ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロ野球の視聴率を語るblog」さんのブログを見ていて、「スポーツの視聴率を語るブログ」というブログがあり、なにげにクリックしたら、こんな話が書いてありました。

野球防衛運動のはじまりとは?(「スポーツの視聴率を語るブログ」さんより)

これは一理あると思いました。
以前から、
「放映権料がかかる割には視聴率が取れないプロ野球中継をなぜ、放送したり、持ち上げたりしているのかなあ?」
という疑問があったのですが、新聞の売り上げを気にして、長島(長嶋)叩きをやめたのがきっかけだと。
ただ、そうだとしたら、いよいよ、マスコミは流れを読めていない、というか、かなり現状維持にこだわった、たいへん保守的な行動のように見える。
本当はテレビ関係者もプロ野球中継はしたくないと思っている、という噂はよく聞く。
でも、「何かの力の関係で」、プロ野球中継を放送せざるをえない、状況みたいなのだ。
どっかのテレビ番組で子供たちが、
「お父さんが見たいみたいなので、(自分の見たい番組は主張せず)見せてあげている」
という意見の子が多かった。
同じスタジオ内にテレビ番組の制作の仕事の人がいて、子供たちに対し、
「野球を見てください」
と力(ちから)なく、コメントしていました。
やはり、「大人の事情」があるのでしょう。
でも、広告では購買意欲のない年代が多く見ているプロ野球中継なので、スポンサーが嫌がっていたりしているのにねぇ。

どっかのブログのコメント欄にこんな内容のことが書かれていた。
「笑点」の客層はその「プロ野球世代」より上なため、某テレビ局の偉い人が、
「笑点の前にデーゲームは放送できない。延長して、笑点が遅れてしまったら…」
という理由を述べて、日本テレビ(”某”として、隠している意味がなくなっているが…)で日曜日にデーゲームの中継がない理由を述べていた。
「さすがに上の年代の人を敵にまわしたくないのだろう。」
とコメント欄の人は締めくくっていましたが、なるほど、そうなのね、と思いました。
若い世代に対しては敵にまわしてもいいので、プロ野球中継を強行するけど、「長嶋を神格化」している世代よりも上の世代の人たちに対しては敵にまわさない。
若年層をなめている証拠だと思う。

プロ野球の視聴率を語るblog」さんも書いてらっしゃいますが、さっきも書きましたが、必死で防衛している意味がわかりませんし、特にプロ野球中継を15分延長にとどめている割にはテレビ朝日は朝のワイドショーでナベツネを出したり、報道ステーションで新たな防衛活動を始めたりして、いったい、何を目指しているのか?。
さっきも書いたように、もう、スポンサーメリットも無く、テレビ局のお荷物なはずなのに、なぜ、防衛するのだろう?。
おそらく、理由は大人の事情のため、言えないとは思うけど。
そういう防衛活動は見苦しいし、現状に気づいている野球ファンの私個人としては「そういう」防衛は望んでいないし。
(まあ、私は東京時代の日本ハムファンだったし、野球の情報が少ないことは慣れているから、報道が減っても平気だというのもあるとは思いますが。人気が無いチームのファンをやっていた私にとってはメジャーなチームのファンは、同じ野球ファンだったとしても、敵でしたしね)
新聞購買層に売る部数がかかわっているにしても、それも、いずれは関係なくなりそうだし、メディア関係はいつ、野球と袂(たもと)を分かつのだろうか?。
私の希望としては早く、袂を分けてほしいが、徐々に、じわじわと、という感じになりそうですね。
それと野球界は早く、「野球は特別」という態度、行動をやめてほしいですね。

余談ですが、「プロ野球の視聴率を語るblog」さんのブログのコメントにSMAPの香取くんの話が書いてありますが、私も彼の番組を偶然、見たいたとき、「反野球防衛」的発言をしているところを見ましたよ。
そのときは、巨人ファンで巨人バカの中居くんに対して、
「いまさら野球って、ダサくない?」
的発言をしていました。
芸能人でしかも、日本のトップアイドルグループのアイドルの一人で、しかも、自分の番組で、立場もあるだろうに、この発言。
私の同じ学年のキャプテン翼世代の香取くん。
当時は私のような野球ファンこそが「ダサい」対象だったのは事実だし、香取くんはそれが当たり前(今の若い子はそれが当たり前だと思う)の時代の人だからこその発言だとも思います。
ジャニーズのアイドルに熱狂したことが一度も無い私がめずらしく、ほめまくっていますが(笑)、香取くんには奮闘していただきたいと思います。

【追記】2006年5月6日 22:30ごろ
「スポーツの視聴率を語るブログ」さんが紹介していた、宮崎満教さんの「巨人という幻想」を読んでみたいですね。


よろしかったら、「振り逃げプロ野球」に一票、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ
コメント
トラックバックどうもです
こんにちは、「スポーツの視聴率を語るブログ」の管理人です。トラバありがとうございます。
防衛ネタは色々あるのですが、いろいろなところに紹介されているので、私のところではまだ語られていないネタを書いていこうと考えています。
2006/05/07(日) 17:56:48 | URL | 名無しゲーム君 #vMDeFNio[ 編集]
名無しゲーム君さん
たいへん、遅くなってすみません。

防衛の話はいろいろありますね。
これからもどこにも語られていない、野球防衛と思われる事柄を書いていってください。
読ませていただきたいと思っております。
2006/06/17(土) 22:15:34 | URL | red hot@管理人 #-[ 編集]

仮にメディアが政界の要人と密接な利害関係を結んでいるとするなら、若者より圧倒的に投票率の高い高齢者を大切にする=野球防衛を行なうのは当然の成り行きではないでしょうか。

それはさておき、野球に限らず現代はスポーツ中継でもう視聴率はとれなくなっているのではないかと思います。
(WBCや内藤vs亀田のような超人気イベントは例外としても。)
2010/05/11(火) 17:57:17 | URL | 通りすがり #mQop/nM.[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/350-90ba3a69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
[野球] 野球防衛活動はここから始まった!?
野球防衛運動のはじまりとは?(スポーツの視聴率を語るブログ) 何故マスコミが野球を持ち上げるのか、きっかけになった事柄について分析されています。 (振り逃げプロ野球)
2006/05/07(日) 03:16:33 | 昨日の風はどんなのだっけ?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。