ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西武ライオンズがジリ貧になって久しい中、ネーミングライツで球場名と2軍の名前を買っているインボイスが西武球団買収について、語ったそうだ。

西武買収問題、市民球団型なら…
情報通信サービス会社のインボイス木村育生社長は25日、都内で開かれた株主総会の席上で、西武球団買収問題に言及し、市民球団型を条件に経営参加に前向きな姿勢を見せた。

 イ社は昨年12月に西武の球場と2軍チームのネーミングライツ(命名権)を取得しており、総会では株主から西武球団買収に関する質問が出た。木村社長は楽天を例に「プロ球団の経営はものすごく大変」と経営面での負担を示し、「楽天、ソフトバンクをのぞく10球団のオーナーがとても古い体質だから、2人とともに12分の3で立ち向かうほどパワーはない」と新規参入企業に対し、歓迎ムードがない球界の体質を指摘。その上で「市民球団のような形で、球団経営していこうという人が現れたら、私も協力していきたい」と協力の意向を示し、周囲から買収を勧められていることも口にした。

[2005/6/26/07:12 紙面から]


確かにソフトバンクの孫さんを見ていると、古い体質との戦いはたいへんそうだなあ、と思いますね。
世界大会を開きたいという主旨にもう少し、協力的でもいいと思うんですが…。

インボイスの社長さんは、
「市民球団型なら、参加したら」
という意見があることを明らかにしていました。
前、「R-30」でソフトバンクでフロントにいる、江戸川大学の助教授でもある小林至さんが言っていたが、日本は球場にかかる費用の負担が大きく、それに加えて、選手の年俸も払っているので、球団の負担が大きく、赤字のところばかりなのだといっていました。
メジャーではほとんどの球場が自治体負担なのだそうだ。
なので、選手の年俸に反映しやすいようだ。(メジャーの経営には他にも要素はあるけどね)
でも、球場に関しては広島の例もあるように、建てるのがたいへん。
維持費まで負担させられるのがいやだというのもわからなくもない。
楽天の場合は球場の改築は確か、県や市はほとんど負担せず、楽天の負担だったのと思うので、選手の補強費がないのかもしれない。(だから、公開練習にまでお金を取るのか。まあ、練習にまでお金を取られたら印象は良くないよね

また、埼玉の所沢で「市民球団型」をおしすすめるのでしょうか?。
まさか、違う地域に移転とか、考えているのでしょうか?。
その辺はわかりませんが。

また、
「木村社長は楽天を例に「プロ球団の経営はものすごく大変」と経営面での負担を示し、「楽天、ソフトバンクをのぞく10球団のオーナーがとても古い体質だから、2人とともに12分の3で立ち向かうほどパワーはない」と新規参入企業に対し、歓迎ムードがない球界の体質を指摘。」
という記事がありました。
私が以前、移転前の「振り逃げプロ野球」の中でこういうことに関するブログを書きました。

だから、いったい、どうしたいんだ!!。

その中で、古い体質の人たちに足を引っ張られる孫さんのことを書きましたが、変えていこうとする姿勢は古いオーナーたちにはないですね。
それが「プロ野球界に進出したい」意欲を欠けさせる要因ですね。
まあ、新しい人には入ってほしくないというのがあるでしょうから。
でも、新しいことをそろそろしていかないと、誰も付いてこなくなりますよ。
ここ20年は維持できても、それ以降は新しいファンを獲得できているかはあやしいし、若い人たちは確実に離れていっていますしね。
まあ、じいさんたちはそれでもいいのでしょうけどね。
私としては、
「プロ野球界には手を出さないほうがいい」
という感想しかいだけませんが。
私は野球ファンなので、古い体質は変わってほしいなあ、とは思いますが…。
まあ、それが期待できない状態ですけどね。

インボイスは野球界に入ってくるのでしょうか?。
それとも今の状態でいるのでしょうか?。
はたまた、撤退するのでしょうか?。
今後が注目されますね。

余談ですが、海外移籍にOKが出ている松坂投手ですが、その約束を西武としていると思うのですが、仮にインボイスになったら(というか西武の身売り自体はインボイス云々というより、確実にありそうですが)、松坂投手は出さないと言い出す気がしますね。
松坂投手はそういう意味でも気になっているのではないかと思います。



よろしかったら、「振り逃げプロ野球」に一票、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/33-dbb90dd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
たかが・・・されどプロ野球! 小林至著
著者の小林至氏は、元千葉ロッテマリーンズ。というよりも東大卒3人目のプロ野球選手という方が有名だ。東大といえば、今のところ(残念ながら)、日本最高峰の学府といわれる(総理大臣を輩出しなくなってから久しい)が、野球では東京六大学という参入障壁のあるリーグに
2005/07/08(金) 12:27:36 | おおた葉一郎のしょーと・しょーと・えっせい
ネーミングライツに関する話
ネーミングライツに関する話を集めていきたいと思います。 情報も募集しておりますの
2005/08/15(月) 20:21:51 | ネーミングライツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。