ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前、書いた「私のHipHop史(1)海外編」から、だいぶ期間が開きましたが、今回は国内編の前半編を書きたいと思います。

まずは当時、総じて、「渋谷系」といわれていた人たちを中心に紹介します。(マスコミは当時から、「~系」とかいって、くくるのが好きですね)

私がよく聴いていたのはスチャダラパーですね。



「WILD FANCY ALLIANCE」「スチャダラ外伝」「ポテン・ヒッツ~シングル・コレクション」ですが、「スチャダラ外伝」に入っている、小沢健二さんとやった曲「今夜はブギーバック」(小沢健二のアルバム「LIFE」にも別ヴァージョンが収録されている)という名曲があり、当時、「ボキャブラ天国」のエンディングテーマ曲となった。
また、「トラベルチャンス」という曲には東京スカパラダイスオーケストラやTOKYO No.1 SOUL SET、脱線3(トリオ)などの豪華メンバーが参加していた。
当時から、マイペースでいい活動をしている人たちですね。
現在もマイペースな活動をしており、電気グルーヴとも共演している

次はTOKYO №1 SOUL SET。



HipHopではあっても、なんとなく、詩人という感じのするグループでしたね。
つい最近、活動を再開されたと聞きます。

今度は脱線3(トリオ)。



彼らも当時から異彩を放っていたグループですね。
曲もユニークなのが多いです。
この「バチルカ」というアルバムではバッファロー吾郎、松口VS小林(現在は松口さんはハリガネロック、小林さんはケンドーコバヤシとして活動)やスミス夫人(現在は一人は活動を停止され、なだき武さんはザ・プラン9で活動中です)と石野桜子さん(現在は二葉桜子さんという名前で活動中)が参加した貴重な曲があったり、「恐怖の暗号やしきたかじん」という曲では、
「スケボー乗っている 桂米朝」
というレリック(歌詞)があったりして、想像すると少し笑えるが、米朝師匠がスケボーをしている絵を想像すると、想像でも、
「師匠、危険ですから、やめてください」
と、注意したくなりますね。
今も所属は吉本興業なのかはわかりませんが、当時、吉本所属ということで、いちいち「ミュージシャンである」ということをことわっていました。
結構、めんどくさかったのではないかと想像されます。

次はECD。



「WALK THIS WAY」と「ECD」というアルバムがお勧めですね。
ECDは私が日本のヒップホップで一番、影響を受けたアーティスト、ラッパーですね。
どちらのアルバムにもきわどいレリックが出てきますね。
具体的にどういう内容かは書かないほうがいいくらい、結構、踏み込んだ内容でしたね。
「ECD」の中には「漫画で爆笑だ」という曲があり、これは聞きやすいと思いますよ。
また、ECDだと「ホームシック」というアルバムに手が行きがちですが、私は個人的にはあまり、良くない内容だったと思っていますので、私個人としては買わないほうがいいアルバムだと思っています。

次はかせきさいだぁ。



かせきさいだぁも独特の存在だと思います。
「さいだぁブルース」が好きですね。

最後はあまり聞いたことがないのですが、元はパンクでのちにレーベル「メジャー・フォース」にて多くのヒップホップのアーティストをプロデュースすることとなる、高木完さんです。



気になったり、興味をもたれたら、聴いてみてはいかがでしょう。(無理にとは言いませんが…)

また、書き足すことがあったら、書き足すかもしれません。

それと、私自身はあまり、聞かなかったのですが、これくらいの時期のヒップホップアーティストとそのアーティストの代表作をリンクしておきますので、興味があれば、覗いてみてください。

スポンサーサイト
テーマ:Hip Hop - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/293-77f7bf88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。