ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近はまた、積極的に選手をドラフト指名するようになった日本ハムですが、少し前までは入団拒否されそうな選手は指名しなかった。まあ、くじ運が悪くて、指名権を獲得できなかったというケースも多いけど…。

今年は陽くんと木下くんの交渉に時間をかけていますが、大昔はもっと、たいへんでした。
そんな、昔のエピソードを書きたいと思います。

昔、日本ハムが身売りをして間がないころ、ドラフト1位で指名したある選手がいた。
彼は高校生で、日本ハムに指名されたときに、
「日本ハム?、監督の名前も知らない」
と言って、入団拒否。
その後、ヤクルトに確か、ドラフト外で入団しますが、活躍はせず、のちに打撃投手になったのですが、この「名前も知らない」といわれた監督。
その人は、

あの、大沢親分

です。

まさか、今も「知らない」ってことはないでしょうね(笑)。
野球界の中で、長島さんを「おい!、長島」といえる、数少ない人物であり、野球界では結構力のある方であります。
マスターズリーグでこの方は出ているんでしょうか?。
今、さらっと調べたところ、いなかったですね。
今でもヤクルトの球団職員なのでしょうか?。
気になるところです。

それと、これはなんともいえないケースですが、他のチームに入団拒否をして、日本ハムに入ってきた選手がいます。
2人程いるのですが、理由は、
「本人が拒否したくて、したわけではない」
という、結構、かわいそうな理由で、以前、指名された球団に入団しなかった選手がいます。
それは、1人はもう、ご本人がそのことを公表されているので、書きますが、広瀬哲朗さんですね。
広瀬さんは日本ハムにドラフト1位で指名される前にヤクルトにドラフト4位で指名されたことがあります。
大学時代でした。
本人はプロでやりたかったので、入りたかったのですが、このとき、ヤクルトのドラフト2位に広瀬さんのいた駒澤大学に進学を予定していた投手が指名されていました。
当時の駒澤大学の監督が激怒して、
「広瀬、お前、入団するな!」
といったわけです。
広瀬さんは、
「えぇ~、そんな…」
と思うわけで、抵抗します。
広瀬さんのご両親も息子さんがプロに行きたいのは知っているので、お金には困っていないのに、「お金に困っている」といって、何とか、監督の気持ちを変えようとしたけど、監督は頑固に意見を変えない。
残念ながら、入団できず。
社会人に入ってから、日本ハムにドラフト1位でやっと、プロ入りとなりました。
大学の監督がいくら頭に来たからって、選手の将来に口出しするのはいただけない話ですね。
広瀬さんは遠回りして、プロ入りとなったわけですし…。
なぜ、大学の監督が怒るかというと、大学4年の選手が卒業していなくなるわけで、その後には来年入る1年生を入れるわけですが、その入る予定の1年生を「プロに取られる」ことを嫌がる、「人材を持っていかれる」ということで、怒るようです。
ちなみに2位で指名された選手もヤクルトには入りませんでした。
この人が入らなかった理由はわかりません。
駒澤大学の監督さんが何か言ったからかどうかは不明です。
本人の意思かもしれません。
また、ちなみにこの2位指名選手はのちに西武に入ります。

広瀬さんと似たような体験がある選手がのちに日本ハムに投手として、ドラフト3位で入団します。
名前は伏せます。
彼はチーム名も伏せますが、とあるチームに高校時代ドラフト6位で指名されますが、入団拒否をします。
しかし、これは本人の意思でしたわけではないようです。
このケースの場合は本で読んだ「うわさ」かもしれないし、本当かもしれない、という感じの話ではあります。
それをふまえたうえで続きを読んでください。
彼はとある大学に進学が決まっていました。
その大学の選手がこの指名されたチームの2位で指名されていたのです。
で、大学の監督が怒ったわけですが、ここからは広瀬さんのケースと違うのは、その後の経緯。
このチームは、
「2位の選手のは入ってほしい、大学との関係は続けたい。
 ならば、6位の選手には入団を拒否してもらおう」
と思ったようで、6位で指名された彼に、
「お願いだから、入団しないで」
と頼んだらしいのです。
彼が日本ハムに入ったあと、このチームと対戦する機会があったのですが、彼が異様にこのチームに敵意識を燃やしているのです。
別に燃やすようなチームでもないのになあ…、と思っていたのですが、のちに、こういうエピソードがあったらしい、と知って、彼が怒っている理由がわかりました。
広瀬さんもそうですが、彼も入団拒否をするようなタイプの人ではありません。
まあ、そう思うのは私の単なる主観ですが、現に日本ハムに入っているわけですし、チームを選んで拒否する選手とは思えないのです。
で、現に前に指名されたチームに関しては、こんなエピソードがあったわけですし…。

当時は事前に調べるということが以前よりないので、こんなこともたびたびありました。
この2人の場合は入団できない、という事態になりました。
ドラフト特集のページでこの2人が入団拒否経験があるからといって、怒らないでください。
この2人の場合はこういう事情があったのです。

また、こんな感じで、日本ハムのドラフトにまつわる話を書くかもしれません。

よろしかったら、「振り逃げプロ野球」に一票、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
テーマ:北海道日本ハムファイターズ - ジャンル:スポーツ
コメント
そうですか
初めまして。
大変興味深い内容が多くて、自分もこのくらいの文章を書ける様になりたいと、常々思って拝見しております。
広瀬がヤクルト4位指名の時の2位は、すぐにピンと来ました。
頬骨が高くて、甲子園で西口と同じ目にあった人ですね(敢えて名前は伏せます)。
女子野球のコーチをやってるんでしたっけ?
2005/10/29(土) 17:54:09 | URL | naotch2918 #-[ 編集]
naotch2918さん
はじめまして。
お褒めに預かり、うれしく思います。

はい、その方です。
私も名前は伏せます。
そうなんですね。今、女子野球の監督か、コーチをされているみたいですね。
情報、ありがとうございます。
広瀬さんも女子硬式野球日本代表の監督をやっていて、世界一になったこともありますね。
2005/10/30(日) 11:43:35 | URL | red hot #-[ 編集]
TBどうもです
全然違うところにコメントしてますが(笑)

えーと、二人目の投手ですが、6位を拒否して6位入団の選手は知っているのですが…

その投手は、まさか古巣が地元球団になるとは、思ってもいなかったでしょうけど。
2005/11/04(金) 00:14:25 | URL | かまぼん #fMoGI9hw[ 編集]
かまぼんさん
遅くなって、すみません。

そうですね。
彼も地元に帰っていましたから、まさか、そこにもといたチームが移転するとは思わなかったと思いますよ。
2005/11/07(月) 09:48:57 | URL | red hot #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/192-9579630d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
ここ数日の今更ファイターズ情報
日本シリーズの間、ず~っとファィターズに関することを触れられずにいた。その期間何かあったのか?と聞かれると特に目立ったことはなかったけど、まっ、一番のニュースとしては高校生ドラフト1巡目指名の陽と3巡目指名の木下が札幌の施設見学に来たことだろうか。(恐ろしく
2005/10/28(金) 21:18:30 | プロ野球狂の詩
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。