ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本題に入る前に本題に関連する話を書きたい。

家にいたら、
「ボランティア活動の一環で来ました。
障害者やお年寄りの人が一生懸命、作りました。
買ってください」
とか言って、見知らぬ女性が立っていた。
ちょうど、日本テレビ系列で24時間テレビをやっていた時で、この人も黄色い(別物だけど)のシャツを着ていた。
ボランティアについての私の考えは、
「ボランティアは自分がしたくなったときに自発的にするもので、そのときに適切な団体を探して、活動するものだ」
と考えている。
家でリラックスしているときやいろいろな用事をやっているときに突然訪ねてきた正体不明の人に、
「寄付をかねて、商品を買う」
ということは、今、私自身、金銭的にもきついのもあるが、出来ないことだと思うのだ。
そのときはちょうど、両親が家に帰ってきたので、断るのは母に押し付けてしまったが、こういう、突然、家を訪ねてくるボランティア(本当にしているかは不明)は以前、私が家で一人のときも同じようなのが来たが、そのときは私はちゃんと断りました。
寄付を装って、本当は寄付もせず、自分の懐(ふところ)に入れて稼いでいたという事件があったばかりだし、怪しいのにはお金は出したくないのだ。

そして、数日たち、私は食事をしながら、地方(住んでいるところは広島)のテレビニュースを見ていたら、「ほっとけない 世界のまずしさ」のホワイトバンドの話をしていた。
「ホワイトバンドは自発的に買うわけだし、金欠ではあるが、いずれは一個だけでも買ってみるか」
と思っていたが、そんな時、コンピューターを広げて、何気に、いつも見させてもらっている「昨日の風はどんなのだっけ?」さんのブログを拝見していたら、こんなことが書いてあった。

■[ニュース] ほっとけない日本の汚さキャンペーン

その中で紹介されていたリンクです。

日本の汚さほっとけないキャンペーン

■1円すら寄付されないホワイトバンド(「KHX System -ver.2-」さんより)

私はよくわからないので、「逃げ」の回答しか出来ませんが…。
こういう怪しい噂があるうちはホワイトバンドは買わないほうがよさそうです。
ホワイトバンド購入について、勉強になったのは確かですね。
むやみに信じすぎるのもよくないな…、と。
一円でも直接の寄付があれば、買ってもいいのかもしれないけど、一円すら怪しいですからねぇ…。

もちろん、世界の貧しさは、ほっとけない状態であるのは確かです。
私は力もお金もないので、少しの協力しか出来ません。(コンビニの募金箱の小額。本当に寄付されているのかはわからないが、自分で身銭を切っても後悔しない額なので、納得できる)
ですが、突然たずねてきて、人の善意を試すように、「寄付を兼ねた商品購入」を迫ったり、人の善意である募金をしかるべきところに寄付もせず、自分の懐(ふところ)を暖めていた詐欺事件があったり、と。
なんか、いやな気持ちになります。

子供のころ、ボランティアって、胡散臭いと思っていた。
有名人がやっていると、売名行為のように思っていた。
高校時代、バスで下校しているとき、友人に、
「ボランティアをやるというのは、直接行って、井戸を掘ったり、食べ物を渡したりすることが本当のボランティアで、お金を寄付する方法だと、本当に目的のところに行っているのかわからないから、そういう募金はあまりしたくない」
と熱弁をふるったことがあった。
大人になって、
「売名行為の募金であっても、しないよりはマシ」
と思うようになり、今は、小額程度ではあるが、たまに募金をしている、というのが、私の考え方です。

しかし、募金詐欺やホワイトバンドの一件はまた、ボランティアをすることとは、ということを考えさせられる出来事ですね。
ボランティアは自分の出来るスタンスでやりたい。
それが微力であっても、確実なところに使ってほしい。
こういう闇、あるいは灰色な感じだと、一体どうすればいいのか、わからなくなる。

「昨日の風はどんなのだっけ?」さんがブログの中で紹介されていた「Wear Yellow LIVESTRONG」のリンクを貼っておきます。

ランス・アームストロング基金

WearYELLOW LiveSTRONG

アームストロングさんはツール(簡単に言うと自転車レースの世界大会)で何度も優勝されておられる方です。
アームストロングさん自身もガンを克服されて、なお、またレース復帰をして優勝された方です。
この方の基金のようです。
ここの基金の場合は全額、ガン撲滅とがん患者、または遺族に寄付されるそうです。

下の本、河合香織さんの「セックスボランティア」の中で障害者の人が「24時間テレビがうっとうしい」と発言されている部分があるそうです。
障害者も人間なのに「聖人」のように祭り上げられたら、普通の人間の生活に支障をきたしそうですものね。
以前から、興味のある本なのですが、これを機に、図書館で借りて、読んでみようと思っています。
スポンサーサイト
テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/125-a5f39fc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
[ニュース] ほっとけない日本の汚さキャンペーン
関連:1円すら寄付されないホワイトバンド(KHX System -ver.2-) 関連:1円すら寄付されないホワイトバンド(el lobo marino) 逆リンク:気になる話が…(振り逃げプロ野球) 日本でのホワイトバンドキャンペーンはあまりにも周辺で金儲けしている連中が大過ぎという指
2005/09/01(木) 20:59:51 | 昨日の風はどんなのだっけ?
東京タワーに「ホワイトバンド」
もう語りつくされているので、あれなんですが…東京タワーに貧困撲滅の「ホワイトバンド」 (朝日新聞) - goo ニュースもしかして一般レベルでは、まだまだこのキャンペーンの問題点について認識されてないようですね。↑の記事でも書いてあるのですが、この目的は、14日か
2005/09/10(土) 13:10:08 | ブログであそぼ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。