ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんな記事を見かけました。

日本ハムに高校教諭の異色スカウト(スポニチアネックス)
日本ハムが、プロ経験のない現役高校教諭の、球団スカウトとしての招へいを検討していることが11日、明らかになった。球団幹部はスカウト部門改革の一環として「現役を辞めてスカウトになるのではなく、プロのスカウトとしての人材が欲しい」と、アマ球界関係者数人をリストアップ。新潟県立西川竹園高で体育の指導に当たっている大淵隆氏(35)を最終候補に絞り込んだ。

 大淵氏は十日町時代に甲子園出場経験はないものの、早大進学後、4年秋のリーグ戦で三塁手としてベストナインに選出されるなど、1学年下の巨人・仁志らとともに強力内野陣を組んだ。早大卒業後は社会人の日本IBMに所属し、引退後に故郷で教職に就いた。

 西川竹園には野球部が存在せず、現在、大淵氏は野球の指導には直接携わってはいない。しかし、過去に少年野球チームを率いてキューバ遠征を行うなど、アマ球界での豊富な経験と、幅広い人脈による情報収集能力にたけている。須永、ダルビッシュ、陽仲寿(ヨウ・チョンソ)ら、ここ数年で注目選手を続々と獲得した日本ハム。異色スカウトの加入により、球団が掲げる「スカウティングと育成の強化」をさらに推進する。
[ 2005年12月12日付 紙面記事 ]


プロ野球経験のない、しかも、現役の高校の先生がプロ野球のスカウトになるらしい。
しかし、日本ハムのいろんな人材を探していますね。

プロ野球選手の経験がなくて、それでいて、名スカウトといえばカープ、オリックス、日本ハムなどのスカウトをやっていた、木庭さんという優秀なスカウトの方がいました。
特に、カープ時代はカープ黄金時代を支える選手をたくさんスカウトしたのが木庭さんです。
なので、プロの経験はあまり、関係ないのかもしれません。

「名スカウトはなぜ死んだか?」という本の中で、阪急のスカウトだった人に愛知県の球場のスタッフに人が、
「中日のスカウトに行っても聞く耳を持ってくれない」
というS.O.Sに近い訴えがあったという話が書かれていました。
各地に「野球通」の人がいて、現地の高校生にくわしく、プロ野球のスカウトの人はその人からの情報も生かしていると聞きます。
プロの選手になったことはなくても「目利き」というのはいるようです。

まあ、日本ハムのスカウトに本当になるのか、現段階ではわかりませんが、優秀な人材であれば楽しみですね。

木庭さんのことが中心に書かれている、後藤正治さんの「スカウト」という本です。


よろしかったら、「振り逃げプロ野球」に一票、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/247-7f953f8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。