ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病み上がりなのに、同情すらされなかった、堀内監督ですが、まあ、あの成績では解雇はやむ終えない。
ご苦労様でした。

そして、次期監督人事問題で、たびたび、阪神SDの星の監督の名前が浮上していましたが、原辰徳さんがなったようですね。

原新監督 V奪回へ厳しさ前面所信表明(スポニチアネックス)
チーム再建という重い使命を背負い、第2次原政権がスタートした。巨人は5日、堀内恒夫監督(57)の今季限りでの退任と、原辰徳新監督(47)の就任を発表した。原新監督は都内のホテルで正式要請を受諾。会見後に広島との今季最終戦(東京ドーム)でテレビ解説を務め来季構想を披露した。3年契約で臨む3年ぶりの第2次政権で、再建とV奪回という2つの難題に挑む。

 カメラマンからの猛烈なフラッシュにも、原新監督は厳しい表情を崩さなかった。滝鼻オーナーと並んで壇上での就任会見。4年前の01年9月、ヘッドコーチから昇格し初めて指揮官になった時とは明らかに違う。それは“決意表明”にも如実に表れていた。

 「ジャイアンツに対する愛情、情熱、責任の重さを背負って、最高のチームをつくりたいと今、強く思っています。愛情と再建の情熱。この2つを持って最高のチームをつくる。これは声を大にしてお伝えします」

 02年には「ジャイアンツ愛」を掲げ、就任1年目で日本一に輝いた。しかし、03年9月の退任から2シーズン。巨人は大きく様変わりした。今季は投手陣が崩壊して5位。球団史上最多の80敗という屈辱にまみれた。まさにゼロからの再建。会見では具体策について多くを語らなかった。しかし再建に懸ける“情熱”ゆえか、テレビ中継の中では次々と胸に秘めたプランを披露した。

 「前回優勝の時は6人の投手が頑張ってくれた。でも私の理想は(ローテーションは)5人で中4日。そういう強い精神力を持ってほしい」「4番?オーダーは白いままで春のキャンプを見て、その中でつくり上げていきたい」――。

 コーチから監督への“内部昇格”だった前回と違い、今回はまず大きく様変わりした戦力把握から始めなければならない。25日には宮崎秋季キャンプがスタート。来春には1、2軍合同キャンプで競争原理による新戦力のピックアップを行う。ドラフト1巡目左腕・辻内についても「実力主義だし、開幕に入ってこれる可能性は十分にある」とチャンスを口にしたが、逆に言えば戦力が安定していない証拠。道のりは平坦ではない。それは原新監督も強く認識している。

 「2年間という月日で視野は広がった。原ジャイアンツという色はしっかり出せると思う。育てながら勝つ?必ずそういったことを大きな目標にやります」

 契約は3年が基本線だが、長期的なチーム再建とともに来季のV奪回という至上命令も課せられる。解説を終えた原新監督は「私はチームを守って前に進む。だからオーナーには、私を守ってくださいとだけお願いしました」と不退転の決意を口にした。03年9月26日の辞任劇から740日。原新監督が荒波の中に船出する。

 ≪渡辺球団会長「オレから見れば人事異動」≫会見に同席した滝鼻オーナーは「チームを優勝に導いた実績を持ち、かつ47歳という若さ。今、抱えているジャイアンツの危機を克服する力を必ずや持っている」と原新監督の就任に至った理由を説明した。人気、実力とも低迷する現状には「巨人は今、球団創設以来の危機に直面している。この現実を真摯(し)に受け止め、再建を図らねばと決意している」と強調。一方で「勝つこと、優勝することが大きな期待」と、同時に4年ぶりのV奪回も原政権に課した。

 03年の辞任会見の際には、当時の渡辺オーナーが「読売グループ内の人事異動」と話して物議を醸した。この日、滝鼻オーナーは「ジャイアンツの将来を懸けた、重要な監督交代人事」と力を込めたが、一方で夜に都内のホテルで会食を終えた渡辺球団会長は「原は監督を辞めても巨人の社員だよ。(監督になって)給料が少し増える。オレから見れば人事異動だ」と前言を繰り返した。
[ 2005年10月06日付 紙面記事 ]


原さんは前回の監督のとき、そんなに悪くない成績にもかかわらず、やめることとなったが、そのことについて、記事の中にはないが、会見で、
「そのことはわだかまりを持っていない」
と発言されている。
私が原さんの立場なら、断るが、今の野球界は低迷期であり、悪い感じの印象を残したくないので、粘り強く残るような発言はされなかったのだと、私は思いました。

私はこのブログでも再三書いたように、アンチジャイアンツなので、巨人に対しては好意的なことは書かないが、原さんは別に嫌いではない。
私はNHKの有働アナウンサーと組んで、番組をやっていたころが、好きですね。
なので、私はずっと、NHKのスポーツ番組のキャスターをしてほしかったのですが。

監督としてはいい監督じゃないかと思いますね。
別に巨人に思い入れがないので、あんまり試合を見ていなかったので、細かいことはわかりませんが、選手の使い方はよかったように記憶しています。

今回の人事は前記したように、現在は野球界の人気が低迷しているので、悪い印象を残さないように、会見されていました。
まあ、原さんが帰ってきたとこで、野球人気が大幅に回復するとは思いませんが。
まあ、

野球人気=巨人人気

という図式は嫌いだが。
少し、違うと思うのだが、でも、やや、「野球の人気は巨人のものだったのかなあ」とも思うし…。
なんか、やな感じだが…。

まあ、野球人気も巨人人気も大幅、安定回復は原さんの監督就任程度では回復しないと思います。

原さんには、「まあ、がんばってください」って、感じです。


よろしかったら、「振り逃げプロ野球」に一票、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
テーマ:読売ジャイアンツ - ジャンル:スポーツ
コメント
一周遅れ
明らかに世の中から一周遅れているのが読売フロント陣やね。

来年本気で優勝する気なんやったら欲しかったんは鹿取GM。。
2005/10/06(木) 23:45:26 | URL | CCNP #/fl7N7ws[ 編集]
CCNPさん
昔現役をやっていて、まともに出来そうな人がフロントに入ったほうがいいですからね。
2005/10/08(土) 12:36:31 | URL | red hot #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/163-ec185957
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
巨人監督に原辰徳が復帰/007に避妊具持たせろ:英医学会
↑拙作です↑1. 巨人監督に原辰徳が復帰読売新聞から: プロ野球・読売巨人軍の堀内恒夫監督(57)は5日、東京・大手町の読売新聞社を訪れ、成績不振の責任を取って辞任する意向を滝鼻卓雄オーナー(66)に申し入れ、了承された。 後任には前監督の原辰徳氏(47)が3シ...
2005/10/06(木) 17:34:45 | メフィスト賞受賞者津村巧のテレビ・世相日記
新監督 原辰徳
2,3年でまた復帰させるくらいならずっとさせとけばいいのにさ。なに やってんじゃ!巨人渡辺のじじーと堀内の顔をみただけで イライラする今日この頃そういえば 読売新聞購買すると 今なら 原辰徳のサインボール差し上げます!と 読売のおっちゃんに言われて 当時野球
2005/10/06(木) 22:38:56 | 魔の二歳児あかねちゃんの育児日記
辞任と解任~原監督のニュース~
原監督就任決定ですが、ニュースを見て聞いて思ったことがあります。
2005/10/07(金) 12:23:35 | 北の国から徒然日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。