ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここのところ、更新が一週間にいっぺん状態が続いております。
本当は書きたいことがいっぱいあるんですが、書く余裕がないんですよねぇ…。

ヒデが引退した。
びっくりもしたが、なんとなくすぐ、納得できた。
日本代表がワールドカップのトーナメントに進出できなかったあと、イチローと比較する記事が出たりしたんだけど、それはヒデに対して失礼だなあ、と思った。
野球とサッカーでは競技人口が違いすぎる。
よって、負担も違うと思うのだ。
それに、これは何度も指摘されていることだと思うが、サッカーと野球では競技体質そのものが違いすぎるので、比較すること自体に無理がある。
ただ、思うのは、ヒデよりもイチローのほうがコミュニケーション能力が長けていた、というだけのことだと思う。

それと、北のほうから「迷惑な贈り物」がたくさん、届いたということ(実際には届いてないけど。まあ、届いてほしくもないですけどね)かな。
ワールドカップの結果が気になっていたのに、このニュースばかりで朝から自分の気持ちが腐りました。

それと、王監督が病気のため休養されるよう。
WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で引っ張りまわし、ただでさえ、監督という仕事は体にこたえるのに、余計な負担を増やしたのが、やはり、王監督の体に響いたのではないかと思う。
野球界はいつまでも頼りすぎだね。
新しいスターをつぶす前に、ちゃんと育てる気持ちがほしいね。

この3つのことの中から、もしかしたら、もう少し、長く書くかもしれません。
まあ、書かないかもしれませんが。

こんな状態ではありますが、これからもこのブログ「振り逃げプロ野球」をよろしくお願いします。

よろしかったら、「振り逃げプロ野球」に一票、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記
コメント

「参加国が少ない大会でも「世界」という冠をつけてもいいと思いますし、ケチをつけてほしくはないですね。」

これは前のあなたのコメントですが・・・
まぁやはりあなたも競技人口が多いほうが偉いと本当は思っているのですね。負担って競技人口で決まるものだったんですか。確かに参加国も競技人口も野球は少ないのが事実ですけどね。単純にマスコミはそのコミュニケーション能力と覇気を比べてるのだと思うけど、あなたは無理に競技人口を出して野球よりサッカーのほうがプレイするのが難しいと言いたげですね。
まぁそうかもしれませんが、結果を出せないなら世間一般では比べられても仕方ないのではないでしょうか。それとも競技人口が多いから負けても仕方ないねぇと報道してほしいんでしょうか。アンチ野球ならアンチとはっきり言えばどうでしょうか。球界の改善点などはほとんど賛成ですが、その他にどうも悪意を感じます。今の球界には悪い点しかないのかもしれないですけど。自分にウソはつかないほうがいいと思います。
そのほうが思いっきり吐き出せると思いますし。世界的に不人気な野球は衰退してしまえと一度言ってみたらいいのではないでしょうか。
2006/07/06(木) 21:35:30 | URL | 無 #-[ 編集]
無さん
コメント、ありがとうございます。

いろいろ、誤解されている点と、ご理解されている面とあるようですね。
私のブログを読んで下さっているようなので、その点はうれしいのですが、私は今の野球に対して、複雑な感情を持っていますので、その点をご理解願えないのは残念です。
私の考えは決して、単純なものではありません。

>「参加国が少ない大会でも「世界」という冠をつけてもいいと思いますし、ケチをつけてほしくはないですね。」

>これは前のあなたのコメントですが・・・
まぁやはりあなたも競技人口が多いほうが偉いと本当は思っているのですね。負担って競技人口で決まるものだったんですか。確かに参加国も競技人口も野球は少ないのが事実ですけどね。

コメントを下さった方に、
「競技人口が少ないのに、世界という冠をつけるのはどうか」
という主旨のものがあったので、私は、
「参加国が少ない大会でも「世界」という冠をつけてもいいと思いますし、ケチをつけてほしくはないですね。」
ということを書きました。
ただ、これは参加国が少ないだけで、「世界大会」の冠をつけるな!、というようなことを言われたと私はとらえたので、私はそう答えたのです。
これはあくまで、参加国の数の多少と世界大会という名前の冠についてのみの意見です。
ただ、注目度とそれにかかわる負担はどう考えても野球よりサッカーのほうがかかると思うのです。
なのに、野球はたった16カ国の参加で、頂点に立った。
頂点に立ったことはうれしかったし、ある程度は評価されるべきことだと思います。
ただ、日本の野球は職業野球時代を含めて、歴史が長いので、かんせいどを高く作ることは、日本のサッカー界より、難易度は高くないと思います。
そのうえ、私がブログで長い間指摘しているように、需要に見合わない野球報道や疑問に残るほどの野球擁護報道は以前からおかしいと思っています。
日本のサッカーの場合、野球ほど擁護されていないし、試合中継もあまりされていない。なのに、代表戦だけは過剰に期待する。
これではサッカーは負担がかかりすぎます。
参加国が多い中、プロ化されてからの歴史が短い日本のサッカー界はかなりの負担を強いられることになる。
だから、野球とサッカーでは負担が違いすぎるという意見を書いたのです。
その辺をご理解願えると幸いです。

>単純にマスコミはそのコミュニケーション能力と覇気を比べてるのだと思うけど、あなたは無理に競技人口を出して野球よりサッカーのほうがプレイするのが難しいと言いたげですね。

競技人口に関してはさっき書いたとおりです。
コミュニケーションに関する文言は、実は、いつになるかはわかりませんが、まとめて書こうと思っていたことなので、端折って書いていました。
ヒデのコミュニケーション能力については元浦和レッズの加納さんという方のブログから影響を受けた部分があります。
そのことをいつか書こうと思っていたので、説明不足の部分は申し訳ないと思います。

>アンチ野球ならアンチとはっきり言えばどうでしょうか。球界の改善点などはほとんど賛成ですが、その他にどうも悪意を感じます。今の球界には悪い点しかないのかもしれないですけど。自分にウソはつかないほうがいいと思います。

私は自分にうそをついたことはありません。
ブログは公に公開されている、という点は配慮して書いていますが、本音で書いています。
それと、アンチ野球ではありません。
ただ、私は野球が好きですが、
「好きなものが正しい」
という、多くの野球ファンが勘違いしているような感情が私には無いのです。
悪意を感じる、といわれていますが、多少毒っ気を含めて書いているのは事実ですが、悪意はありません。

>世界的に不人気な野球は衰退してしまえと一度言ってみたらいいのではないでしょうか。

私はひねくれ者なので、野球が世界では人気が無いことがわかったときは逆にうれしかったですね。
「私は(野球ファンなので)真の少数派だ」
なんて、喜びましたし。
野球はいったん、衰退してほしいですね。
そのほうがすっきりすると思います。
野球はいったん衰退しないと、野球界は危機感を抱かないと思うんですよね。
危機感をいだいて、もう一回、野球界には再出発してほしいですね。
2006/07/06(木) 23:54:07 | URL | red hot@管理人 #-[ 編集]

>ただ、注目度とそれにかかわる負担はどう考えても野球よりサッカーのほうがかかると思うのです。


初めて書かせていただきます。
私も同じような事を考えていたので非常に興味深く読ませていただきました。

ワールドカップでの結果が決まり、日本敗退が決まってから妙に「イチローと中田ヒデの比較」の記事がかなり見られるようになりました。
私はリーダーと目される彼らのキャプテンとしての資質に関して言及されているのだと思いました。
しかし、大半は「イチロー賛美」だけ。
中には専門家(?)を使っての「中田ヒデの人格批判」にまで及ぶものもあり、非常に違和感を覚えました。
特に毎日サッカーの試合を見るようなサッカーファンではない自分でも穿った見方をしてしまう。
そんな報道ばかりなのが残念でなりません。

WBCに関してはアメリカの外貨稼ぎを抜けきれなかったものの、他の国にとっては十分有意義なものだったと思います。
メキシコやキューバの選手のコメントを見ても意気ごみが伝わってくるのです。
日本の盛り上がりを見ても立派な「世界大会」であったことは間違いないと思います。

しかし、『ワールドカップとの比較』は納得いかない点が多々あります。

まずWBCはアメリカを先頭に寄せ集め集団であったこと。
それに比べてサッカーでは南米、欧州は若くて15歳から代表戦をこなしている。
ブラジルは幼い時代から各年代の代表で「負けられない試合」を何試合もこなしている。
そのためワールドカップで「単純な戦力、状況」による比較は意味をなさないと考えるからです。

競技人口も大事ですが、やはり上に到達するまでの経験、交流の広がりが決定的な世間とのギャップを感じる理由かもしれません。
2006/07/07(金) 18:27:08 | URL | ヒロ #20evycDU[ 編集]
ヒロさん
たいへん遅くなって、すみません。

>ワールドカップでの結果が決まり、日本敗退が決まってから妙に「イチローと中田ヒデの比較」の記事がかなり見られるようになりました。
私はリーダーと目される彼らのキャプテンとしての資質に関して言及されているのだと思いました。
しかし、大半は「イチロー賛美」だけ。
中には専門家(?)を使っての「中田ヒデの人格批判」にまで及ぶものもあり、非常に違和感を覚えました。

リーダーというか、チームを引っ張るというか、象徴する人として、どういう振る舞いをし、どういう影響を与えたか、ということを書くのならまだしも、ただ単に、ヒデをさげすみ、イチローの賛美では何の意味もないと思いますね。
野球のWBCのときの場合、イチローは実質はリーダーではないですし、キャプテンとしての役割を大きく果たしのは、アテネオリンピック予選の時のキャプテンでもあった、プロ野球のほうのヤクルトの宮本選手です。
イチローはチームのスパイスとしての機能を果たしていたと考えるのが妥当だと思います。
サッカーのほうは実質のリーダーはプロサッカーのガンバ大阪の宮本選手(以下、ツネとする)であったわけだし、雑誌の記事で見かけた程度で申し訳ないのですが、ツネの意見を見ていると、ツネの意見を優先しておいたほうがよかったと思うんですよね(戦術以外の話です。チーム運営のことです)。
で、ヒデはスパイスとしての役割を果たしたほうが機能的だったのではないか、と思うのです。
急激に意見を変えてほしかったのかもしれませんが、急激では難しいし、また、無理でなかったとしても、もっと、うまく、コミュニケーションをとるべく、やるべきだったと思うのです。
また、これは元浦和レッズの加納さんという方の意見をかりたもので申し訳ないのですが、やはり、意見を聞いてもらいたいのであれば、その選手の視点にあわせて話すべきだったのではないかと思うのです。
伝わらなかったのはつらかったと思うのですが、もう少し、伝える手段を考えてほしかったです。
それをやったうえでだめだったとき、初めて、「絶望する」までいくほうがまだ、理解ができますから。
まあ、ゲーテの取材を受けていたヒデの記事を見たのですが、ヒデの意見もわからなくもないのですが。
まあ、単純なイチロー賛美、ヒデ批判は本当に的を射ないし、ばかばかしいと思います。

>WBCに関してはアメリカの外貨稼ぎを抜けきれなかったものの、他の国にとっては十分有意義なものだったと思います。
メキシコやキューバの選手のコメントを見ても意気ごみが伝わってくるのです。
日本の盛り上がりを見ても立派な「世界大会」であったことは間違いないと思います。

私もそのとおりだと思います。

>しかし、『ワールドカップとの比較』は納得いかない点が多々あります。

まずWBCはアメリカを先頭に寄せ集め集団であったこと。
それに比べてサッカーでは南米、欧州は若くて15歳から代表戦をこなしている。
ブラジルは幼い時代から各年代の代表で「負けられない試合」を何試合もこなしている。
そのためワールドカップで「単純な戦力、状況」による比較は意味をなさないと考えるからです。

全く、異なる状況ですから、単純な比較はほとんど意味はないと思います。

>競技人口も大事ですが、やはり上に到達するまでの経験、交流の広がりが決定的な世間とのギャップを感じる理由かもしれません。

このギャップが埋まるまで、日本のスポーツ界が耐えられることを祈りたいですね。
コメント、ありがとうございます。
2006/07/30(日) 11:43:39 | URL | red hot@管理人 #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/375-b7c8be83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。