ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつもはこの時間はパソコンをしていないのですが、今日はブログの誤字が気になったので、パソコンを出しています。
テレビを見ていたら、NHKのスポーツニュースで来年から、パリーグのプレーオフは1位チームが無条件で1勝のアドバンテージをもらえるという制度に変えるというニュースをしていました。

2年連続、勝率1位なのに、2年連続優勝できなかったホークスに対する配慮なのかもしれないが。

遅くねぇか。
まあ、こういう風に変えること自体は悪くないが、変えるにしても、ペナントレース勝率1位チームは優勝として、それはそれとして、認めて、1~3位チーム(勝率5割以下は参加できないとして)をプレーオフの参加権を与えるとかに変えたほうがすっきりするような気がするが。
まあ、変えないよりはいいが。

このままでは中途半端なような気がするが。
もう少し、手直しした制度にしてほしいね。

よろしかったら、「振り逃げプロ野球」に一票、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ
コメント

>まあ、変えないよりはいいが。
>このままでは中途半端なような気がするが

1位がシーズン中盤で独走体制に入った場合は2位以下が1位を放置する可能性がある(新たなデメリットの発生)ことや
3位が勝率5割を切ることは比較的よくあること(2位とのゲーム差は僅かでも6チーム全体でさほど差がない場合)などについては言及されないので?

プロ野球は変わらなきゃ、という論調には同意ですが、
プロ野球を心配すると銘打っている割には、失礼ながらプレーオフ議論については詰めが甘いような気がします。

一度、大きな掲示板での議論(最近では2chでの議論も意義あるものの比率は増えていますし)
をROMされたり、もっと多くの意見をご覧になることをお勧めします。
2005/12/10(土) 17:16:00 | URL | レオ #yNkD6PME[ 編集]
レオさん
>1位がシーズン中盤で独走体制に入った場合は2位以下が1位を放置する可能性がある(新たなデメリットの発生)ことや
3位が勝率5割を切ることは比較的よくあること(2位とのゲーム差は僅かでも6チーム全体でさほど差がない場合)などについては言及されないので?

もともと、少ないチームしかない日本のプロ野球でプレーオフをすること事態がピンとこない話なのです。
ただ、弱いチームからたくさん勝って優勝したチームが1位で、強い相手にたくさん勝った2位のチーム、どちらが強いのか、というのを争う場合はプレーオフもあるべき視点だ、という意見もありました。

プレーオフに関しては私自身が明確な意見がなかなか、見出せないことですので、詰めが甘いのだと思いますので、そのことはご了承願いたいです。

プレーオフに関しては以前もいろいろ、書きました。
そのうちの一つをリンクします。

http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/blog-entry-194.html

まあ、これを読んでいただければ、私がプレーオフに消極的な人間だとお分かりになると思います。

今の野球界はプレーオフだけではどうにもなりません。
プレーオフも含めて、いろんなことを考えなくてはいけないので、私はプレーオフより、プロ野球の縮小のほうに目が行ってしまいますね。
私はあまり、プレーオフのことは語れませんので、ご了承ください。
2005/12/12(月) 20:47:45 | URL | red hot #-[ 編集]

>少ないチームしかない日本のプロ野球でプレーオフをすること事態ピンとこない
ごもっともです。
現在のプレーオフは変則的過ぎますね。
1リーグ3地区制度(各地区1位同士の三つ巴で日本シリーズ)など、チーム数が少ない日本でも比較的納得のいくものであればまだ良いのですが。

>プレーオフに関しては以前もいろいろ、書きました
既に読ませていただいておりましたが、ご配慮ありがとうございます。
これは「弱いものイジメは是か非か」という論点を含むものですね。
私の場合はこの意見は「2位チームが対下位チームに力を注ぎ、勝率で勝れば良いだけの話」と考えます。
また、全チームに勝ち越した1位チームですら問答無用で順位の決めなおしをやらされる、という制度はやはり問題でしょうね。

ま、red hotさんのご意見ではないのにこれに関する意見をここで出すのは無粋ではあるのですが。
上記は、論破する訳でも反応を求めている訳でもなく、こういう意見もあるという程度に受け止めていただければと思います。


変わっていくことに消極的なことが問題、というご意見には賛成です。
経営面で言うなら、確実に低下するであろう巨人戦の放送権料に頼らないためにはどうすればいいか
あるいは球団の出費をいかに減らすか、など考えることは多いでしょうね。
2005/12/12(月) 21:31:04 | URL | レオ #yNkD6PME[ 編集]
レオさん
>1リーグ3地区制度(各地区1位同士の三つ巴で日本シリーズ)など、チーム数が少ない日本でも比較的納得のいくものであればまだ良いのですが。

そうですね。
まだ、このほうが納得いきますね。
ただ、今のチーム数では細かく分けることは飽きる可能性が高くなりますね。
また、日本の今の球団の経営や観客動員、テレビ中継などの現状を考えると、球団を増やすことも現実的ではないですし。
何より、選手の年俸は青天井状態ですし、経営破たんするチームが増えますし。

>これは「弱いものイジメは是か非か」という論点を含むものですね。
私の場合はこの意見は「2位チームが対下位チームに力を注ぎ、勝率で勝れば良いだけの話」と考えます。
また、全チームに勝ち越した1位チームですら問答無用で順位の決めなおしをやらされる、という制度はやはり問題でしょうね。

>ま、red hotさんのご意見ではないのにこれに関する意見をここで出すのは無粋ではあるのですが。
上記は、論破する訳でも反応を求めている訳でもなく、こういう意見もあるという程度に受け止めていただければと思います。

いろんな意見があることはいいことだと思います。
今までの野球ファンはちゃんとした、深い野球の論議をしてこなかったので、いろんな意見を出したり、話し合ったりすることはいいことだと思います。
これからは自分のひいきチームがどこかということに関係なく、野球に関しての論議を深くしていくべきだと思います。

>変わっていくことに消極的なことが問題、というご意見には賛成です。
経営面で言うなら、確実に低下するであろう巨人戦の放送権料に頼らないためにはどうすればいいか
あるいは球団の出費をいかに減らすか、など考えることは多いでしょうね。

野球界は改革しなくてはいけないときに改革をしなかったので、今はその遅れを取り戻し、新たに、前進しなくてはいけないと思います。
特に、今まで、放送権料に頼ってきたセリーグは特に、経営の効率化は緊急課題だと思いますし、パリーグはその恩恵に1年くらいにか味わえませんが、「そういうものだ」ということで割り切って、やってほしいですね。
千葉ロッテは黒字になったかどうかはわかりませんが、今のチーム運営方針はなかなか、いいですね。
外部から優秀な人材を入れて、変に口出しをしない、これをすることが改革の第一歩のような気がしましたね。
他の球団も見習っても損はしないと思いますが。
2005/12/13(火) 21:00:24 | URL | red hot #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/219-bc2e4059
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。