ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遅くなりましたが、11月5日にbjリーグが開幕しましたね。

東京や大分、仙台が勝つ バスケ初のプロリーグ開幕(共同通信)
国内初のプロバスケットボールリーグとなる男子のbjリーグが5日、各地で開幕戦3試合を行い、東京の有明コロシアムでは地元の東京が延長の末に93-90で新潟を下した。
 大阪のなみはやドームでは大分が100-95で大阪を振り切った。仙台市体育館ではホームの仙台が79-75で埼玉に勝った。
 各チーム40試合を戦うレギュラーシーズンの上位4チームが、来年4月28-30日のプレーオフに進む。
(共同通信) - 11月5日21時11分更新


日本のバスケットボールのプロリーグが盛り上がり、定着することを願ってやみません。
以前、こんなことを書きましたが、bjリーグと日本バスケットボール協会はいがみ合っているような関係です。
日本バスケットボール協会はbjリーグに対する「いじめに近い」反応をやめるべきだと思います。
野球のプロとアマの対立のように意味の無い、意地の張り合いの醜い争いはやめるべきです。
移転前の「振り逃げプロ野球」の中で日本バスケットボール協会の実態が垣間見えるような出来事を書かせてもらいました

それと、こんな話もありました。

目指せNBA bjリーグ、ルールに工夫 緊迫感高める(河北新聞)
男子プロバスケットボールのbjリーグは、国際ルールに米NBAや独自のものも加味している。魅力あふれるプレーを重視した措置だが、開幕2戦を終えた段階で観客への浸透度はいまひとつ。仙台はもっと試合を楽しんでもらおうと、ルール周知に力を入れる。

 NBAに倣って導入したルールは、タイムアウトの取り方などで、通常ヘッドコーチだけが持つ請求権を選手にも認めたほか、一般的な60秒だけでなく20秒タイムアウトも設けて戦略性を高めた。

 バスケットボールの醍醐味(だいごみ)であるゴール下の攻防を妨げないために、半円形のエリアを設定し、オフェンスファウルの適用をなくした。リングに当たってもボールに触れられる国際ルールに対し、bjはリング上のボールタッチに制限を加え、よりスリリングな瞬間をつくる。審判が2人から3人に増やされるなどの点もNBAと同じだ。

 リーグ独自のルールもつくった。「1アンド1」のフリースローだ。チームファウル5つ目からはシュート動作にかかわらずフリースローとなるが、1投目成功後にのみ2投目が与えられ、緊迫感を持たせた。

 5、6日の仙台―埼玉戦(仙台市体育館)。試合前にA4判1枚の簡単なルール説明を配布し、ファウルや交代ごとにマイクでアナウンスしたが、理由や選手別のファウル数などは説明がなかった。一般的な5ファウルによる選手の退場なども含め、観客席にはっきり伝わらず、ブースター(ファン)が戸惑う面もみられた。

 リーグの盛り上がりはスタンド一体の応援が欠かせない。仙台の中村彰久社長は「まだまだルールの面で浸透していない。普及に努めたい」と話している。

(河北新報) - 11月11日7時7分更新


まあ、日本でのプロは初めてだし、いろんな試みをやってみるのはいいことだと思います。
日本のプロ野球みたいにプロが出来て長いのなら、逆に国際ルールを意識したほうがいいかな、と思うけど、まだ、バスケの場合はプロは始まったばかりだし、サッカーのJリーグのように、徐々に世界の他のクラブがやっているやり方に変えていくとか(延長Vゴール廃止とか)、していってもいいと思いますね。

まあ、とにかく、私はbjリーグの成功を願っています。
スポンサーサイト
テーマ:bjリーグ - ジャンル:スポーツ
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/207-eaa89cb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。