ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワールドカップ、日本代表対オーストラリア戦、負け方が悪かったですね。
正直、がっかりしました。
不運な判定もありましたが、疑問の残る采配もありました。
まあ、過ぎてしまったことなので、今日の試合は何とか、勝ってほしいです。

日本対オーストラリアという対決カードでどうでもいいことだけど、気になったことが2つあった。
まず、この組み合わせを見てまず、思い浮かべたのが、ジパング上陸作戦というコンビのことだ。
コンビとして結成7年という、結構キャリアのあるコンビで、以前このブログで「惜しいと思う、ジパング上陸作戦」というエントリーを書かせてもらったコンビです。
実力があるのにもったいない、このコンビはそんな感じです。
しかし、お笑い芸人たちが集まって、試合、見ていたんですね。
その中にジパングもいたようです。
私はオーストラリア戦の翌日の朝、朝の番組(何かは忘れた)でジパングが映っていて、「おっ!?」と思いました。
そして、スポーツ新聞にも取り上げられた模様。

日豪コンビ「ジパング上陸作戦」明暗(デイリースポーツ)
相方同士も明暗を分けた。オーストラリア人と日本人のお笑いコンビ「ジパング上陸作戦」が12日、東京・渋谷のヨシモト∞ホールでサッカーW杯の日本対豪州戦を観戦、壮絶な応援合戦を繰り広げた。ジパング-は豪・パース出身のチャド・イアン・マレーン(26)と加藤貴博(30)が99年に結成し、02年からM-1で4年連続準決勝進出を果たしている実力派。

 まさかの現実に会場が静まり返った。前半、日本が先制。ハチマキ姿の加藤が日の丸を掲げて立ち上がり、チャドは豪州国旗もろともその場に崩れ落ちたのが遠い過去のようだった。完全アウエーのチャド1人が喜び、2台のモニターが設置された会場に集まった約80人の若手芸人らは下を向いた。応援は日本一色。キックオフの瞬間から「ニッポン、チャチャチャ」の大コールが起こっていたが…。

 厳しい視線を浴び続けたチャドは、勝っても素直に喜べなかった。豪州勝利の場合、嫌がらせで?ビザの没収を予告されていた。「芸を学ぶということで活動を許されていた“文化活動ビザ”から、芸人として認められた証しの“興行ビザ”を3月にもらったのに…」と脅えていた通りになった。チャドの芸人生命は?ジパング上陸作戦の未来はどうなってしまうのか?


まあ、日本では日豪のコンビはこのコンビくらいしかいないし、とにかく、話題になってよかった。

それと、プロ野球ですが、北海道日本ハムにもオーストラリア関係が2人。
トーマスはオーストラリア人でマイケルはオーストラリア人と日本人の間の「ド・ゲラ(イランの言葉で「二つの血統」という意味)」です。

日本ハム・トーマスがジーコジャパン敵視(日刊スポーツ)
日本ハムのオーストラリア人左腕ブラッド・トーマス投手(28)がW杯サッカー日本代表に「宣戦布告」した。15日、代表メンバーが発表されたことを受け「キューウェルに気を付けなよ」と不敵な笑み。日本と母国が1次リーグ初戦(6月12日)で対戦。英プレミアリーグのリバプールで活躍するMFハリー・キューウェルを挙げてライバル心をのぞかせた。だが一方、日本人の父とオーストラリア人の母を持つ守護神マイケルは「日本が勝ちそうだから、日本を応援するよ」と調子が良かった。

[2006年5月16日8時46分 紙面から]


トーマスは当然、オーストラリアを応援するわな。
で、マイケルは立場が複雑なので、微妙なお答え。
まあ、応援してくれてうれしいけどね。

ちなみに下の2つのリンクはジパング上陸作戦の2人のブログです。

チャドのジパング上陸作戦録

ジパング上陸作戦。加藤便り


それと、日本代表チップスを買いました。
カードの中身は浦和レッズのマコ様こと、長谷部誠選手でした。
スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/367-0ac67874
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。