ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウエンツがいる今の位置づけや「枠」は、

「芸人ではないが、お笑い、バラエティに本格的に首を突っ込んでいるアイドル系」

の位置にあると考える。

ウエンツ最大の対抗馬はやはり、若槻千夏だろう。

踊るさんま御殿で、ウエンツの痔主発言に触発されるように若槻が、

「私も痔だ!」

といって、

「俺(私)のほうがつらい」

的なことを言い合っていた。

特に、現役のグラビアアイドルである、若槻が言っていいのか「痔」発言。

まさに、ウエンツと若槻、ポジション争い中である。

ウィキペディアでのエピソードも豊富。

ウィキペディア ウエンツ瑛士

ウィキペディア 若槻千夏

特にウエンツはウィキペディアでも笑いを取っている(笑)。

第9回しりとり竜王戦・予選(「R"sM」さんより)

しりとり竜王戦にも参戦。
個人的にはダブルブッキングの川元さんにはまった。
「ガッカリな言葉」というテーマには
「旅行に行きたいのだが鎖に繋がれている」
とか、
「いい人なのだが作物に害を与える」
なんて、本当に最高!!。
まあ、それはともかく。
思ったよりは健闘していたみたいですね。
(場の雰囲気を乱し、迷惑をかけていた、とある芸人さんに対する私の評価は、私がもう一つ持っている、お笑い中心のホームページ「PENTREF MOR」の中の「過去の「お笑いについてのコラム」」より「2丁目劇場の幻 2004年9月11日 (土)」に書いてあります)

若槻は広島の放送はまだ先だが、「アメトーク」のゲストとして、おもしろかったらしい。
激しく見たいが、広島ではまだ先…。

ウエンツ来てるんか?(「どうなってるの?」さんより)

ダウンタウンDXでの話。
若槻の番なので、若槻が話していると、そこに割り込んでくるウエンツ。
一喝する、若槻。
IQサプリでゲストに来た若槻にウエンツが絡もうとするが、最後のほうは完全、無視されたり。
若槻の巧者ぶりを発揮しているように思う。

最近の若槻はバラエティではなかなか、よいのではないかと思う。

一時期、とある女性タレントと芸風がかぶるもではないか、と、いわれていたふしがある。
以前は若槻の実力が分からなかったので、分析していなかったが、今は、そのとある女性タレントが、とあることで、テレビにあまり、出なくなっている昨今、若槻はさらに進んでいる。
そのとある女性タレントとは違うということが証明されてきたのではないか、と思う。

昔、電波少年という番組で、元COCOの羽田恵理香さんと宮前真樹さんが何の企画は忘れましたが、海外に行っていました。
バラエティに合う羽田さんはそれなりにバラエティとして成立するVTRを仕上げていたのに対し、宮前さんはキューバで揉め事に巻き込まれ、小さくではあるが、新聞に載ってしまう。
これでは笑えない。
のちにこのことをラサール石井さんが、
「お笑いに向いていない人がこういうことをやると、笑いにつながらないこのになってしまう場合がある」
と言っていた。
笑いにつながらないハプニング。

宮前さんの場合は宮前さんが悪いわけではないので、ただただ、気の毒な話だが、お笑いに向いていない宮前やとある女性タレントは笑いにつながらないハプニングになり、羽田さんや若槻はそんなことはない、というところで、すでに若槻はとある女性タレントとはかぶっていないことが証明されている可能性が高い。

今後のウエンツと若槻のポジション争いが気になるところだ。

しかし、若槻も「ごくせん」ではいい役で出ていたのに、なんだかねぇ。
近頃のアイドルはいろいろ、やらなくてはいけないから、たいへんですね。



私はウエンツのことが気になる

1.ウエンツは子役上がりである。

2.ウエンツは「ド・ゲラ」である。

3.ウエンツは「天てれ」出身である。

5.WaTとして出たときのいじられかた

6.私を含めた、お笑い好きのウエンツ評
スポンサーサイト
テーマ:芸能一般 - ジャンル:アイドル・芸能
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/226-8a35d8af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。