ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本陸連は陸上のことを本当に考えているのでしょうか?。

移転前の「振り逃げプロ野球」の「駅伝の是非」「今日は広島で都道府県男子駅伝です。」の中でも書きましたが、選手の酷使や、陸連にとっての利益優先的な感じが以前から感じていることです。
育てようとか、バックアップしようという姿勢は以前から感じられない組織ですが…。

そのうえ、今回の大失態。
陸連大失態 三津谷の代表取り消し 来月11日までの成績で再選考(東京中日スポーツ)
日本陸連は17日、東京都内で臨時理事会を開き、8月の世界選手権(ヘルシンキ)男子一万メートル代表に選出していた三津谷祐(20)=トヨタ自動車九州=の代表を取り消し、選考結果に抗議していた大森輝和(25)=くろしお通信=とともに、今後のレース結果を見て選考し直すことを決めた。

 前代未聞のドタバタ劇だ。陸連は当初、B標準記録を切って日本選手権を制した三津谷を代表に決定。しかし、選考基準で優先順位が上になる「A標準を突破して同選手権で上位入賞」をクリアしながら、選考から漏れた大森サイドが、陸連に抗議していた。

 理事会では、現時点でどちらか1人を代表とすることは「納得を得られない」と判断。来月11日までに2人が一万メートルのレースに出場し、その結果によって判断することにした。

 最高意思決定機関が、一度決めた代表を取り消すという大失態。沢木啓祐強化委員長は「選考基準の解釈が、現場の共通認識になっていなかった」と釈明した。陸連は日本選手権の結果を最重要視していたが、その考えが選手、監督にまで浸透していなかったことに混乱の原因を求めた。

 一方で、桜井孝次専務理事は「日本選手権重視としながらも、それに基づかないような(選考基準の)文言もあった」と選考基準の不備を認め、「強化委員会の責任を問う話も出た。(河野洋平)会長とも相談して対処したい」と話した。 (井上学)


長距離でも基準があいまいで高橋尚子選手などの有望選手が出られなかったりしているのに、いっこうに変えようとしない。
選ばれる基準があいまいだったら、選手の調整にも響くだろう。
とりわけ、体を酷使するスポーツなのに…。
何で、こんな体質なんだろうね。
こんなんじゃ、やってらんないと思うよ。

陸連にいいたいのは、はっきりとした基準作りとちゃんとしたデータの監視ですね。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/26-86890173
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。