ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3日前に〆さばヒカルさんのことを書きましたが、どうやら、病気の原因や亡くなられた直接の理由が当初の発表とは違うみたいですね。
話によれば自殺みたいです。
〆さばヒカルさんに近い関係者の人がブログでその出来事を書いていたそうです。(今は削除済みです)
その内容をブログ検索で他の人が書いているのを読ませていただきましたが、その関係者の方の文章は非常に重いものでした。

自殺が事実かどうかはわからないし、私がそれを追及してもしょうがないと思うので、それ以外の話をしたいと思います。

もし、自殺が事実だとしたら、たけし軍団では2人目となるらしい。
1人目の自殺した人の理由が理由だけに、今回は話を見る限り、1人目の人と違うと思うのですが、話題としてはどうしても取り上げられてしまうみたいですね。(真意は不明な点もあります)

昔の芸人さんって、よく自殺していたらしい。
上岡龍太郎さんが芸能界を引退する際、「笑芸人(このリンクの中にこのインタビューがのっている「笑芸人」があるかどうかは不明です。申し訳ありません)」中で、
「昔はお笑い芸人の地位は低く、お笑い芸人でもだめだったら、死ぬしかない、という感じで追い込まれる。
 昨日までいた芸人が翌日楽屋にいないということも多かった」
というような話をしていたと思うのですが、それだけ、自殺は多かったみたいです。
昔の芸人界は今の芸人界より無茶苦茶だったという印象を話を聞くたび、思うことがあります。
昔は師匠のところに弟子につく人が多かったので、その師匠が偏屈な人だった場合は、そういう系統のエピソードにこと欠かない人もいたように思います。
たけし軍団の体質は古い芸人界タイプのように感じますし、実際、若い年齢に人は離れていく人も多いように思いますし、残っている人も年齢の高い人が多いように思います。
たけし軍団の体質は今の時代には合わないのかなあ、と思うこともあります。
それが自殺につながっているとは単純には思いませんが、今の芸能界では異質なほうに入るような気がします。

ただ、自殺というのはたいへん残念。
ぶざまでも生きていくのが人間。
だと思うのですが。

改めて、ご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト
テーマ:お笑い芸人 - ジャンル:お笑い
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/389-403bbb76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。