ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さっき、私の日本ハムファンだった歴で書いたのですが、私は1987年中旬から2003年の中旬までの15年ほど日本ハムファンでした。
なので、21年ぶりの10連敗なので、私は10連敗した日本ハムを見たことがありません。
強いイメージはなかったかもしれませんが、私がファンをやっている間に優勝しかけたことが3回ありました。(優勝はしてないがね…)
それに、意外と大型連敗しないチームですね。
それが日本ハムだったわけです。

その日本ハムが21年ぶりに10連敗。
ハム21年ぶり10連敗、金本にやられる
<阪神5-4日本ハム>◇10日◇甲子園

 日本ハム新庄が、頭上を見上げた。追いかけるのをやめた。延長10回。阪神金本の痛烈な打球が、バックスクリーンへ吸い込まれた。5年ぶりに、がい旋した聖地・甲子園。大音響の「六甲おろし」を聞きながら、暗い通路を引き揚げた。チームワースト記録の14連敗した84年7~8月以来、21年ぶりの10連敗。バスへ乗り込むまで無言だった。

 「記念日」にするはずだった。00年10月1日ヤクルト戦以来、1713日ぶりの甲子園の土。日本へ復帰した昨年の春季キャンプでの阪神との練習試合。新庄は「(阪神には)育ててもらった。タイガースの球団、フロント、ファン…。みんなに感謝している」と話していた。高ぶる思いを内に秘めた。2点を追う6回2死二塁で、三遊間を破る。終盤の死闘への、おぜん立てとなった。満員4万7273人の観衆から拍手が起きたが、最後は金本にやられた。

 チームは試合前に全員ミーティングを行い、試合に臨んだが、及ばなかった。ヒルマン監督は試合後、10連敗の質問に「そういう質問にどう答えればいいのですか。もっと前向きな質問はないのですか」と、珍しく感情を高ぶらせていた。

[2005/6/11/06:37 紙面から]


この試合も日本ハムらしい、一生懸命やって、最後は結局負けるという、疲労感の残る負け方。

目立つような連敗はしないのが特徴の日本ハムには珍しい、大型連敗。
最下位で弱いときも、多く負けて、少し勝っての繰り返しで最下位だった。
「負けるんだったら、日本記録、いや、メジャー記録でも作れ!!。そのほうが目立つだろう!」
と、開き直ってそう思ったこともある。
でも、それができないチームだった。
今はファンではないので過激なツッコミは避けますが…。

たまに試合を見ていて疑問がある。
ヒルマン監督の頑固な采配だ。

100球くらいになると投手を代えたがるところだ。
私は長く投手を投げさせることには反対で、球数が多くなったら、代えるべきだと思うほうである。
私が好きな監督に近藤貞雄さんという人がいるのだが、この人は、
「へろへろになったピッチャーを見たいというお客さんがいると思うか!」
とおっしゃられて、私はその言葉におおいに同感した。
なので、投手交代自体は反対しない。
ただ、あまりにも杓子定規だ。
「あ、100球だ。代えよう」
という、機械的な交代をする。
ピッチャーの調子、試合の展開を無視して代える傾向があるのがいただけない。
100球を超えてても、イニング区切りで代えるほうがいい展開であっても、100球越えを理由に代えたがる。
同じアメリカ人で、アメリカ的な采配をする(でも、キャリアと実績は大違い)千葉ロッテのバレンタイン監督は100球超えてても投手を完投させることもある。
また、代えることもある。
調子が悪ければ100球以下でも代える。
ようは柔軟性があるのだ。
ヒルマンにはそれがないね。

投手を粘り強く、なるべく代えないで投げさせるヒルマン監督に姿勢は評価できるが、他にことには柔軟性がない。

でも、ヒルマン監督は嫌いじゃない。
好きな部類の監督だ。
ただ、采配が下手なだけだ。

もともと、ヤンキース傘下時代は選手の育成を主にやっていた人である。
選手の育成のほうが向いているのではないかと思う。
二軍監督向きなのではないか。

私は素人なので、気にしないでください。
これは単なる意見です。

早く、連敗地獄から抜け出せるといいですね。



よろしかったら、「振り逃げプロ野球」に一票、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/11-383b2973
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
6/14FvsC
<日本ハム3-0広島>◇14日◇札幌ドーム 20歳のニューヒーローが、2つの「大役」を果たした。日本ハム鎌倉が、プロ最長の7回1/3を4安打無失点。チームに約3週間ぶりの連勝をもたらし、今季4勝目を挙げた。トルネード気味に上体をひねる変則の横手投げで、赤ヘ
2005/06/16(木) 03:37:13 | かまぼんの視点
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。