ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連日のトリノオリンピック中継、見れるときは見させてもらっています。
いいですね、スノーボードのクロスも面白かったし、特にカーリングははまって見ていました。
しかし、その、面白いカーリングをオリンピック中継は民放なんかより、はるかにましな中継をしているNHKに向かって、お馬鹿さん発言をされたスポーツライターがいるそうな。
武田薫氏。

■[五輪][スポーツ][テレビ] 躍進カーリングの隠れた「傑作」(「昨日の風はどんなのだっけ?」さんより。いつも読ませていただいております)

「昨日の風はどんなのだっけ?」さんが紹介されているリンクを貼ります。

■武田薫という世間知らずが「カーリングをNHKは放送するな!」と暴言を吐く。(「世界旅行者「みどりのくつした」と彼の旅行哲学(The Worldtraveller and His Philosophy)」さんより)

■[ジャーナル]【炎上予報】スポーツジャーナリスト、暴言を吐くの巻(「世界の中心で左右をヲチするノケモノ」さんより)

そして、問題の武田薫氏のコラム(一応、リンクはそのままにしておきますが、2006年2月20日の「NHKのカーリング中継批判」の記事は削除されているようです)

まあ、世間との「ずれ」を自覚したうえで「ずれ」ているのであれば別にいいと思うけど、その「ずれ」を自覚しないまま、「ずれ」ているのは痛々しい。
ちなみに武田薫氏はフリーのスポーツライターなので、フジテレビの人ではないが、こういう人を採用しているフジテレビのホームページは問題あるかもね。(テレビ中継に関しては民放ならフジテレビはいいですね。テレビはせっかくいいのに、ホームページでケチがつくとは)
武田薫氏はもともと、野球系統のライターを主にしていると思うのですが、途中まではいいのに、最後の辺でおかしくなったり、全体的にやばかったりする方ですね。
武田薫氏はメディアの中枢からも浮いているけど(どの新聞を見ても同じ記事ということがあると思いますが、その原因が一部中枢にあり、そこを武田薫氏が批判したことがあるため。私個人としてはこの意見には納得しましたが)、今回の件で、今度は一般市民からも浮いていてはライターとして、生きていけないのではないか、と反対に心配してしまうライターだね。

「世界の中心で左右をヲチするノケモノ」さんの批判のほうが的を射ていると思います。
まあ、吉本のくだりや「ヘラヘラ」についてはネタがなかったのでつなぎに書いた感がありますが、それすらもはなはだしく脱線気味なのは救いようがないですね。
そういう、つなぎもはずさないように書いて欲しいものですが。
まあ、それはさておき。

もう一つ、よく見させてもらっている「プロ野球の視聴率を語るblog」さんのところにも武田薫氏のことが書かれていました。

視スレの武田から2chの武田へ(「プロ野球の視聴率を語るblog」さんより)

その中で紹介されていたリンクを貼ります。

野球脳の末期(「Jリーグの観客動員数を語るblog」さんより)

普段は一部でよく使われている「野球脳」という言葉を使わないというこの方も(私もあまり、使いませんが、存在はあるような気もしている)あえて、使いたくなるほどの武田薫氏の暴言。
野球ファンの私ですら、赤面もののダメダメ批評。
茶髪批判なんて、私は以前「ふざけんな!茶髪コンプレックス」や「黒髪強制は遠まわしの人種差別だ」でも書きましたが、遠まわしの「外国人差別」でちゃんちゃらおかしい話しだと思う。
toto批判も然り。
今でこそ、お金が集まっていないけど、集まったお金はサッカー以外でも使われる予定のあるものである。
私はそのサッカー以外の競技への寄付の意味合いを込めてたまに購入している。

>野球脳という病気は、他競技を貶めないと自尊心を維持することができません。

昔、週刊ベースボールを読んでいたとき、バトミントンのことを小馬鹿にしていた記者がいました。
記事を読んだときは憤慨しましたね。
私は卓球をやっていたので、地味な室内競技を馬鹿にされるのはたまらなくイヤである。
野球の奴らは他競技を馬鹿にしないとやっていけない、メディアリテラシー能力の低い、空気の読めない奴が多いというのは野球ファンとして、野球ファンを見かける機会の多い私としても、それはすごく感じていることである。
特にカーリングというスポーツは単調と緊張のあるスポーツで野球にも似ている。
その似ているスポーツに対して、一方は支持し、一方は馬鹿にするという、スポーツを見る能力が低いことを公言していることと同じだし、こういう能力の低いライターがスポーツのことを書いているのはおかしいと思う。
それに、同じスポーツを愛する人間として、他のスポーツ競技を適切な批判ではなく、さげすむような言い方をしている時点で、すでに人間としてどうかな、と思う。
そういうことは心の中で思え。
戸外に出すな。

この「Jリーグの観客動員数を語るblog」さんのエントリーのコメント欄に興味深いことが。

「野球脳の末期」のコメント欄(「Jリーグの観客動員数を語るblog」さんより)

komanetiさんのコメントに、
「その一方で、ヒロシの弟さんのこれはやけに評判がいい。」
と書いてあった。
そういえば、「昨日の風はどんなのだっけ?」さんもリンクを貼っていましたね。ここでも貼ります。

第6回 躍進カーリングの隠れた「傑作」(生島淳さんのコラム)

ヒロシの弟なんだ(笑)、知らなかった。
生島淳さんは「駅伝がマラソンをダメにした」とか「スポーツルールはなぜ不公平か」などの本を書いている方ですが、オリンピックはよく見ている人かもね。
確かに小林宏さんの解説は良かったと思う。

まあ、武田薫氏は速やかに、スポーツライターをやめて欲しいですね。
個人的にはそう思います。
スポンサーサイト
テーマ:トリノ五輪!! - ジャンル:スポーツ
コメント

武田薫、2/20付けの記事を削除しています。
2006/02/22(水) 17:09:38 | URL | ponce #-[ 編集]
ponceさん
情報、ありがとうございます。
削除されていることを付け加えておきます。
2006/02/22(水) 19:28:09 | URL | red hot@管理人 #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/306-2e1b2302
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
間違ってると思うよ、この人
『考えて欲しいNHKのカーリング』武田薫って人はカーリングがお嫌いで「放送すんな」といっておられます。困るんですね、こういう意見は。ウインタースポーツってテレビで放送される事って少ないんですよ、カーリングに限らず。4年に一度くらい放送があっていいんじゃな...
2006/02/21(火) 15:50:28 | トリノ五輪観戦ブログ!
[スポーツ][五輪][本] 『スポーツルールはなぜ不公平か』(生島淳/新潮社)
メダルが取れない云々の話し以外に、やはり日本は冬季オリンピックの人気が薄いというのは、僕たちスポーツ好きは楽しく見ていると気付かないけど、マスコミの反応だけでなく、世間の反応だけ見ていてもやっぱりそのようなことはあると思うんですが、やっぱりこれは豪雪地帯
2006/02/21(火) 17:54:18 | 昨日の風はどんなのだっけ?
なんと、カーリング世界選手権は、NHK-BSで大量中継!
今年3月17日から25日までの9日間、チーム青森の地元、青森市で開催される世界女
2007/02/09(金) 01:16:22 | 余は如何にして道楽達人になりしか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。