ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前も書いたように、私はWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)に対して、盛り上がる気持ちはない。
今日(2006年3月13日(日本時間))の朝見た、2次リーグの日本VSアメリカ戦は確かにいい試合で、久々に野球を見て、面白い試合だったけど、それが今後の日本のプロ野球の試合に対する関心につながるかというと、疑問だ。
まあ、でも、今回はWBCの話をしよう。

煮え切らないですね。
この、判定変更はなんかしらける。

歴史的一戦 判定変更に疑問(スポニチアネックス)
九回、西岡のバント処理のミスなどで2死満塁のピンチ。A・ロドリゲスの二遊間への当たりが決勝打となった。米大リーガーがそろう米国との真剣勝負。日本球界にとって、歴史的な一戦はサヨナラ負けに終わった。

 審判員の判定が覆られなければ、日本は勝利を収めていたかもしれない。3―3の八回1死満塁で岩村が左飛。三塁走者の西岡がタッチアップで本塁に突っ込み、1点を勝ち越したかに見えた。このプレーに米国のマルティネス監督が抗議。西岡の離塁が早かったとみなされて、西岡はアウトに変更され、勝ち越しは夢と消えてしまった。

 「投手が持ち味を出してくれれば、接戦に持ち込める」。試合は王監督がにらんでいた通りになった。上原が走者を許しながらも要所で抜群の制球力を発揮。六回に2番手の清水が2ランを浴びて3―3となったが、試合の主導権を終盤まで米国に渡さなかったのは上原の粘りが大きかった。しかし、大リーグのスターが並ぶ米国打線の圧力に、最後は押し切られてしまった。

 ≪判定変更は提訴できず≫米国―日本戦で、判定が覆って日本の勝ち越し点が取り消されたことについて、大会の技術委員を務める横浜の山中正竹球団専務は「アウト、セーフの問題なので、提訴の対象にならない」との見解を示した。

 山中専務は試合直後、この試合を担当した技術委員や審判員スーパーバイザーらに判定変更について確認。その内容を「権限のない二塁塁審が最初にセーフ(離塁が早くない)の判定を出したが、本来は球審が判断するところ。その球審が『早いと見た』ということだった」と説明した。 (共同)


国際試合でこの試合に出ている国、アメリカの審判を使っているのも問題があるね。(4人中3人はアメリカ人審判だったらしいですね)
確かに他の国の審判では世界普及率の低い野球はアメリカなどの野球の盛んな国以外の審判ではレヴェルの高い判定ができないとは思うけど、国際試合としては好ましくない。
ただ、試合を見る限り、これ以外の判定はそんなにおかしくないようには思えた。
ただ、試合を左右する部分での判定が「一度出た判定を覆した」だけに煮え切らない思いが沸く。
まあ、うがった見方をすれば、場所はアメリカだし、対戦相手もアメリカだし、なんとなく、ありえなくない展開。
「そんなもんだろうね」という類(たぐい)のため息しか出ないね。

まあ、他には随所にいいプレーはあったけど、これは一応は、あくまでも国際試合なので、内容より結果を重点においてから、この試合のことを分析しないとね。
中継が終わって、その後の番組に変わったあとの生放送の番組の、
「野球に対しての甘いフォロー発言連発」
のほうがよほど問題だと思ったね。
野球を守りたいのはわかるけど、その姿勢が逆に野球の命取りになるような気がしたよ、というか、以前から、そう思っていたが。
以前のアテネオリンピックの野球日本代表選手の一部の選手の開き直り発言及び、それを叩かないマスコミの姿勢を見てもわかるけど、マスコミの意図がみえみえなのよね。
まあ、長い間の野球とマスコミの歴史の積み重ねによる、癒着(ゆちゃく)関係が断ち切れないためでもあると思うんだけど。
でも、もう、若いスポーツファンにはその意図はある程度、ばれているのだから、しばらくしたら、それも通じなくなると思うよ。
傷が深くなる前にマスコミもうまく、野球との関係を切ってもらいたいね。
テレビ番組も野球に対してのミエミエのヨイショに時間をさかないでもらいたい。

日本のマスコミの野球報道批判が多くなってしまったが、今日の試合に対して、文句言うべきなのでしょうが、もう、言う気にもなれないですね。
国際試合にありがちな「アウェイの洗礼」って、感じもしなくもないし。(他の協議の国際試合にも同じようなことはあるし。まあ、それをいいとは思えないけど…)
まあ、野球の場合、ホーム=ホームだが、アウェイの部分は野球の場合、普段は「ヴィジター(英語で「訪問者の意」=visitor)」というので、野球に「国際試合感」を持ち込むこと自体が難しいことなのだろうね。

まあ、煮え切らない、ということで。
次の試合は日本に快勝してほしいところだが…。

よろしかったら、「振り逃げプロ野球」に一票、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
テーマ:WBC - ジャンル:スポーツ
コメント

メディアの『現状維持そのままでなんとか続けよう』とする姿勢に哀れささえ覚えている今日この頃です。
2006/03/13(月) 20:16:44 | URL | ひろ #-[ 編集]
ひろさん
たいへん、遅くなって、すみません。

>メディアの『現状維持そのままでなんとか続けよう』とする姿勢に哀れささえ覚えている今日この頃です。

こういうマスコミの反応は見ていて、しんどいですね。
今日は韓国に勝ち、決勝に進出しましたが、そんなに盛り上がっていないと思うのに、大げさな物言いをしていましたね。
バレバレなのに、「情報操作できている」と思っているのでしょうか?。
マスコミと野球の癒着(ゆちゃく)関係にも困ったものです。
2006/03/19(日) 22:22:11 | URL | red hot@管理人 #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/326-3daa6b44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。