ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本ハム行きを拒んでいた、東邦高校の木下くんが入団の意志を固めたようです。

東邦・木下、日本ハム入り表明
ファンの署名にぐらっ(中日スポーツ)

高校生ドラフトで日本ハムに3巡目指名され、進路を保留していた東邦高の木下達生投手(17)が3日、愛知県東郷町の同校野球部グラウンドでプロ入りの意思を表明した。入社の話があった地元社会人のトヨタ自動車には同日、同校の森田泰弘監督(46)を通じて、正式に断りの連絡を入れた。日本ハムからは契約金7000万円、年俸700万円(金額は推定)の提示を受けており12日、名古屋市内のホテルで仮契約する。

 名古屋の生んだ快腕が、北の大地を熱くする。日本ハムか、社会人・トヨタ自動車か。「体が2つほしい」と悩んだ末、木下の心は固まった。「日本ハムへ行きます」。

 当初は中日入りを熱望していた。「中日から指名されるものだと思っていた。そのほかの可能性を全く考えていなかったから…」。木下は戸惑っていた。10月5日、日本ハムからの指名のあいさつで、1度は対面を拒否。

 木下はドラフト直後から森田泰弘監督(46)に「受け入れてくれる社会人チームを探してください」と話し、社会人入りを心に決めていた。

 10月24日、転機が訪れる。1泊2日で行った千葉と札幌への日本ハム施設見学で、木下の心を動かしたのは北海道のファンだった。「木下君、北海道にきてください」という200人を超えるファンの署名を受け取り木下は大感激。注目されることが何より好きな木下に、ファンからのラブコールが決め手になった。

 “チームの顔”の一言も効いた。札幌ドームで小笠原内野手から「プロは『入ってから』が大切だ」と声をかけられた。木下は「どの球団でやるのかは問題ではない。自分がプロで何をするのかが問題なんだ」と気持ちを切り替えた。

 名古屋から離れるが、原点は忘れない。初めてプロ野球を見たのはナゴヤ球場。小学3年だった木下少年は、大豊の本塁打に沸くスタンドに驚き、プロを志した。

 9年の時を経て、その入り口に立った木下は誓う。「今の自分があるのは、地元で応援してくれた人たちのおかげ。名古屋にもとどろく活躍をしてみせる」。 (若原隆宏)


まあ、とりあえず、一安心かな。
ドラフト自体にも問題はあるし、逆指名できないのは高野連のせいだし(スポーツライターの武田薫氏「『逆指名権なんて内輪話だ』」を参考までに読んでみてください。最後のほうは「別に個人の自由だろう」と思うが、それ以外は納得できる内容です)、いろいろ、あるなあ、と思いました。
まあ、現状では、ドラフトという制度がなかったら、もっと、たいへんなことになっているだろうし、ここは入団していたほうがいいと思いますね。
入団拒否のほうが、マスコミや周りに叩かれたり、選手自身の適正成長期を逃したりして、野球選手としてのリスクのほうが大きくなりますからね。
それでだめになった選手を多く見ましたし。

まあ、とにかく、入ったからには、プロは厳しい世界だけど、健闘を祈っております。

【追記】木下くん入団決意にはこんなエピソードがあったそうです。

■3巡目木下が日本ハム入りを決断/近日中にも契約
高校生ドラフトで日本ハムから3巡目指名された東邦(愛知)の木下達生投手(17)が3日、入団を決断した。指名から1カ月が経過したこの日、父敦広さん(46)とともに愛知・東郷町の同校グラウンドに森田泰弘監督(46)を訪ね、入団の意思を報告。監督を通じ、同日のうちに球団にも伝えた。契約金7000万円、年俸700万円(ともに推定)で合意した。

 10月3日のドラフト直後の会見では意中だった地元中日以外の球団の指名に涙もみせた。入団拒否-社会人から3年後のプロ入りも考えた。社会人の強豪トヨタ自動車入りに傾いた時期もあったが、この日、プロ入りを決断。森田監督が即座に日本ハム、トヨタ自動車に連絡し「日本ハム木下」誕生の運びとなった。

 悩み抜いて、納得いく決断を下した。北海道を知るため、ヤクルト4巡目指名を受けた女房役水野を通じ、駒大苫小牧の林前主将に電話し“取材”。道民の日本ハムに対する熱い思いを説かれたという。10月24日からは木下自身の希望で1泊2日で札幌を訪れ、札幌ドームなども見学した。

 この日、木下は晴れ晴れとした表情で言った。「札幌に見学に行った時に夜寒いのに、たくさんのファンの方が出迎えて花束までいただいた。本当にありがたかった。小さいファンの子に『ああなりたい』と思ってもらえるプロ野球選手になりたい」。近日中に契約をかわす。
(以下省略)

駒大苫小牧の林くん、東邦の水野くん、どうもありがとうございます。
特に林くん、口説いてくれて、ありがたいですね。

ちなみに駒大苫小牧の選手を日本ハムが指名していないのは、「プロ野球入団の意思」を表明していなかったためですよ。
「プロ入り表明」をしていないと、指名できないのですよ。
誤解のないように。

よろしかったら、「振り逃げプロ野球」に一票、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/200-46bb892f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。