ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この時期に来て、私の得意分野をつつく時期が来た。
だって、野球界は結局、変わっていないからね。
移転前も含めて、何度も言っていますが、
「野球選手の第二の人生」
に対するフォローを選手会がしていない。
このことについて書いた私のブログを羅列します。

プロ野球選手会の実際の姿

古田が「ドラフト改革にメスを」と言っている

プロ野球選手は恵まれているか?否か?

元プロ野球選手が買春禁止法違反で逮捕

プロ野球界出身者で一番最悪な事件を起こした男の話

どうして、プロ野球界はこれができないのか?

プロ野球年俸の平均年俸が調査開始以来、初のダウン

あぁ、またか…

元野球選手、また逮捕

他にも短いものもありますが、同じようなことを書いた部分もありました。

という感じで、私はずっと、このことを書き続けましたし、今後も選手会が変わるまで、このことは書き続けようと思っていることです。

第二の人生をおくられている元プロ野球選手がブログをやっているそうで、私がよく、見させていただいているホームページ「Give me five!」の美緒さんがやっているブログ「ベースボール短編集」にこんなことを書いてらっしゃいました。

プロ野球選手の再就職。光と闇(「ベースボール短編集」より)

(本題とは関係ないのですが、このブログの一部分の文章(例え話ではありますが)がいわゆる「ラブハラスメント」に抵触する部分があると思います。
私自身が恋愛、結婚に重きを置かない価値観の人間なので、少し気になりました。
ラブハラスメントについての解説をしているリンクを2つ貼ります。

ウィキペディア ラブハラスメント

はてなダイアリー ラブハラスメントとは

ただ、このことは本題と関係ないことであり、このことについて、私が熱く語りたいとも思っていません。
それに、今後、もしかしたら、価値観が変わるかもしれないし、このことについて、あんまり考えようとも思っていないので、今後はおそらく、このことについては書かないと思います。
ただ、私自身が、恋愛、結婚に重きを置かないタイプなので、ちょっと、気になったので、書きました。
2005年11月2日追記 このブログの文章の「ラブハラスメント」に引っかかると思われる文章は削除されています。ブログをかかれた美緒さんは「ラブハラ」を指摘したことに関しては怒っていないそうで、「傷つく人もいるのならば」ということで削除されたそうです。美緒さん、お手数をおかけしてすみませんでした)

美緒さんが紹介していたのは、「元プロ野球選手のセカンドキャリア奮闘記」というブログです。
美緒さんのホームページで以前も紹介されていたので、そのとき、この元野球選手のブログを拝見しました。
で、今回は美緒さんのブログのほうで紹介されました。
この「元プロ野球選手~」のブログを書いている人が誰なのかはだいたい見当がついていますが、誰かは書きません。

今回、美緒さんが気になったのは今は某北海道球団の職員になっている方についてです。

送別会

この人が誰かというのは、だいたいわかります。
この人が誰かということはもちろん書きません。
そんなことより、やはり、金銭感覚はおかしくなっているうえ、奥さんが勘違いしている。
生活感覚も一般社会的ではない状態になっているのである。
野球選手で成績を上げているうちはこれでもいいのだが、いったん成績が落ちて、第二の人生も見つけられない立場での引退となった場合の選手会のフォローは本当にないね。
「元プロ野球選手~」のブログの方もいっていますが、

「やっぱ、野球選手は、野球以外で事を成すことはむずかしいようだ。
金銭感覚も狂っているし、野球しかやってこなかったので、今更一から出直すことは
ほんと難しい。」


というのが現実なのです。
なのに、選手会は、
「就職先を紹介しない」
「カウンセリングをしない」
「職業訓練をしない」
そのうえ、主力選手が中心で第二の人生に困らない人が中心になって組織しているから、自分の今の処遇しか考えない。
自分たちの有利になることしか考えないので、引退後が不安定な人間のことを考えないのだ。
よく、こういうことを書くと、甘やかしている、という奴がいるが、甘い、甘くない、の前に、一部ではあっても、犯罪を犯して迷惑をかける奴がいたり、犯罪まではしなくても、さっき、紹介したような感じで、人に迷惑をかける人間が出てくる。
人によっては体調を崩し、自殺した元プロ野球選手もいたでしょ。
選手だった人自身だって、もう少し、「助けてほしい」と思っている人もいる。
選手会は、
「元プロ野球選手の駆け込み寺」
のような感じで、いつでも元プロ野球選手が頼れる組織作りをすべきなのだ。
野球選手のことは野球選手のほうがわかるはずでしょ。
いつまでも、自分が裕福になることばかり考えないで、弱い立場の選手を助けてやれよ。
サッカーのプロ、Jリーグは選手会で第二の人生をフォローしている。
サッカーに出来て、なぜ、野球に出来ない。(by.「「元プロ野球選手がタイーホ、ってニュースで、セカンドキャリアについて思った事。★★サッカーに出来る事が、なぜ野球にはできないのかシリーズ 其の弐★★」創難駄クリキンディーズのcapさん)

選手会が変わるまで、口をすっぱくして言うと思います。
しつこい、と思われる人もいるかもしれませんが、このことはどうしても許せないので。

よろしかったら、「振り逃げプロ野球」に一票、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/169-11591fcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
プロ野球選手の再就職。光と闇
この季節・・。プロ野球界から立ち去り、一般社会へと降りていく選手の方達も多いですね・・。私は、いつも、“その後の選手ってどうしているの・・?”と思っていました。それを、見せてくれるのが、ここ。元プロ野球選手のセカンドキャリア奮闘記 というブログ。送別会こ
2005/10/11(火) 15:36:24 | ベースボール短編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。