ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ノーベル化学賞受賞者でもある野依氏がこんなことを言っているそうだ。

「塾は禁止」 教育再生会議で野依座長が強調(朝日新聞)
 政府の教育再生会議の野依良治座長(ノーベル化学賞受賞者)が8日に開かれた「規範意識・家族・地域教育再生分科会」(第2分科会)で、「塾の禁止」を繰り返し主張していることが、同会議のホームページに掲載された議事要旨でわかった。しかし、再生会議が21日にまとめた第1次報告の原案には「塾の禁止」は盛り込まれていない。

 議事要旨によると、野依氏は「塾はできない子が行くためには必要だが、普通以上の子供は塾禁止にすべきだ。公教育を再生させる代わりに塾禁止とする」と再三にわたって強調。「昔できたことがなぜ今できないのか。我々は塾に行かずにやってきた。塾の商業政策に乗っているのではないか」と訴えた。

 JR東海会長の葛西敬之氏は「日本の数学のレベルは学校ではなくて、塾によって維持されている、という面もある」と反論したものの、事務局側は「公教育が再生されれば、自然と塾は競争力を失っていく。結果的になくなる」と同調、国際教養大学長の中嶋嶺雄氏も「野依座長のおっしゃったように塾禁止ぐらいの大きな提言をやらないと」と野依氏に賛同するなどひとしきりの盛り上がりを見せた。


まずは私の個人的感想からいうと、
「別に塾は禁止にしなくてもいいのではないか」
と思いますね。
それに他に話し合うことがあるだろう、と思う。
「教育」といっておけば、
「まじめに協議している」
と見えるから、国民の多くが気にしている年金などの問題から目をそむけているように見えるし、また、その議題である教育でさえ、いじめられっこで小5のとき2回ほど自殺を考えたことがある私から言わせてもらえば、的をはずしているとしか思えない協議ばかりしているように見える。
確かにいじめ、いじめによる自殺は深刻な問題だけど、残念ながら、人間が生きている限り、いじめというのは無くならないと思う。
今あるいじめを減らす、そして、いじめの濃度が薄くなるように、具体的な案を出したほうがいいのではないか、と思う。
「じゃあ、お前に何か、具体的な案はあるのか」
と言われると弱いが、ただ、自分の経験上と自分の至極個人的な意見を言わせてもらう。

私は定時制高校時代はいじめられていない。
私が定時に行っていた時代の10年位前から、定時制高校は「経済的貧窮者」より「落ちこぼれ」が通う率が高くなった。
ようは不良、いじめ不登校による取得単位が低い学生といったタイプの生徒が多く通うようになった。
簡単にいうと、「いじめっこ」と「いじめられっこ」が集まっているのだ。
その真ん中、つまり「傍観する第三者」「普通のことが普通にできる生徒」というのがあまりいないのだ。
「いじめっこ」も「いじめられっこ」も「普通の学生」に対するコンプレックスがあり、その中で「いじめっこ」と「いじめられっこ」がいたら、「いじめっこ」のほうが強いから、「いじめられっこ」はいじめられるのだ。
私が定時に行ったら、「いじめっこ」と「いじめられっこ」がほとんどなので、逆にいじめがなかった。
気にする対象である「普通の学生」がいないからだ。
「いじめっこ」と「いじめられっこ」はある意味同根で、そのごく少数一部の「いじめられっこ」は進級する過程で「いじめっこ」の転向することがある。
関西の漫才師にメッセンジャーというコンビをやっているあいはらさんという人がいるが、彼はまさしく、「いじめられっこ」から「いじめっこ」へ転向した経験を持ち、ついでにいうと「自殺未遂」の経験者でもある。(過去、新聞かなんかの情報で見たことがある。ただ、うろ覚えであるので事実と違う場合があるかもしれません。もし、そうであったら、すみません)
その現状をちゃんとわかっているのか、インテリでお偉いさんの大人たちが、と、私は思うわけだ。
おそらく、「落ちこぼれ」の心の痛みや葛藤などわからないだろうし、「そんな苦痛なことはわかりたくもない」と思っていると思うのだ。
そんなやつらに何がわかる、と思うのだ。
作家の大石英司さんが自身のブログで、
周囲にたった一人でも、親友と呼べる人間がいたなら、自殺することも無かっただろうに、
と言っているが、私は小5のとき、いじめられ、自殺を考えたことはあるけど、友達はいなかったし、当時は家にも居場所がない子供だったから、
「私はそのとき、死んでもいい子供だったんだ」
と、思い、また、
「(友達のいない)そんな子供は死ね」
と言われているように思えて、大石さんのこの言葉には賛同できなかったね。

私が思うに、子供のころって、本当に逃げ場がないんだよね。
精神的にも具体的にも。
だから、簡単に逃げ込める場所を児童保護関係の人たちで作るとか、そういう場所が作れないのなら、
「本当は世の中、そんなに狭くないんだよ」
と教えてあげて欲しい。
そして、
「何が何でも、大人になれ」
と。
私も大人になって、世の中は狭くないし、複雑だし、大人になったことで逃げる場所や、訴えてる場所(ようは裁判所とか)があったりするので、大人になるまで我慢したほうがいい、と言うね。
とにかく、子供の世界は狭い、ということだね。

ちなみに私が精神的に救われた言葉は、ラジオでのビートたけしさんの言葉です。
「友達がいないことはいいこと。他人の色に染まらず、自分の個性を伸ばせるから。むしろ、友達がいないことを誇ったほうがいい」
という感じのお言葉だった。
たけしさん、ありがとう。

話が大きくそれたけど、塾ねぇ…。
私、一回も行ったことないんだよね。
私の最終学歴はとある大学の夜間コースを中退、というのが最終学歴です。
高校も夜間だったので、夜の生活が続き、体調を壊したことで中退したけど…。
いじめられていたので、つらくて、学校もまともに通っていない時期もあったし、勉強も好きってわけじゃないし、家も私が中学生になるまでは貧乏だったので、塾って行ったことがないのよね。
ただ、高校受験があったので、勉強はイヤイヤしたけど、ほとんど独学ですね。
大学受験のときは高校へちゃんと通っていたので、先生方に助けてもらっていたけど、高校受験は独学。
まあ、定時制の受験だから、低くても入れたのだけど。
塾ねぇ、興味なかったなあ。
あっても別にいいと思うけどね。
何がイヤなんだろう、教育再生会議の一部の人たちは。
ただ、夜は近頃、治安も悪くなってきたし、子供を夜に通わせることはやめてほしいかな。
送り迎えの体勢を整えて欲しいな、と。
私にもし子供がいたら、家庭教師をつけるね。

それと「ゆとり教育」についてなのだが、いろいろ言われているけど、私は「ゆとり教育」というのは、
「国民の学力を下げて、何かやりたい政策やら、何やらを、国民から文句を言われないようにしている」
と思っていた。
アメリカがそうなっているからね。
一部の文句を言わないであろうと思う上の層には勉強できる環境を与え、文句を言いそうな下の層にはあまり勉強を教えないで、文句を言わせないようにしている、と、いうことをしているのではないか、と思うくらい、公立の小学校は荒れているなど、何だのという話を耳にする。
知らぬ間にそういう道に導こうとしているように見えた。
幸い、日本は、「そこまでしては学力がつかない」と文句を言う人がいて、早めに終わったから良かったけど。
やらせ教育タウンミーティングの件を見ても思うけど、一定以上の文句が聞きたくないので、ああいうことをしたんだと、私は思うね。
「ゆとり教育」って、小泉政権時代のことだよね。
小泉さんについては一部分を除いては結構、嫌いじゃない首相だったけど、「ゆとり教育」の事に関しては、日本の「ゆとり教育」の意図もアメリカの意図を見るように思えて、賛成できなかったね。
それと、個人的には「理科」の授業が廃止されたのがイヤだったね。
子供のころ、理科の授業でやった「砂鉄取り」や「虫眼鏡で紙を焼く」というのが好きで、学校の授業以外でもよくやったもの。
確かに、詰め込みばかりというのは良くないなあ、と思ったけど、減らしすぎだねぇ、と思ったもの。

長くなりましたが、以上、私論でした。
スポンサーサイト
テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース
コメント
子供の世界
お久しぶりです。これまで読んだ中で今回のものが一番興味深かったです。
多分、それは実体験から来る言葉のリアリティの強さなんだろうと想いますが・・。

>子供の世界は狭い

これが一番ハッとしました・・。

もう大人になっちゃった今となっては、あんまりよく分からない感覚なので改めて、『そうだぁ・・』と感じました。
子供は弱いより、子供の世界は狭いの方が、ピッタリくる感じです。

>子供のころって、本当に逃げ場がないんだよね。
精神的にも具体的にも。

確かにそうだよなぁと思います。
2006/12/26(火) 22:23:59 | URL | 美緒 #KhfqmKt.[ 編集]
美緒さん
遅くなってすみません。

美緒さんにそう言っていただけるなんて、うれしいです。

子供の世界って、狭いと思います。
受験の失敗だけで自殺してしまう人もいますからね。
そんなことでいちいち死んでいたら、私は何回死んでいただろうと思いますし。
受験って、世の中のほんの短い期間のことですし、確かに人生を左右するけれども、そんなにこだわることではないと思うし。
思い返してみても、
「あの時、ああだったら」
と思うことは誰にだってあるし、それに縛られていては先に進めませんしね。

それも、子供が「弱い」のではなく、「子供の世界が狭い」のだと思います。
間違った強さの使い方ですが、「自殺する強さ」があるわけですから。

まあ、自殺まで行かなくても、子供の世界は狭いと思います。
だから、子供の言っていることって、「視野の狭い」ことばかりなのも、幼い、経験がない、知識が少ないのもありますが、物理的に小さくて弱い面はあっても、それ以外の理由も大きく、はらんでいると思います。
本当、子供は何とか、大人にたどり着く、これが人間に生まれての基本的な目標だと思います。

私の実体験としては、とにかく、子供のころはこの場から逃げたかったし、逃げ道を教えて欲しかった、そればかりでした。
今は逃げ道を知っていますし、逃げ道に行かなくても、つぶれない方法を知っていますから、何とか納得した「つもり」でいられますからね。
子供はとにかく、大人にならないと。
2007/01/10(水) 11:19:26 | URL | red hot@管理人 #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/427-5897bace
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。