。 しかし岡山選手の存在自体が絶対にJの財産に、今後50年ぐらいなりますよ、いつか日本サッカー協会の会長とかJリーグチェアマンまで上り詰めるような気がするし、こういう人が上り詰
2007/01/20(土) 02:54:37 | 昨日の風はどんなのだっけ?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。