ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はエキシビジョンの放送がありましたね。
テレビ朝日の放送は何かと評判が悪いですが、確かに落ち着いてみれませんねぇ…。
まあ、なるべき気にしないようにしましたが、放送は何とか、改善してもらいたいですね。

昨日の試合の録画は私自身は忘れていました。
FC東京のヒロミ(原博実監督)のサポやファンにお別れのセレモニーがあり、私は広島在住なので、見に行けないので、レポートを書かれた方たちのブログなどを検索し、読むことに夢中になってしまい、忘れていました。
母が機転を利かして、録画してくれていたおかげで、昨日のフリーの演技は見ることが出来ました。

男子からいきます。

高橋3位!日本人初表彰台/フィギュア(日刊スポーツ)
<フィギュアスケート:GPファイナル>◇2日目◇17日◇国立代々木競技場

 五輪代表1枠を争う男子は、高橋大輔(19)が日本人男子初の表彰台となる3位入賞。織田信成(18)は4位のままだった。

 強気な姿勢が実を結んだ。高橋は最初に、NHK杯では自信のなさから外した4回転ジャンプに挑んだ。「上がった瞬間にいけると思って、余裕を持ちすぎたのがいけなかった」と転倒はした。だが、ショックを引きずる昨季までの姿とは違った。「練習でもこけているんで、普段と変わらずにできた」と前向き。完ぺきではなかったが、その後はすべてのジャンプを回りきった。GPファイナルで日本人男子初の表彰台に立ち、笑みを振りまいた。

 昨季途中まで、トリノ五輪への出場は「別に良いかなぁ」と思っていた。だが、五輪枠がかかった今年3月の世界選手権。本田の負傷棄権で1人で戦い、重圧からフリーだけでは18位に沈んだ。2枠を確保できず責任を感じた時「絶対に行きたい」という強い気持ちが芽生えた。5月にポルトガル合宿で陸上トレに励み、「帰りたかった」というほど厳しい練習に耐えてきた。

 織田と争うトリノ五輪の男子1枠。同じ関大の後輩より1つ上の順位につけて、また1歩リードした。「勝ったことはうれしいけど、まだ次(全日本)がある。ここではあまり喜ばない。全日本で勝った後に、喜ぶ」。歓喜の時は間近に迫った。

[2005/12/18/09:07 紙面から]


高橋大輔くんはフリーは後半、巻き返して、3位。
よかったですね。
織田くんは精彩を欠いてしまったが残念でしたね。
NHKのときはよかっただけに、悔やまれます。
枠が一つしかないのは残念ですが、これを高橋くんを責めるのはやめてほしいですね。
枠は枠ですし。
ここにきて、男子のレヴェルアップはすごいですね。
高橋くんと織田くんの競争という感じかなあ。
男子も誰がオリンピックに出られるのかが楽しみになってきました。

今度は女子です。

真央が初優勝、女王撃破/フィギュア(日刊スポーツ)
<フィギュアスケート:GPファイナル>◇2日目◇17日◇国立代々木競技場

 15歳の天才少女が、ついに世界の頂点に立った。浅田真央(グランプリ東海ク)が、ショートプログラム(SP)に続き、フリーでも自己ベストを更新する125・24点をマーク。今季無敗だった女王スルツカヤをおさえ、合計189・62点の自己最高記録で完全優勝を遂げた。しかし、国際スケート連盟(ISU)のチンクアンタ会長が、年齢制限で五輪出場資格のない浅田に対し、特例措置を適用しないことを明言。トリノ五輪への夢を絶たれた浅田だが、五輪前に世界一の実力をアピールした。

 158センチ、38キロの小さな体が、誰よりも大きく見えた。横に女王スルツカヤを従え、表彰台の真ん中に、浅田が立った。「今日は100点満点です」。トリノへの道は閉ざされたが、15歳の天才少女は、この日、氷上で誰よりも輝いた。GPシリーズ初参戦の今年、わずか3戦目。今年11月のGPフランス杯でも優勝しているが、今回は、世界のトップ6が集うグレードの高い大会。優勝の意味が違う。文字通り世界の頂点に立った。

 得点が出た瞬間、1万人を超えた超満員の観客がどよめいた。189・62点の高得点に、浅田の名前の横には「1」の数字がきれいに輝いた。君が代が流れ、スポットの真ん中に浅田がいた。しかし快挙にも「スルツカヤに勝てるとは全然思わなかった」と、あっけらかんと笑った。

 ジュニアの世界タイトルを総なめにした浅田も、さすがにこの日は緊張した。世界で初めて2度のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を跳ぶことを明言していたが、滑走直前に止めた。「名古屋での練習では1度も成功していなかった。少し不安になった」。トリプルアクセルは、最初の1度だけ。それを見事に成功させ、秘策を封印しても、SPで5・48点だったスルツカヤとの差を、8・14点差まで開く圧勝だった。

 機械のように正確無比で、高いジャンプが、浅田の最大の武器だ。「すべてのジャンプが決まったのがうれしい」。演技後半は、ジャンプで着氷すると、勝利を確信したように何度もガッツポーズを繰り出した。11度のジャンプはすべて成功。この日はくるみ割り人形を演じるため、母と相談し、バレエのように髪をアップに束ねた。技術だけでなく、表現力を示す5項目も、この日はすべて7点台の高得点を記録した。

 快挙にも、トリノ五輪への道は、この日、完全に閉ざされた。過去には、92年アルベールビル五輪銀メダルの伊藤みどりさんが、14歳で84年サラエボ五輪出場を目指し、最後の選考大会で結果が出せず、夢がかなわなかったことがある。その時のコーチが、今の浅田の山田満知子コーチだ。その山田コーチが、育てた文句なしの世界一。トリノへの夢はかなわなかったが、浅田はまっすぐ前を向いた。「バンクーバーに出られればいい」。その未来には、十分に金メダルが輝いている。【吉松忠弘】

[2005/12/18/09:08 紙面から]


本題から少しずれますが、山田コーチはすごいですね。
女子フィギュアは伊藤みどりさんが確か、小学生くらいから見ているのですが、私は小学生で「ズームイン朝」で伊藤みどりさんを追いかけているのを見ていました。
そして、今もコーチをしていますね。

本題いきます。
真央ちゃんはすごいですね。
確かに今、女子で日本の一番いい素材なのは真央ちゃんだと思います。
国際スケート連盟は年齢制限は医学的理由で決めたので、変えられないといっていて、日本スケート連盟も特別何か言うということはしないと決めたそうだ。
アジアはこういうのに、なめられている傾向があるので、柔らかい口調でいいので、少しは「特例として出して」といってもいいんじゃないかなあ、と思ったけど、まあ、そこまで、オリンピック、オリンピックって言わなくてもいいのではないか、と思うけどね。
こういう採点方式の競技はただでさえ、採点する人の好みが出てしまう傾向があるので、余計にこだわるのはなあ…、と思う。
それに将来はプロ転向という道もあるし。
まあ、確かに悩んでしまうところですが、私も含めて、外野がうるさいのはよくないのかなあ、と思ったりもします。

それと、美姫ちゃんなんだけど、今の採点方式はもともと、彼女のようなタイプには合わないのだけど、それでも合わせてきたなあ、レヴェル高いなあ、というところを見せてきていますね。
近頃はアメリカ人のコーチ、ジェンキンスさんとともにやって、表現力を鍛えた成果は見えていると思います。
フリーは攻撃的姿勢を見せての失敗なので、まだいいかなあ、と思いますが、膝を痛めたという噂も聞くので、心配でもあります。
もちろん、彼女もレヴェルが高いので、オリンピックには出てほしい選手のひとりでもありますね。

それと、中野友加里さん。
友加里さんをNHKのときにはじめて知った人も多かったと思うのですが、彼女ももともと、高いレヴェルの選手です。
今回の大会のショートプログラムでは採点が厳しすぎるのが残念でしたが、知名度が低いのもあるのかもしれませんが、選手によっては採点が厳しくなってしまう選手(同じことをやっていてもわかりやすく見える選手とそうでない選手がいるような気がします。社交ダンスを見ていても思いますね。また、審判の近くでいい演技をするというテクニックが使えるようになるといいというのもあるのかもしれません)もいるのですが、でも、気の毒でしたね。
フリーもほぼノーミス。
彼女の得意のドーナツスピンも決まり、いい感じです、
今後、もっと、伸びるのではないか、と期待しています。

しかし、女子はライバルが多すぎますね。
今回の美姫ちゃん、真央ちゃん、友加里さん以外にも、総合力の荒川静香さんや演技の美しさ、きれいさではトップクラスの村主さん、アグレッシブなスケーティングがすばらしい恩田さんなどいて、ものすごい状態です。
本当、誰が出てもおかしくないのです。
今回の採点方式にとても向いていると思われる、太田由希奈さんがケガでトリノを断念したのがとても、悔やまれます。

女子は3枠です。
誰が出場できるか、本当に見ものだと思います。
スポンサーサイト
テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ
コメント
こんにちは
こんにちは。いつもありがとうございます。
素晴らしい演技、フィギュアスケートの世界レベルの試合はいつみてもいいですね。
個人的にはスルツカヤさんの演技が最もよかったと思ったのですが、それとこれとは別。スポーツの世界はもっと力や技や美しさを純粋にぶつけ合う場であってほしいと思っています。純粋に強く・美しく・素晴らしい世界最高の試合や演技をしたり見たりする機会を一部の利害関係者が奪ってしまうことがないようにしてほしいと思っています。特にマスコミが頼りにならない日本ではブログで意見を届けることは大切だと思うんですよ!
またよろしくお願いします。
2005/12/19(月) 21:23:36 | URL | SEABLOG #L8Z52uj2[ 編集]
SEABLOGさん
こんばんは。
いつも、ありがとうございます。

フィギュアスケートは本当、いいですね。
私も昔から好きで、見ています。
スルツカヤさん、よかったですね。
素晴らしかったです。

>スポーツの世界はもっと力や技や美しさを純粋にぶつけ合う場であってほしいと思っています。純粋に強く・美しく・素晴らしい世界最高の試合や演技をしたり見たりする機会を一部の利害関係者が奪ってしまうことがないようにしてほしいと思っています。

本当、そうですね。
いろんな利害関係がありますし、邪魔をしているときのほうが多いですからね。
そういうのに邪魔されて、力が発揮できないのはイヤですね。

マスコミは目先の話題性だけに飛びつき、本質から目をそらすことが多いですし、見ている人の中にも本質を見失って、選手のほうに批判の目を向けてしまう人も多いですね。
そういうのを見ていると、本当に情けない気持ちになりますし、こういう誤解は解きたいと思いますね。
ブログが頼りにならないマスコミやマスコミの動きだけで本質を見ないで批判する人に対しての監視であったり、意見を言う場であり、力をある程度もてることが大切だと思います。
2005/12/21(水) 22:34:10 | URL | red hot #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/253-1304cc50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
サンパウロ優勝!とフィギュアスケート
サンパウロがリバプールを破って優勝デス!サッカーではよくあること、と言ったらそれまでですが・・・支配することと、勝つことがいつも=なわけではないと。サンパウロの勝因は、準備と守備ですかね。リバプールのサッカーのタイプを、十分に知ったうえで有効な守備をして
2005/12/18(日) 23:25:31 | Sports&Wine&Music
感動!!!
15歳の真央、かれんな舞いで頂点へ-。今日の夜は、TVに釘付けでした。本当に優勝してしまうとは・・・ それも、世界女王のイリーナ・スルツカヤに、8点以上の差をつけての優勝です。すごい! 浅田真央
2005/12/19(月) 00:44:58 | フリーター・ニート革命
世論は石頭を動かせるのか?
フィギュアスケートのグランプリファイナルで浅田真央選手が優勝しました。正直スルツカヤ選手には敵わないと思っていましたが、スルツカヤ選手がSPで失敗するなどやや精彩を欠いたの
2005/12/19(月) 15:09:21 | ノーリーズン再び
ルールは変更されるもの(フィギュアスケートも同じ)
 フィギュアスケートの浅田真央選手がオリンピック出場するための年齢制限に関して問題になっている。日本人特有のルールはルールという発想が海外の常識とマッチしていないことを考えるときだ。
2005/12/19(月) 20:51:30 | SEABLOGスポーツ
シンガポール スポーツ界の国民的(?)ヒロイン
浅田真央選手が年齢制限で五輪にでられないのは残念である。でも、彼女が日本スポーツ界の新しい国民的ヒロインになったことは間違いないと思う。それにしても、次から次にヒーローやヒロインがでてくる日本のスポーツ界、見ていてとても楽しい。一方、お勉強ばかりのシ....
2005/12/20(火) 10:55:48 | しゃべるマーライオン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。