ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私がお世話になっている、美緒さんのホームページ「Give me five!」の「diary」の2005年6月14日の「理想と現実」の中で、たいへん興味深い話がありました。(直接は出ないので探して、読んでみてください)

その中で島田紳助が(私と美緒さんの「紳助に対する価値観」が違いますので、その辺は踏まえていただきたいです)関西の持ち番組でこう言っていたそうです。

「野球選手に生で会ったら、夢が壊れる・・ガッカリするでぇ~」

と言っていたそうです。

そこに出ていた出川さん(古くからのヤクルトファンです)も、

「オレ、野球好きなんで・・。プライベートでは選手と会わないようにしてます」

と言っていたそうです。

女の子とばっかり話すやつとか、汚いものを見るような目で見られたりしたとか、いやな感じがしたそうです。
美緒さんもおっしゃっていますが、芸人さんも女性の話はしますが、笑いの延長線上でしますから、悪い感じは少ないです。
男性として、同性でも引くような話をしていたのでしょうね。

特に美緒さんがショックだと思ったのは、紳助が、
「金本っちゃんは、大丈夫やで。そのまんまやから・・」
と太鼓判を押した金本さんがおっしゃった言葉だったそうです。

金本さんは、
「チヤホヤされて勘違いする奴はいっぱいいる。オレはそんな人間にはなりたくない。特に阪神!」
と言っていたそうです。

まあ、私のように阪神にさして興味のない人間でもネットのスポーツ新聞の記事でみる野球選手(確かに阪神は比較的、多いかな)の言動は勘違いしているな、と思うことは多いから、内部だと、もっと、ひどそうですね。

美緒さんは、このことについて、
「お笑い芸人さんやファンが幻滅するのは・・。“理想化しすぎているんでしょ?”という逃げ道もあるが・・。同僚が言うのは、相当、厳しいものがある。」
と書いてらっしゃいました。

美緒さんは、
「サインを断るのが悪いと言っているのではない。
全部するのは無理だ。
断り方や人間性の問題。
メディアだけでいい顔して、実際は違う。
そういうのがいやなんだ。」
と言うようなことを書いてらっしゃいます。
私もこの意見に賛同しますね。

エピソードの中に若い女性にはサインするのに、子供には明らかに断る選手の話が出ていました。
それで子供の父らしき人が怒って、怒鳴っていたそうです。

ダルビッシュくんはいろいろ言われていますが、美緒さんの従弟の男の子には優しかったそうです。
そのことも書かれていました。
やはり、ここは子供に優しい選手を信用したほうがいいかな、と思いましたね。

ただ、私自身は野球選手や有名人、スポーツ選手に対して、結構、冷めた感覚を持っています。

プロ野球選手に夢を抱いたことなんてないですし、理想を描いたこともないです。
プロ野球選手は遠征先の各地に「地方妻」(最近はこういう選手のほうが減ったらしいが)がいて、女遊びは派手。
というイメージを、5歳のころから野球ファンですが、子供のころから持ってみているので、なんとも思っていませんでしたね。
私は女だが、
「野球選手と結婚したい」
といっているミーハーな女は嫌いでしたし。
体力のある、女好きの男と結婚したいのかね?、と思っていました。
横浜の佐々木投手がいろいろ、批判されていましたが、佐々木投手はまだましなほうですよ。
もちろん、多くはないけど、似たような、あるいはそれ以上のことをしている野球選手っていますし、(ゴシップ誌はあんまり見ません。名鑑で流れを見ていると「えっ!?」と思うだけでね)逆に佐々木投手のほうが気の毒でしたね。

それと、野球選手の限らず、有名人やスポーツ選手のサインや写真もほしいとは思わないほうですね。
移転前の「振り逃げプロ野球」の中でも以前、こういうことを書いたのですが、これはファンのマナーの問題を書いたものですが、その中でも書いたように、私はあまり、選手や有名人のサインや写真がほしいと思わないほうです。
ですので、みんなが欲しがる理由があまり、理解できません。
そこにも書きましたが、相手の時間を束縛してまで、欲しいものなのかと…。

ただ、ファンというものは欲しいんでしょうね。
あるいは、ファンでなければ、ミーハー感覚で欲しくなるのでしょうか。
確かに、野球選手も客商売ですし、サインをする、しない、写真に応じる、応じないは別として(球団によっては球団がサインや写真を禁じている場合があります)、ファンと接するときは最低限の社会人としてのマナーが必要ですね。
ただでさえ、野球界は人気が低迷しているのですから、
「あいつ、態度悪い」
という口コミやネット、ブログの書き込みによるもので、イメージダウンにつながるから、気をつけておいたほうがいいと思いますね。
今の野球界はサッカーほど「国民的関心事」になるアイテムもないですしね。



よろしかったら、「振り逃げプロ野球」に一票、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
コメント
自分はミーハー
こんにちは。
 僕はかなりミーハーです。
 写真を撮らせてもらったり、サインを貰ったりと・・・
 「そんなのには一切関心がない、試合だけ見れば充分だ」という人はある意味羨ましいな、とも思いますが、やはり自分にはできないな、と思います。
 やはり試合を観戦して、グッズを買って、選手にサインをもらったり、写真を撮らせてもらう(=選手と話をする=選手に知ってもらう)
 これらが全て楽しみなんです。
 幸か不幸か、野球やサッカーには関心がないのですが、ハンドってヨーロッパでも結構選手とファンとの距離は近いです。
 ブンデスリーガ(ドイツ)では、試合前の練習中(といっても、まだごく軽いアップの段階)にサインを貰ったり、試合が終わればコートにどっとファンがなだれ込み、お目当ての選手に写真やらサインやら・・・
 こんな風景は日常茶飯事です。
 友人曰く、これが「ドイツ式」と言ってます。
 もとろん、ファンも選手や他のファンに対して一定の節度は守っていますし、選手も変に”気取り”がないのがいいのかもしれません。
 ある意味ハンドは、そんなに大きくないのかもしれませんね。
 逆に大きくなりすぎると、自分から引いてしまうかもしれません。
2005/06/19(日) 05:19:19 | URL | オイローパ #e73o3mBs[ 編集]
オイローパさん
こんにちは。

私はオイローパさんのブログを見させてもらっていますが、写真やサインがあって、楽しい感じが伝わってきて、いいなあ、と思いますね。
こうやって、ファンの方がサインや写真を撮って、報告しているブログやホームページを見るのは好きですね。
それに「サインや写真をちゃんと節度を守って撮っている人」だと思う人のブログを選んでみていますし(文章で受ける印象を参考にしています)。

私はたまたま、
「選手のプレー以外にはあまり、興味がなく、プライベートも趣味が何か程度。
あとはどういう哲学の持ち主か」
くらいしか興味がないんですよ。

ドイツはファンと選手の距離が近いって聞きますね。
ドイツはサッカーでもそうらしいと聞きます。

私もミーハーな感覚がないわけではないですね。
ハンドボールの体験教室というのがあるらしいですが、現役の選手をできるらしいのですが、それは体験してみたいとは思いますし。
ただ、時間やお金の余裕がないので、なかなか…。(移転の理由のひとつの「アフィリエイトができる」というのもあったのですが、今のところは成果が出ていませんし…)

選手とファンとはいえ、人間対人間ですし、すべてが良好に行くわけではないですからねぇ。
まあ、良好に行くように互いに気を使うべきだとは思いますが。
互いの節度が求められるのでしょうね。
2005/06/20(月) 11:39:01 | URL | red hot #mYQ.hasQ[ 編集]
私も思うところありまして。
ちょうど「清く正しいファンの心得(仮題)」を作成しようと考えていたところなんですよ。私は昨日ある有名人の方のサイン会で書店に行ったのですが、本を買ったわけでもない野次馬でフロアがごった返して、しかも皆携帯のカメラで撮ってて、買い物に来た人たちの邪魔になっていました。
有名人にサインをもらったり写真を撮ったり、ましてや接触したりは、許可のある場以外ではいけないと思うんです。(許可があってもマナーを守らないのは当然ダメ!)彼らのプライベートの時間を奪うし、時と場所によっては健康状態に響いて仕事やスコアに影響が出る可能性もありますから。
「心得」は、ちゃんとした形で公にしたいと思います。
2005/06/21(火) 02:06:01 | URL | Jaclyn #OJqf4XhQ[ 編集]
Jaclynさん
こちらへのご訪問、ありがとうございます。
有名芸能人のサイン会は自分の宣伝もありますが、ファンとの交流の意味やサービスの意味があると思います。
サイン会をするということはある程度のサービスをする、つまり、「サイン会」なのだから、サインをする。条件付であっても(たとえばその人の商品を買うとか)
その範囲内でお互いがある程度満足することが条件にあると思います。
条件以上のことを求めたり、条件以外の人が邪魔をしたりするのはマナー違反ですし、迷惑ですよね。
一定のサービスはできる範囲で必要かもしれませんが、それを求めるほうにも一定のマナーが必要です。
サービス業でもいえますが、近頃はお客サービスが向上しているとは思うのですが、聞かなくてもいい、わがままを聞いているのもあるような気がします。
要求するほうも、もう少し考えて要求すべきではないかと思います。
2005/06/22(水) 09:17:44 | URL | red hot #mYQ.hasQ[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/22-0c573054
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
[野球] ダルビッシュ有(日ハム)を語る
一軍デビュー戦で好投し白星とさっそく結果を出したダルビッシュ(日ハム)さすがダルビッシュというカンジだ。いつもは飄々としてるがいつになく気迫を表に出した投球だった。ダルビッシュを語る。なるべく簡潔に書きたいが無理っぽ・・・私がダルビッシュを最初に知ったの
2005/06/20(月) 23:00:43 | 【馬と戯れる少女逆転スリーラン】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。