ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当はもっと、早く書きたかったのだが、入院している父方の祖父の体調の問題で書きそびれていた。
祖父は幸い、すぐ心配のない状況になったので、大丈夫になったので、ブログを書いている。
ただ、清水さんのことは少し書きにくかった。
今、やっと、書こうと思う。

まずは記事から。

元ぴのっきをの清水キョウイチ郎さん急死(大阪日刊スポーツ)
漫才コンビ「ぴのっきを」として活躍し、解散後は吉本新喜劇に出演していたタレント、清水キョウイチ郎さん(本名・清水共一)が4日に肺血栓のため大阪市内の自宅で死去していたことが6日、分かった。41歳だった。

 清水さんは10月31日、大阪・梅田花月で行われたイベントに出演。7日には新喜劇出演が控えていたが、4日になっても台本を取りに来ないため、不審に思ったマネジャーが5日自宅を訪れ、既に亡くなっていた清水さんを発見した。清水さんは88年「ぴのっきを」を結成。若手漫才として人気を得たが、相方が実家を継ぐため00年に解散した。

 通夜は7日午後7時から、告別式は8日午前11時から、いずれも大阪市阿倍野区阿倍野筋4の19の115「やすらぎ天空館」で。喪主は実弟・結三さん。

[2006年11月7日11時15分 紙面から]


清水キョウイチ郎さん通夜に芸人ら400人(大阪日刊スポーツ)
4日に肺血栓のため死去した吉本新喜劇の清水キョウイチ郎さん(本名・清水共一=享年41)の通夜が7日、大阪市阿倍野区の「やすらぎ天空館」でしめやかに営まれた。

 親交の深かったメッセンジャー・あいはら(37)は「いじられキャラなのにいじると怒る、愛すべき人やった」。相方・黒田(36)も「インパクトのある天才で、僕らには真似できなかった。最後は芸人らしく皆で笑って送りたい」と涙をこらえた。ケツカッチン・高山トモヒロ(38)も「ホンマにドンくさいけど、人のいい先輩だった」と突然の死を惜しんだ。

 7日は吉本新喜劇の未知やすえら吉本興業所属の芸人ら約400人が参列した。なお、告別式は8日に同所で営まれる。

[2006年11月8日10時3分 紙面から]


清水キョウイチ郎さん告別式、拍手で別れ(大阪日刊スポーツ)
 4日に肺血栓のため死去した吉本新喜劇の清水キョウイチ郎さん(本名・清水共一=享年41)の告別式が8日、大阪市阿倍野区の「やすらぎ天空館」でしめやかに営まれた。弔辞を読んだメッセンジャー・黒田(36)は「兄さん、何かやる時いつも間違うのやから皆に相談せえて言うたやろ。相談してくれたらこんなことにならんかったのに。俺はいまだに信じられん」と呼びかけ「いつもみたいな別れ方で別れましょう。ほな、また明日」と気丈にあいさつ。出棺時には、参列した吉本興業所属の芸人ら約350人が拍手で天国への旅立ちを見送った。

[2006年11月9日9時41分 紙面から]


私は大阪心斎橋筋2丁目劇場に出ていた芸人さんたちが好きだった。
私が見ていた年代は千原兄弟がトップだったときだ。
千原兄弟より先輩で出ていたのはぴのっきを(その後のぴのっきお、のち解散)としましまんずだけだったと思う。
ぴのっきをも、もちろん、たくさん見させていただいた芸人さんでした。
亡くなったと聞いたときはびっくりした。
いつも見させてもらっている「昨日の風はどんなのだっけ?」さんのブログで知りました。
2丁目劇場の閉鎖され、活動をお伺いする機会もなかったのですが、風のうわさで解散したと聞き、たまにお見かけした番組では以前とは違い、なんとなく元気のない(私にはそう見えた。その番組のときだけかもしれないが)表情をされていたのをおぼえています。
相方だった方はご実家の家業を継がれるため引退されたと聞きます。
一人になった清水さんの活動は順調とはいえない感じがしていました。

そして、この話。
本当に突然。
亡くなった原因の病気はエコノミークラス症候群の症状に似ている。
エコノミークラス症候群は名前だけで誤解されやすいので、飛行機に乗って、そういう状況にならないとつかない病名だと思われがちですが、これは飛行機以外の乗り物に乗っていてもなる可能性のあるもので、乗り物に乗らなくても、椅子に座っている状況でもなる病気です。
発見が早ければ最悪のことは防げると思うのですが、気づかなかったのかもしれません。

寂しい亡くなり方ではあります。
ケツカッチンの高山さんがご自身のホームページでおっしゃっていたのですが、本当、悲しんでいる人たちも多いのに、その人たちをもっと、うまく使って欲しかった、そう思います。
ずっと、不器用なままの人だったのだと思います。
清水さんが亡くなられたと聞いたとき、ベイブルースの河本さんのことを思い出しました。
2丁目が閉鎖になるとき、ファイナルライブで、河本さんが入院されていたときのエピソードが思い出されます。
河本さんはそのとき、すでに危険な状態だったそうで、その河本さんを励ますためにお見舞いに来ていた清水さんが河本さんに近づいたところ、心電図の画面が危ない状況を示していた。
「どうした、河本」
と叫んだが、看護士さんが、
「すみません。線(おそらく、空気を送るくだだと思う)、踏んでますよ」
と注意されたとか、また、お見舞いのときの話だが、河本さんを励ますために、
「河本は永ちゃんが好きだから」
といい、病院内にもかかわらず、大音響で永ちゃんをかけ、大声で騒いで怒られたという話をしていました。
励ますのはいいのですが、励まし方を間違えているようです。
残念ながら、河本さんは26歳の誕生日の1日前に25歳で亡くなってしまいました。
清水さんは河本さんと会って、談笑でもしているのでしょうか。

清水さんとゆかりの会った芸人さんも清水さんのことを書いてらっしゃいました。

まずは、芸人の後輩であり、奈良時代は空手仲間だった、水玉れっぷう隊のアキさん。

愛する先輩(「水玉れっぷう隊アキ「ブルース・リーの声が聴きたくて」より)

後輩、ザ・プラン9の久馬さん。

御冥福をお祈りします。(「ザ・プラン9 お~い!久馬のblog 「歩記」」より)

バッファロー吾郎の木村さん。

合掌(「ホームラン日記」より)

ケンドーコバヤシさん。

兄さん(「大ケンドーコバヤシの大日記」より)

石田靖さん。

『FREE HUGS』~抱きしめて下さい(「やすログ」より)

飛石連休の藤井さん。

お笑い界漂流日誌 2006年11月8日(水)訃報(「お笑い界漂流中!」より)

すみません(「ブログの漂流中」より)

あった!(「ブログも漂流中」より)

ダブル馬づらビーム(「ブログも漂流中」より)

ザ・プラン9のなだぎ武さん。

馬づらビーム…(「ザ・プラン9 なだぎ武のblog 「オノマトペア」」より)

ケツカッチンの高山さん。
日にちを確かめずに書いたため、日付がずれているそうです。
以下のリンクは載っているまま、記載しています。
日付がずれていることをご配慮のうえ、読んでください。

■2006/11/03 (金) 11月3日金曜日(「ハシリガキ」より)

■2006/11/04 (土) 11月4日土曜日(「ハシリガキ」より)

■2006/11/05 (日) 11月5日日曜日(「ハシリガキ」より)

■2006/11/06 (月) 11月6日月曜日(「ハシリガキ」より)

■2006/11/07 (火) 11月7日火曜日(「ハシリガキ」より)

■2006/11/08 (水) 11月8日水曜日(「ハシリガキ」より)

■2006/11/09 (木) 11月9日木曜日(「ハシリガキ」より)

ぜんじろうさん。
ぜんじろうさんは養成所出身の芸人さんがもてはやされていたころで、弟子出身のぜんじろうさんと清水さんは戦友のような関係だったそうです。(ちなみにぜんじろうさんは上岡龍太郎さんのお弟子さんで清水さんは破門されたけど、いかりや長介さんのお弟子さんだったことがあります)

またあほな事やったはりまんなー(「ポジぜん」より)

まとまりがなくてすみません。

清水さんのご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト
テーマ:お笑い芸人 - ジャンル:お笑い
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/405-ae2a74bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。