ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の夜、訃報を聞いて驚いた。
体調が良くないという話は聞いていたが、監督を引き受けて、1年間やっていたので、監督を辞めて、しばらくもしないのに、こんなニュースを聞くとは思わなかった。
ただただ、残念な話です。

私は仰木監督は監督として、好きな監督でした。
ホームページのみの時代の「振り逃げプロ野球」の日記にも仰木監督のことを書いたことがあります。

2004/12/15 仰木監督はいい監督

仰木監督は当時の野球界では革新的過ぎて受け入れられなかった立花龍司さんのような、合理的トレーニングと肉体管理などに長けた、コンディショニングコーチの意見と聞き入れて、取り入れた方です。
立花さんが球界に入る前に日本ハムはダイエー(当時。現、ソフトバンク)にいた手塚一志さんというコーチがいたのですが、この方は当時のトレーニングやコンディショニング方法が受け入れてもらえず、失意のうちに球界を去った人がいます。
手塚さんはその後は選手と個人的に契約してコンディショニング管理をされています。
手塚さんも仰木監督のような方と出会えていたら、少しは違ったのかもしれませんね。

また、ご自身がたいへんな遊び人であった。
選手時代は遊び人だったのに、それを棚に上げて、選手に厳しくする指導者も多いのですが、仰木監督はそんなことはなく、ご自身も遊びに関しては現役であったし、選手たちにだけ節制させるようなことはなかった。
ホームページ時代の日記に野村さんの名前が出てきますが、私は野村さんがあまり、好きではなく、パリーグの人気に大いにマイナス要因となった人だと思っている人です。
野村さんは自分のことを棚に上げて、選手に接している印象があるのです。
野村さんの現役時代だって、人のことをいえないのに、えらそうにしているのはなんか、ちょっとなあ、と思うことも多いし、プロ野球が余興の要素が強い時代の頃ですら、観客に見せることを重視しない采配は一野球ファンとして、とてもイヤだった。
その点、仰木監督は選手にとってはきついことを押し付け、選手起用に情のない方ですが、野球を見ている観客にはおもしろく、パフォーマンスの高い野球を見せるために、シンプルかつクレバーな采配をされる方です。
野村さんのほうが監督として評価が高いような気がするのですが、私は仰木監督こそ名将だと思っています。

それと仰木監督は選手の持ち味を壊すようなことはしない監督だった。
野茂やイチローなんて、仰木監督のような人でなければ、フォームを変えられて、潰されるのがオチだったかもしれません。
そこをスケールを大きく、下手に触ることをせず、持ち味を生かした仰木監督のやり方はすばらしかったと思います。

人当たりのイメージではやさしそうに見えるが、私はこの人は「怖い人」というイメージである。
まあ、すこし、「そちら方面」の顔をされていますが、そういう意味ではなく、この人を怒らせてはいけないというオーラを感じる人でした。
確かに現役時代は豪放磊落(ごうほうらいらく)なチーム、西鉄ライオンズの選手であったこともあるのかもしれませんが、それを差し置いても「怖い」というイメージもあります。
また、選手と間をおいた付き合いをしていたなあ、という印象もあります。
選手を見るときに私情をはさまない感じがしたし、もちろん、選手のプライベートのことにもかかわらないという感じがしました。
私の仰木監督のイメージは「孤高」ですね。

仰木監督といえば、10・19を思い出しますね。
あの試合はすごかった。
1988年10月19日、ダブルヘッダー、一試合でも引き分けたら、優勝はできないという緊迫とした状況の中、試合が進み、2試合ともが名試合となりました。
その翌年、3チームが勝率1厘差という、とんでもない状態で優勝して、日本シリーズで3連勝後、加藤哲郎選手の、
「巨人はロッテより弱い(本当はそんなことは言っていません)」
発言後、4連敗で日本一を逃す。
こういう劇的で豪快な出来事と、数少ない無骨なチームカラーを持っていた近鉄というチームと個性的な選手、そして、その現場には仰木監督、本当にびっくりするほど、すばらしいマッチングであったことを感じます。

「とくだね」で小倉さんが、仰木監督のことを、
「パリーグを盛り上げた人」
とおっしゃっていました。
野村さんのせいで人気が来るのが遅くなったが(しつこくいって、すみません)、仰木監督のおかげで、少しはパリーグの認知度をあげることが出来たと、パリーグファンだった私は思いました。

とにかく、思い入れの強い方で、プロ野球の監督は仰木さんのような方が好きなので、こういう監督が増えるといいな、と思わせる監督さんでした。

ご冥福をお祈りします。

よろしかったら、「振り逃げプロ野球」に一票、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ
コメント

お久しぶりです。私、オリファンだったんですよ…
一時期機関誌もとっていたほどです。
監督さんのご逝去を受けて、95年のリーグ制覇、翌年の日本一など
色んなことを思い出しました。
あの笑顔が浮かぶだけに余計に悲しいですね。

野村監督…私が好きだった鈴木平さんはこの人の下で干されて、
仰木監督(正確には山田コーチ)の下で開花しました。
だから、いいイメージがないです。
2005/12/24(土) 10:57:48 | URL | iroha #-[ 編集]
irohaさん
たいへん、遅くなって、すみません。

仰木監督は本当にすばらしい監督だと思います。
ご自身が遊び人だったので、自分を棚に上げることなく、選手たちを自由にさせていたので、本当に大人な監督だなあと思っていました。

野村監督を評価する人は野球自身を楽しんでみていない人だと思います。
選手ならまだしも、見ている野球ファンは野村さんを評価すべきではない、と思うくらい、(まあ、人の勝手なのですが…)私はお客さんが楽しめない野球をする野村監督を評価できませんね。
2006/01/02(月) 22:31:26 | URL | red hot #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/250-bcb386b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
仰木監督の死
ニュースを見てびっくりした。体調がすぐれないとは聞いていたけどまさかこんな急にお亡くなりになってしまうとは・・・野球の監督として能力も情熱もあってでもエンタテインメントとしてのプロ商売をよくわかってて俺は好きな監督でした。間違いなくイチローや野茂が育つべ
2005/12/16(金) 21:20:12 | @L@ MOVIE
名将の訃報・・・【たのんまっせ仰木監督】でぐぐる
あまりにも突然なニュースに「どちらの仰木さん?」と思いきや仰木監督だは・・・・名将がいなくなるのはとても残念です。と言う事で【たのんまっせ仰木監督】をグーグルイメージでぐぐるはぁ~残念だ
2005/12/16(金) 22:45:44 | 無料検索ゲーム ぐるぐるグーグル
<訃報>仰木彬さん70歳=前オリックス監督
Excite エキサイト : 社会ニュースExcite エキサイト : スポーツニュース<訃報>仰木彬さん70歳=前オリックス監督 [ 12月15日 23時18分 ] ちょうど、ドラマ“大奥”を見ている時、“死の影が立ちこめてまいりました・・”みたいなナレーションの後ぐらいに、この訃報の
2005/12/16(金) 23:15:57 | ベースボール短編集
仰木彬氏、死去
仰木オリックス前監督が急死死因は肺癌だそうです。ついに、仰木さんも逝ってしまいましたか。最近、死のニュースが多い気がしますが、嫌ですね。かくいう僕のブログも、2度連続で死にまつわることを書いてしまっているんですが・・・。さて、仰木さんといえば、野球ファン
2005/12/17(土) 01:18:38 | no title
マジックは永遠に
スカパー経由日テレNEWS24より。仰木カントクが死んじゃったらしい。パンチパーマが似合う最後の野武士。日の丸大リーガーの活躍はこの人なしでは有り得なかった。シガラミや既成概念を超えて、この国に"見せる"野球をしっかりとやってくれた、名演出家であ....
2005/12/17(土) 02:21:00 | I LIVE FOR THIS by "j"eter
涙、涙・・・仰木さん
好きな著名人が亡くなっても、涙を流す事なんて殆どない。でも過去に一度だけあったっけ。それは。。。広島カープのストッパーだった津田恒美投手が脳腫瘍で若くして亡くなった時。あの時は何故だか涙が止まらなかったし、今でもその関連本を読むだけで泣けてくる。...
2005/12/17(土) 09:03:57 | 『鬱でも走る!-うつの独り言-』
仰木彬さん天国へ
近鉄バッファローズやオリックスなどで監督を務め仰木マジックと呼ばれた仰木彬さんが昨夜に死去した
2005/12/17(土) 13:21:56 | 芸能&スポーツ瓦版
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。