ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
入来が50試合出場停止処分を受けた。

入来、薬物使用で50試合の出場停止に(日刊スポーツ)
メッツ傘下3Aノーフォークに所属する入来祐作投手(33)が28日、米大リーグから50試合の出場停止処分を科せられた。薬物検査で陽性反応を示したため。どのような薬物を使用したのかは不明。

 メジャー昇格の目安となる40人枠から外されている入来は27日、スクラントン戦に先発登板し、5回4失点で今季2敗目(1勝)を喫していた。防御率3・74だが、メッツ先発5番手のバニスターが右太もも裏側の軽い肉離れを起こしたため、昇格の可能性も出ていた。

 日本選手では昨年5月、2Aバーミンガムに所属していた養父鉄投手が、15試合の出場停止処分を受けた。

[2006年4月29日7時22分]


以前、養父のところでも書いたけど、ドーピング検査は細かく反応するうえ、サプリメントでも、物によっては反応してしまう。
今回も養父と同じく、プロテイン関係で引っかかったようだ。
メジャーはドーピングに関しては他のアメリカ中心スポーツの中ではドーピングに関して、ダントツにゆるかったのだが、近頃はちゃんと取り締まろうという動きがある。
それはとてもいいことだと思うが、養父や入来みたいに「あからさまにひどいもの」というわけではない、しかも、別に普通に摂取すると思われるプロテインで引っかかったというのは不運というほかない。
ただ、入来も養父のケースがあったのだから、気をつけてほしかったけどね。
今後、日本の選手はそういうのが引っかかるということをわかったうえでメジャーに行ってほしい。
ただ、入来のこのプロテインは常習性のあるものということだろう。
確かにその程度でドーピング検査に引っかかるのはちょっととは思うが、その引っかかる基準のものを摂っていたのに、日本では引っかからなかったということなのか?。
それとも、「近々、ドーピング検査をする」といいながら、日本のプロ野球界は相変わらず検査をやっていない、ということなのか。
日本でやっていたら、養父や入来みたいに引っかかる選手が出てもよさそうな気がするのだが。

それと、こんな記事が。

有害接着剤禁止は08年から(デイリースポーツ)
国際卓球連盟(ITTF)は28日、ドイツのブレーメンで理事会を開き、ラケットにラバーをはる接着剤で人体に有害な有機溶剤を含むものの使用禁止を、予定より1年遅らせて2008年9月からとすることを決めた。

 有機溶剤入りの接着剤を使わないとラバーの反発力が低下するため「ボールのスピードが遅くなり、プレーの質が下がる」などの反対意見が根強かった。

 ITTFは現在、有害物質の含有量に基準値を設け、ラケット検査でこれを超えた場合は失格としている。世界選手権団体戦の女子準々決勝で反則負けした福岡春菜(中国電力)のラケットからは、基準値を上回る有害物質のキシレンが検出された。


卓球の話です。
ラケットのラバーって、有害だったのね、知らなかった。
全部が全部そうではないと思うが、確かに新品は特殊なにおいがしていたもんね。
人体の影響という面での禁止だとは思う。
ウィキペディアの「キシレン」によれば「シックハウス症候群」の原因になる物質らしい。
なら、もっと、早く使うのをやめてくれよ、といいたくもなるが、別にそれで何があったということもないので、神経質すぎる気もする。

以上、禁止の話し、2つでした。

よろしかったら、「振り逃げプロ野球」に一票、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/348-975dc8ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。