ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は基本的にはミーハーではないが、「陣内智則さんが結婚かも」、という話が気になるので、何かマスコミの報道があるたび、「なるトモ」を録画して(職探しなどのため外出していることもある)見ている。
ただ、その話題以外でも、元2丁目芸人も出ているというにもあるし、番組自体も意外と面白い(時も)あるので、録画した日は楽しみだったりする。
まあ、たまには首をかしげるような意見を言っているのを見たりするけどね。

その番組内で気になる発言を聞いた。
メッセンジャーの黒田さんが仕切るコーナーで武田鉄矢さんの「金八先生名言集」的なカレンダーの話題をしていて、その言葉を紹介した流れで、「あの人の言った心に残る言葉」みたいな話題になり、陣内さんが2丁目劇場の支配人だった人の話をしていた。
おそらく、ダウンタウンさんたちがトップを取り、東京へ行ったあとの支配人、Hさんのことだと思う。
私もブログの中で陣内さんがリミテッドの時代の話をボロクソに書いていますが、そのときに当時の支配人、確か、Hさんだったと思うのですが、その支配人が陣内さんに向かって、
「お前、おもろないんじゃ。芸人やめてまえ」
と言ったそうだ。
確かにリミテッドは面白くなかった。
しかし、言い方というのがあると思う。
黒田さんも、
「あの人は横暴だった」
と言っていたので、配慮する人ではなかったのだろう。
他にも今はザ・プラン9のリーダーであり、脚本も書き、才能を発揮している、お~い!久馬さんもシェイクダウン時代に仕事で暑いところだったので、日焼けで顔が焼け、腫れ上がってしまった。
そのときも支配人は、「芸人、やめてまえ」と言った。
シェイクダウンはそこそこ、面白かったので、言われる筋合いのないことだと、このことを聞いて思った。
陣内さんがピンになって、売れたことはサプライズだったにしても、陣内さんや久馬さんが本当のやめていたら、吉本にとって大きな損失になっていたんだよね。
特に陣内さんは、正直、今回のお笑いブームにいまいち乗り切れない吉本の中で、唯一、DVDの売り上げ上位に食い込んだのは他ならぬ、陣内さんである。
あと、陣内さんと同期の大阪NSCのトクトミトコナミ(以下、トクトコ)はなぜ、あまり2丁目に出なくなったのか?、も疑問だった。
同じ11期の同期の芸人の中で評判が悪かったとは聞かなかったトクトコなのに。
もしかしたら、支配人がこのことに絡んでいたりして。
H支配人が横暴だと聞いて、そのこともよぎったね。
まあ、真相はわからないけどね。
吉本はそういう横暴発言の支配人や社員っている会社なんだけど、H支配人って、2丁目劇場で売れる芸人をあまりにも出さなかった、実績のない支配人だからこそ、今、余計に言われるだろうね。
横暴なうえに内容、実績が伴っていないというか。
それに、やめたらしいし。
ただ、そのH氏って、吉本、やめていなかったように思ったのだけど。
なんか、日テレの番組で、吉本の試みかなんかで、Hさんが出ていたように思ったけど。まあ、窓際かな、って感じでしたが。
まあ、私の記憶はあいまいなので、なんとも言えないが。
ただ、シャンプーの小出水さんも言っていたが、Hさんのことをフォローするわけじゃないけど、リミテッドは面白くなかったし、吉本的ではない、偏った芸風であった原田専門家さんをスタッフにしたり、離すべき人は離したような気もしている。
けど、WACHACHALIVEでバンドの人たちも出ていたけど、その後売れたのはポルノグラフティ(しかも、吉本所属じゃないし)くらいだし、騒音問題で近所に嫌われていたうえ、お客さんのほとんどが芸人目当てだから、バンドを出す意味を感じなかったし、心斎橋筋2丁目劇場の主旨は「若手の実験劇場」ということだったのに、その主旨に反し、若い女性の客層に合わせたことしかしなかったからなあ。
当時は気づかなかったけど、今にして思えば(まあ、途中から気づいていたけど)、支配人に才能がなかったのかなあ、と今、この話を聞いて思った。
当時やっていた「すんげ~Best10」の大仁田さんが司会にいたころの番組はスタッフがきつい人で、出るのが苦痛だったと聞くし、当時の2丁目芸人は大阪では人気があったけど、あまりいいことがなかったんだなあ、と感じました。
しかも、大阪なので、ギャラも安いし。

私が心斎橋筋2丁目劇場(特に千原兄弟がトップになったあとの、というか、私はそれしか知らないんだけど…)のことを書いたものをリンクしておきます。
しかし、それにしても、2丁目劇場にはあれだけ人材がいたのに、残った人って本当に少ないし、売れた人も少ない。
今、今回のお笑いブームが吉本中心でないので、一部のお笑いファンがM-1グランプリの決勝メンバーに不満のある人もいるみたいなんだけど(というか、私もある意味では不満がある。そのことはまたあと書くかもしれない)、吉本だからこそ、また、デビュー時代の関係で埋もれた吉本の芸人って本当に多いんだから。
吉本だから恵まれているってことはないと思う。
吉本は芸人が多いから、吉本内での競争もあるからね。

スミス夫人

お笑いはアウェイで、もんだほうがいいか?

千原以降の心斎橋筋2丁目劇場

大阪・心斎橋筋2丁目劇場の幻

過去の「お笑いについてのコラム」(私がもうひとつやっているお笑い中心のホームページ「PENTRE MOR」より。心斎橋筋2丁目劇場に出ていた芸人のことを書いてあるものも多いので、お手数ですが、探しながら見てみてください)

(2007年4月4日11:00ごろ追記:イニシャルではありますが、確証を得られていない、推定部分があるにもかかわらず、いかにもその人がそうした、という感じの文章を書いてしまったことは反省しています。推定部分がある場合はそのことを強く断ってから書くべきでした。すみませんでした。今度から、そういうことのないようにしたいと思います。追記)

(2007年8月29日20:10分頃、追記の部分の文章のミスを修正しました)

それと、余談のエントリーもリンクしておきます。気が向いたら見てみてください。

日本ハムのドラフトにまつわる話2
スポンサーサイト
テーマ:お笑い - ジャンル:お笑い
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/417-c057e470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。