ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本テレビは日テレ社員の「視聴率操作」事件以降、精彩を欠いている。
ここ何年かにわたって、視聴率4冠をを守り続けていたのに、近頃はフジテレビが盛り返しており、その座から転落している。

一昔前は日テレといえば「バラエティ下手」として有名だった。
大昔は「シャボン玉ホリデー」などがあり、バラエティが強かったのを考えると、バラエティに対して、波のあるテレビ局だといえる。

一昔でも「アメリカ横断ウルトラクイズ」や「天才たけしの元気が出るテレビ」などがあったが、後は振るわない。

そんなバラエティ下手から脱却したのは「ショーバイ SHOW-BY」あたりからではないかと思う。
この時期はフジテレビが以前の元気が失われているのと重なり、「バラエティといえば日テレ」といわれるくらい、調子がよくなる。

その後は「電波少年」「お笑いウルトラクイズ」「とんねるずの生でだらだらやらせて」「ウリナリ」など、いろんなタイプのバラエティ番組を成功させる。

しかし、今は前記で紹介された事件ごろから、低迷。
日テレ全体では巨人戦の視聴率が振るわず、全体に足をひっぱているという、頭の痛い状態である。

私が思うに、今のバラエティ不調の象徴といえる番組が「みんなのテレビ」だと思う。
あれはバラエティが下手だった頃の日テレの番組のにおいがぷんぷんする番組だと思う。
今の時代、あの形式の番組を喜ぶ奴なんていないと思う。

今、バラエティで調子のいい番組は大昔からやっている「笑点」だけだと思う。
「エンタは?」とは聞かないでほしい。
これはバラエティの調子がいいときにも悪いときにも言えるけど、日テレって、お笑いに対する「リスペクト心」がないことが多いから、その面はイヤである。
芸人の持ち味を引き出そうとしない。
押し付けている感じがどうも…、ね。

そんな日テレ。
改変では地方局制作の番組をやるそうだ。

日テレ奇策の勝算、関西ローカル番組を異例の抜擢 「なるトモ!」(夕刊フジ ZAKZAK)
巨人戦中継の視聴率低迷で、視聴率競争で苦しい戦いが続く日本テレビ。秋の番組改編で異例の関西発のローカル情報番組を“隠し球”として登場させる。その成算は…。

 10月3日スタートの情報系バラエティー「なるトモ!」(月-金午前9時55分)=写真=がそれだ。読売テレビ制作の関西ローカル番組で、芸能ネタや、新聞・雑誌の見出しチェックなどのレギュラー企画に加え、視聴者の投稿から、トレンドになりそうなファッションや生活情報を紹介するコーナー、週末のお出かけ情報、いろんな仕事を探して紹介するといった構成だ。

 メーンパーソナリティーは、お笑いタレントの陣内智則(31)と、東京ではなじみの薄いなるみ(33)。果たして、関西の情報が詰まった番組が東京で受けるのか…。

 日テレの渡辺弘編成局長は、「これは、“実験”です。ウチとしては珍しいこと。(日テレ系の)中京テレビ制作の『サルヂエ』のように、いいものはどんどん放送していきたい」と人気あるコンテンツなら、東京も地方もない、というスタンスだ。

 「サルヂエ」(月曜午後11時40分)は、サルにふんした藤井隆(33)がなぞなぞを出すというスタイルで、8月の平均視聴率は8.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と深夜帯では高い。10月19日からは、水曜午後8時に移動するほどだが、こちらは情報番組と違い、ローカル色はまったくないもの。

 「なるトモ!」は「平均視聴率7%で、視聴者は20-35歳くらいの女性が多い」(読売テレビ広報)という人気だが、関西限定のローカル色が前面に出て、それが関東で受け入れられるかどうか。

 関西の民放関係者が、「おもしろいけど、若手お笑い芸人を起用しているだけで、視聴率もあれが限界」と見れば、在京キー局関係者は「なんであの番組を選んだのかな。コケるでしょう」とさらに厳しい声も。

 窮余の策に映るが、視聴率競争の下位に沈む日テレ、そのヤル気のなさが伝わる。

ZAKZAK 2005/09/16


まあ、夕刊フジZAKZAKの記事なので、話半分で読んでください。
まあ、改変内容は本当でしょう。
自局が調子悪いときは系列局のを、というのは悪くないと思いますよ。
無理して作ったのを見せられるよりは。
成功する、しないは別として。

でも、日テレは追い込まれている、というのは伝わってきます。
バラエティを中心に復活するには時間がかかりそうですね。

このブログを書くのに参考になった文献「つけっぱなしTV」ラサール石井さんの本です。
スポンサーサイト
テーマ:テレビ番組 - ジャンル:サブカル
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/138-7f9ca3ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
[テレビ] バラエティ下手に戻りつつある日テレ
まあ元々そんなに上手かったかという話もあるんですが、演じてへのリスペクトの無さというのは昔からあったと思うし、そのリスペクトのない扱いでお笑いタレントを笑い者にして成功してきた日テレではありましたが、視聴者というかお笑いマニアといえる層が着実にお笑いファ
2005/09/17(土) 00:09:59 | 昨日の風はどんなのだっけ?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。