ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まずは新聞記事から。

肖像権「野球カード」で選手会が提訴
日本プロ野球選手会(古田敦也会長=ヤクルト)が日本プロ野球組織(NPB)と係争している選手の肖像権の帰属問題に関し、これまで裁判の対象としてきたゲームソフトとは別に、新たに野球カードを争点とする訴えを東京地裁に起こしていたことが17日、選手会の顧問弁護士によって明らかになった。ゲームソフトはNPBがメーカーと契約したが、野球カードは各球団がそれぞれメーカーと契約しているため、今回は各球団の選手会の役員が所属球団を訴える形となり、楽天とソフトバンクは除かれている。選手会の山崎弁護士は「選手会がライセンスを持ち、球団には権限がないことを確認したい」と語っている。
[ 2005年06月18日付 紙面記事 ]


つまり、肖像権の権限を球団から、選手個人に移してくれということ。

気持ちはわからないでもない。
球団に肖像権が行って、選手にお金が回ってこないこともあるだろうから、気分はよくないだろう。
それにこのほうが話が早いのもあるだろう。
また、権利を主張するのも悪くない。

しかし、なんか、いやな感じだ。
他のことをちゃんとやっているのなら、これもすんなり受け入れて見れる話だが、プロ野球界の場合は他のスポーツから見てのバランスの問題として、今は合わない状況のような気がするからだ。
これは私が移転前の「振り逃げプロ野球」の時から、ずっと言い続けていることだが、日本のプロ野球界はマスコミの保護を受けている。
この移転前からのこのブログのコンセプトである、「アテネの一件」での一部の選手の開き直り発言。
それを叩かないマスコミ。(他の選手は叩くのに)
それに選手も頼っている。
プロ野球の選手会は一部の選手にだけ有利にできている。などなど。
以下、移転前の「振り逃げプロ野球」で書いたブログのリンクを羅列します。

日本スポーツ界の中でプロ野球選手の年俸は妥当なのか 日本のスポーツの貢献度で考えてみた

プロ野球の契約更改に記者会見はやめるべき

上原問題(コメントの部分も読んでいただけるとありがたいです)

古田が「ドラフト改革にメスを」と言っている

元プロ野球選手が買春禁止法違反で逮捕

プロ野球選手は恵まれているか?否か?

プロ野球界出身者で一番最悪な事件を起こした男の話

プロ野球年俸の平均年俸が調査開始以来、初のダウン

それと、今回の肖像権に対しては野球界をいいイメージで書いてきて、ずっと、野球界に貢献してきた漫画家、水島新司さんのかかれる漫画にまで、肖像権が及んできました。
これは選手会ではなく、日本野球機構が言ってきたみたいだが、長年、野球界に貢献してきたので「特例」を認められていた水島先生だが、「ドカベン プロ野球編」からあたりから、請求し始めたようです。
ほとんどの方はご存知ではないかと思いますが、水島先生は阪神ファンです。
その阪神ファンの水島先生はパリーグ中心の私が大好きだった(あくまで過去形)「あぶさん」を愛情豊かに描かれていた。
今、私はあまり、水島先生の漫画は買っていませんし、ネットで見る限り、
「近頃の水島新司の漫画はおかしい」
と書かれているのをよく見かけます。
水島先生はパリーグの選手に自腹で賞金を出している時期もあったと聞きます。(昔はパリーグの貧乏ぶりはひどかったそうです)
それくらい、野球界に愛情のあった先生。
今、漫画がおかしくなっているのは野球界に対する、怒りと絶望のせいかもしれないと、私は勝手に思っていますが…。

もちろん、私もお金は好きだ。
できることなら、お金はたくさんほしい。
でも、それがなかなか、むずかしい。
そんな中、生活をしている。
それと、以前、ここの「選手とファンとの距離とスタンス」の中でも書きましたが、
「今の野球界はサッカーほど「国民的関心事」になるアイテムもないですしね。」
と書きましたが、もう、野球は国民を鼓舞させる役割をあまり果たしていないのではないかと思う。
過去の貢献は否定しないし、野球で日本の働き盛りの人たちは頑張れたと思うけど、今は違うような気がする。
その位置にいて、お金の主張では、肝心の野球ファンからもにげらるのではないか。
こういう職業はイメージって大切だと思うし。
プロ野球界、選手会、共に真剣にこのことを考えてほしいと思いますね。

「あぶさん」はこのころが好きですね。








よろしかったら、「振り逃げプロ野球」に一票、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/25-629f7c9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
いいのかい?
Excite肖像権「野球カード」で選手会が提訴 日本プロ野球選手会(古田敦也会長=ヤクルト)が日本プロ野球組織(NPB)と係争している選手の肖像権の帰属問題に関し、これまで裁判の対象としてきたゲームソフトとは別に、新たに野球カードを争点とする訴えを東京地裁に起こ
2005/06/23(木) 13:56:26 | net jack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。