ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当にプロレス界はいい話がないねぇ…。

全女最後の社長が飛び降り自殺(日刊スポーツ)
全日本女子プロレス解散時の社長だった松永国松氏が17日午後6時すぎ、東京・品川区内のビル7階から飛び降り自殺していたことが18日、分かった。目黒区内の病院に搬送されたが、死亡が確認された。63歳だった。自殺の理由は分かっていない。

 国松氏は全女を経営した松永一族の四男で、二男健司氏、三男高司氏、五男俊国氏とともに68年の旗揚げに参画。ジミー加山の名前で団体のメーンレフェリーも務め、数々のビッグマッチを裁くなど活躍した。フロントとしては主にマッチメークと巡業の責任者を務め、ビューティ・ペア、クラッシュギャルズを擁した黄金時代を支えた。選手からは「国マネジャー」と慕われ、選手の管理部長的な存在だった。

 団体は97年10月に、バブル崩壊に伴う外食産業、不動産などのサイドビジネスの破たん、女子プロレス人気の低迷から2度目の不渡りを出し、事実上倒産した。だが、残った選手とともに興行を継続し、最後まで団体を守り続けた。

 全日本女子最後となった4月17日の後楽園ホール大会ではレフェリーとして試合を裁いた。終了後には健司副会長とともにリングに上がり「37年間、応援ありがとう。こんな終わり方で、ファンに申し訳ない」と土下座して謝罪した。

 全女旗揚げに参画した松永兄弟では、元社長の俊国氏が02年9月22日に心不全で57歳の若さで死去。高司元会長は病気のため、現在は自宅療養している。

[2005/8/19/09:11 紙面から]


歴史ある全女も大丈夫だと思っていたGAIA JAPANも今はない。
プロレス興行はお金にならないとは聞くけど。
お金にならなくてもプロレスをやりたいと思うのは本当にプロレスが好きだからかなあ、と、つくづく思うよ。
「世の中、お金が無いと何も出来ない」
と思っている私でも、プロレスの現状を見ていると、
「よく続けているなあ」
「本当にプロレスが好きなんだなあ」
と思うことが多い。

女子プロレスは一時期斜陽の時代があって、そのとき、男子プロレスのファンの前でメキシコのプロレス、スチャリブレを見せて、好評を博し、女子プロレス界の人気と地位向上につながったと聞く。
それで、人気が低迷していた女子プロレスは生き返ったと思ったけどなあ…。
定年制廃止やベビーフェイス(良い役)、ヒール(悪役)と分けることもしなくなる傾向もあって、パフォーマンス重視のプロレスに転向したなあと思った。

ただ、プロレスは女子に限らず、長い間、人々の関心の目を向けられることが難しい競技だと思う。
一部のコアなファンは残るけど、浮動する格闘技ファンは違うところへ関心を移してしまう。
飽きられないようにいろいろやるけど、なかなか、軌道に乗らなかったり、一瞬は火がつくけど、すぐ下火になったりした。
団体の数もものすごく多くなった時期があり、ほぼ把握するのは無理だったね。

プロレス界全体が新しい、ガチンコの要素の強い格闘技に流れていっている。
まさに今のプロレス界は、
「冬の時代」
といっていいだろう。

冬木も橋本も死んだ。
今回の全女の社長以外でもFMWの社長だった人も自殺したと聞くし。
神聖なマットで元女子プロレスラーが好色の度の濃いDVDの撮影をして、物議をかもし出すし…。
本当、いい話がない。

女子プロレスは特に斜陽の度合いがひどいと聞く。
今は何とかLLPWとJWPは残っているが、女子プロレスではおそらく、ガチで1番強いと思われる神取忍の対抗馬が一向に出なかったのも痛かったように思う。
もう神取も40だよ。

でも、プロレスをやっている人が選挙に出たくなる気持ちもわかるよ。
今はプロレス団体をやっても借金を背負うだけだし、生活を考えるよね。

ああ、プロレス界に再び春が来るのか?。
スポンサーサイト
テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/110-ded14c07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
全女最後の社長が飛び降り自殺
あんまり書きたくないタイプの記事だけど、全女ラブだった時期もあったんで、書いてみようかと思います。http://www.nikkansports.com/ns/battle/p-bt-tp0-050819-0006.html全日本女子プロレス解散時の社長だった松永国松氏が17日午後6時すぎ、東京・品川区内のビル7階か
2005/08/20(土) 02:54:15 | ハッピーアミューズメントが斬る!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。