ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
阪神の井川のことが気になった。
阪神ファンの方のブログをブログ検索でチェックしてみると、井川に対して、必要以上に悪く言っているのが多いのが気になる。
私は井川の言動に落ち度を感じたことは少ない。
社会人としての大人の行動から見ると、確かに、協調性にやや欠けたところはあるのかもしれないが、最低限の大人の礼儀は守っているように思うし、プロだから、与えられた環境に不満があれば訴えるのは当然のことだと思うんだけど。
ましてやプロのアスリートとして、モチベーションを高めるために環境を変えたいと言っているのだから、少しは井川の話に関心を持ってもらいたいと思う。
彼の精神面を批判し、
「この程度の精神力ではメジャーではやっていけない」
と批判しているブログも見かけるが、私はそうは思わない。
むしろ、阪神という、関西にいればちやほやされる存在であり、中には勘違いする阪神の選手がいるという話を聞くが、そんな環境にあって、自分の思いを変えず、自分の好きなものに対して忠実である彼のほうがよほど精神的に強いと思うぞ。
それに、以前、「メジャーが選手を獲る基準」について書きましたが、メジャーは適材適所で選手を獲る傾向があり、通用する、しない、レヴェルが高い、低い、ではないのです。
日本の一線のレヴェルであれば、ある程度は出来るはずですし、活躍する、しないは日本のプロ野球と同じで、チームや監督、コーチ、選手との相性、行ったタイミングと時の運である。
以前も書いたが、「それは見る側(日本のプロ野球ファン)の、メジャーは日本球界よりレヴェルが上のところ、という考え、「劣等意識」のほうがよほど、問題だと思う。メジャーが上のものもあれば、日本が上のものもある」ということをわかってほしいと思いますね。

プロ野球の視聴率を語るblog」さんをブログを読んでいたら、こんなリンクが紹介されていた。

やっぱり井川は面白い(「プロ野球の視聴率を語るblog」さんより)

このブログの中で紹介されていたリンクの2つが興味深かったです。

まずは、新聞記事から。

井川Vアシスト!G大阪に猛虎パワー注入(大阪日刊スポーツ)
ガンバを応援して! 阪神の井川が11日、報道陣に異例のお願いをした。「野球の記事はもういいでしょう。サッカーがあるじゃないですか。Jリーグも大詰め。ガンバ大阪の初優勝がかかっていますしね」。トラのエースは球界屈指のサッカー好き。02年オフには赤星とG大阪のホーム万博を訪れ、試合を観戦。試合後にW杯日韓大会を戦った後のDF宮本と対談し「大舞台を経験した人は違いますね。オーラを感じた」と感激した。その後も、食事をともにするなど親交を深めてきた。

 井川の言葉には、野球の次はサッカーで大阪の街を盛り上げてほしい、という気持ちがこもっていた。この日、井川は鳴尾浜球場で練習。ノックの打球が右足に直撃するアクシデントが起きたが、影響はなく最後まで練習メニューを消化した。「もうちょっとサッカーを取り上げてくださいね」。球場を後にする際にも報道陣に念を押した。初優勝の期待がかかるG大阪に虎のエースもメディア戦略で強力に援護した。

[2005/11/12/09:25 紙面から]


いいねぇ~、井川がツネに対して「「大舞台を経験した人は違いますね。オーラを感じた」と感激した。」なんて、ところがいいねぇ~。
また、井川は、

「野球の記事はもういいでしょう。サッカーがあるじゃないですか。」

と言っている。
そのとおりだね。
ガンバもそうだが、セレッソも優勝争いをしている。
今日はガンバ、セレッソ、ともに勝っているし、鹿島が引き分けて、ますます、混戦になってきていて、おもしろい。
井川のいうとおり、野球じゃなく、サッカーだね。
井川、いいこと言うね~。

井川はサッカー好きだし、野球の現場を客観的に見ていると証拠だと思うし、私は井川を支持するね。

今度は阪神の星野DSの発言。
ご本人のホームページより。

チームの「精神衛生」を心配する 2005年11月11日(「Sen'ichi Hoshino Official Site」より)
球団の方には「井川はもう行かしちゃれ」っていっているんだ。現場は反対、会社も首をタテには振らんだろうけれど、わたしが監督ならもう井川はどこへでも出すわ。チームの中でも誰も口にはしないけど、どれだけ「精神衛生」を悪くしているか。ペナントレースでも日本シリーズでも、大事なところで潰れてしまう。あの優勝の日にしたってそうでしょう。

 「トレーニングに行ってました。タクシーがなかなかつかまりませんでした」っていうけれど、エースといわれているピッチャーが優勝決定の日の試合にはいない、胴上げには遅刻してくるなんて普通、そんなことがありうるだろうか。

 今さらのことではないけれど、とにかくチームのなかに入ってこない、入ろうとしていない。年に一度、直に球団と話し合うチャンスなのに契約交渉には代理人を立てる。今回のV旅行には行くらしいけれど、チームメイトやその家族、裏方さんたちとも喜びを分かち合い、苦労をねぎらい合うそういう中心選手らしい、そういう気持ちをしっかり持っていってくれるといいんだけれど、またメジャーに出してくれ、契約も年越しだ、キャンプも自費参加だとか、そういう心配をしている人が大勢いると思う。

 メジャーに挑戦したいという気持ち、そういう夢を持っていることはもちろん悪くないし、わたしもなんとか挑戦させてやりたいとは思っている。それだけに現場や会社の人たちにハプニングの決断をさせるような、むずかしい問題ではあるがそういう協力や支持を得られるようなプロセスを描いてもらいたいと秘そかに思っている。成績も然り、技術も然り、自分本位の言動もまた然り。このままだと単なるわがまま、身勝手な異端の選手というところから出られなくなるのではないか。

 技術的なことでいうとピッチングの細かさ、コントロール、特に球すじ、ボールの高さの中途半端なところを直し切れないでいる今の状態ではメジャーには通用しないと思う。しかし、このままではチーム内の精神衛生を乱すだけで、どちらを選ぶ方がチームにとって本当に大切か、ということだ。憎まれついでにもうひとついえば、現場の責任者も駒を動かすだけではなく、こうした選手の「指導・教育」ということにももっと本気になって取り組んでなくては。それが去年、今年とFAまで待てんといい続けている井川問題の“問題”だろう。会社としてはそうはいかんということになるが、個人的にはもう出してやった方がいいと、わたしは思う。


日本のプロ野球選手も「球団のため」という時代ではないと思うけど。
多少「チームのため」というのはあっても、「球団のため」というのはねぇ…。
選手は「球団ための駒」ではないのだから。
それに一番気になったのは、井川に対して、
「チームの「精神衛生」上、良くない」
といっている点である。
確かに人間の中には俗にいう、「空気の読めない奴」というのはいるし、気分を害する場合はあるけど、周りに危害を加えないタイプであれば、ごちゃごちゃ言うべきではないと思う。
参加するのがおっくうなことまで、いやいや付き合わされて、いやそうな表情を浮かべながら同行されているほうが、よほど気分悪くないか?。
いやいや付き合わされる人のそういう表情を見るほうがよほどイヤだと思うし、そういう人はその人の思うとおりにしてあげるほうがお互いのためにいいと思う。
それに、そういうことを名指しで言うことは逆に井川に対する「名誉毀損」だと思うよ。
リーグ優勝時、胴上げに間に合わなかったのだって、トレーニングしていて、タクシーに乗って球場に向かったけど、間に合わなかっただけだし、ビールかけで井川がダウンしたのは井川が酒を飲めないからです。
アルコールは皮膚でも吸収するから、アルコールの弱い人はダウンするって。
逆に井川から、「アルコールハラスメントだ!!」といって、訴えられても、仕方のないことだと思うよ。

私は井川に限らず、日本の選手のメジャー挑戦に賛成ですね。
どんどん、やるべきだと思います。
井川にはへこたれず、やってもらいたい。


よろしかったら、「振り逃げプロ野球」に一票、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
テーマ:阪神タイガース - ジャンル:スポーツ
コメント
お久しぶり。
苦言をひとつ。

適材適所とありましたが、まさにうってつけのニュースを見つけました。
赤松という選手。
本職は外野手で、二塁手にコンバートされるみたいです。
阪神の内野といえば、思い付くだけで、「今岡・鳥谷・関本・藤本・片岡」がいます。
片岡は実質鳥谷に追い出された結果になりました。
その上、イースタンでタイトルを獲った選手を内野に入れるつもりですか。
なんかなあ・・・・・就任当初から岡田監督は好きじゃなかったです。



http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20051116-00000016-spnavi_ot-spo.html
2005/11/16(水) 15:33:57 | URL | よっち #QR4LqPWc[ 編集]
よっちさん
遅くなって、すみません。

岡田監督はいろんなポジションに余剰を欲しがるところがあるような気がします。
なのに、監督就任1年目は矢野捕手を酷使していたのはよくわかりませんね。
紹介された記事の赤松選手の記事ですが、赤松選手自体はこの、
「複数ポジションが出来る選手を目指す方針」
に対する反発はあるのかもしれません。
しかし、赤星選手とかぶっていますし、9人の中に入るには難しいのも事実だと思います。
内野手を競争させて、赤松選手に限りませんが、2番手、3番手となった場合はシーズン途中のトレード要因として育てることもまれにあるような気がするので、その点も視野に入れているのかもしれません。
投手が足りなかった場合は、他のチームで野手の足りないところのチームの投手をトレードで、ということもありますからね。
あながち、無駄ではないと思いますよ。
ただ、これを赤松選手が理解できるかの問題だとは思いますが。
2005/11/19(土) 09:55:25 | URL | red hot #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/208-6d5f3404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
井川はもう行かしちゃれ星野SD
星野SDのホームページで「球団の方には『井川はもう行かしちゃれ』って言っているんだ。現場は反対、会社も首をタテには振らんだろうけど、私が監督ならもうどこへでも出すわ」でも星野さん球団の関係者でしょ。関係者が言ってもいいのかね?星野さんが監督でも、球....
2005/11/13(日) 06:42:09 | 40代なかばで?
[野球] 私は井川を支持するね
というか井川の方がプロアスリートとして常識ある行動であり、井川が異端になるプロ野球界の方が異常じゃないの? 井川が言ってる事やってる事って一時期の中田英寿とかと比べても全然おとなしいと思います。 来シーズンも井川が阪神タイガースにいて、高給貰いながらもモチ
2005/11/18(金) 09:24:37 | 昨日の風はどんなのだっけ?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。