ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私はライブドアのブログ検索を利用するので、ライブドアのホームページを見ることがあるのだが、ライブドアのパブリック・ジャーナリストというのがあって、そのうちの一人の方が、こんなことを伝えていた。

マスコミが信頼されないワケ、御巣鷹山の事故追悼現場で(livedoor PJオピニオン)
【PJニュース 08月14日】- 12日早朝、日航ジャンボ機墜落事故関連の取材のため、群馬県上野村の御巣鷹(おすたか)の尾根に向かった。国道から折れ、事故後に開通した道を十数キロ登ると、登山口に到着した。午前6時半。報道用の駐車場はテレビ中継車などで、すでに満車。狭い山道の脇には500メートル以上にわたってマスコミの取材車両が列をなしていた。

 テレビ局のスタッフ用大型ワゴン車や、新聞社の大型四輪駆動車などさまざま。細い林道に大型四駆は無用の長物だろうと思いながらも、その中で異様に写ったのが東京ナンバーの黒塗りハイヤー。人里離れた深い山あいにマスコミの高級車が10台以上も待機しているのは、何とも形容しがたい光景であった。「どんな記者が乗ってきたのだろう」。こんな疑問も抱いた。

 御巣鷹の尾根での取材を終え、遺族の方々と一緒に下山途中、民放キー局の中継車の横を通り過ぎたとき、その中継車の中から破天荒な笑い声が聞こえてきた。中をのぞいてみると、スタッフがいすにふんぞり返り、電話で誰かと歓談していた。一緒に下山した遺族の方から「いやな感じですね。場違いです」と声が漏れた。

 登山口に到着したのが午前9時半過ぎ。その頃になると参拝に訪れた遺族らも増え、登山口付近は遺族を乗せたタクシーや乗用車でごった返していた。山道に駐車する車両の列は1キロ以上に伸びていた。そして、登山口の一番近くに大手マスコミのハイヤーが記者の帰りを待っていた。しばらくすると、山登りには不釣り合いないでたちの記者が1人、帰ってきた。日本航空社長の同行取材をしていた記者だった。

 その記者はハイヤーの後部座席に乗り込むと、車の窓を開け、パソコンを起動しながら、たばこを吹かした。そのすぐ横を、ひしめくマスコミ車両を遠慮しながら通り過ぎるお年寄りの遺族がいる前でである。皮肉混じりに「いいご身分ですね」と声をかけたが、その記者からは返事はなく、そのハイヤーは登山・下山している遺族らをかき分けるように出発した。

 これにはさすがに憤りを感じた。たった一人の記者のためにハイヤーを数時間待たせるのなら、なにも登山口間近でなくてもよかろう。この記者はこの日、多くのお年寄りの遺族が登山してくることを分かっていたはずだ。御巣鷹の登山口には、我がもの顔でハイヤーを待たせる、多数のマスコミ記者のごう慢が存在した。他方、そのおかげで、数多くのお年寄りの遺族が、1キロ以上も余計に山道を登らねばならなかったという理不尽が存在した。

 マスコミは日航や国に対して、お年寄りの遺族のために、より良い登山道を整備せよ、などとの論調を掲げたが、他人を批判する前に我が身を省みなければならない。こんなありさまだから、マスコミは市民から信頼されないのだ。お年寄りの遺族へのいたわりのない記者など、少なくとも市民を代表して取材し、それを市民に伝える役目を担う存在ではない。【了】


あきれる話だが、テレビ関係の話ではそんな話は聞く。
松野大介さんの「芸人失格」の中で、タレントとして活動していたときの話をしていて、テレビ収録のロケ先で相手は迷惑していても、テレビのスタッフは疑問に思わず、眠っていた」というようなことが書いてあった。
「テレビで撮ってやってる」
という上目線の考え方があるようだ。
これはテレビ業界全体にある傾向だと思う。
ライブドアから記事を紹介しているから言うわけではないが、フジテレビの買収問題の際、フジテレビは「テレビの公共性」とか、あらゆることをいって、抵抗していたが(一部、タレントも同意していた)、本音は、
「広告収入をネットに取られたくない」
というのが大きな理由らしい。
今、ラジオのCM収入をネットが抜いたらしい。
テレビもネットにCM収入を持っていかれたくなかったのだ。
そして、買収問題が終わって、今、思い出したかのように、
「8月28日はCMの日」
なんて、やっているが、私はこんなのは初耳だ。
CM放送がはじまって、52年って、中途半端なときに言い出しているところがますます怪しい。
スポンサーにゴマをすっているとしか考えられないが、まあ、それほど必死だったわけである。
他のテレビ局も怖いから同調する。
しかも、テレビ局は自分の都合の悪いことは報道したがらない。
これでいったい、何が、
「公共性なんだ」
と言いたい。

そんな、マスコミのおごりに近い考え方は、この日航機墜落事故のマスコミの態度の記事にもあらわれている。
昔、泉谷しげるさん、大江千里さん、嘉門達夫さんが出した阪神・淡路大震災のチャリティーCDの曲の中で、
「マスコミが飛ばしたヘリコプターで「助けて」の声が聞こえない」
という内容のことが唄われている。
こう、指摘されても、マスコミは反省の色がない。
ザ・タイマーズの「ヘリコプター」という曲ではないが、
「♪マスコミばっかり飛んでるヘリコプター」
である。

確かに私もマスコミの情報には頼っているが、過剰に求めているつもりはない。
限度と言うものがある。
いつまでも、
「視聴者が見たいと言っている」
というのを逃げ道にしてほしくない。
スポンサーサイト
テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://redhotmuzik.blog12.fc2.com/tb.php/104-a32db809
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
「あれから20年」、きみまろではないよ
<でかジャケCD¥2300> ユニバーサルミュージックが「えっ、レコード?」と思わせるようなCDを発売した。「懐かしのLPレコードと同サイズのジャケットにCDを封入、デザインが映え、紙製ならではの手触りと温もりもあり、LPプレイヤーが無くても聴け
2005/08/14(日) 12:05:20 | 娑婆に出る
[ニュース] 「俺たちが伝えてやってんだよ」
神戸の時に問題になった報道のヘリのせいで、瓦礫の下で救助を求めている人の声が聞こえないというのは、去年新潟で同じ過ちを繰り返しましたね、何日も生き埋めになっていた少年がいましたが、何故、発見が遅れたかという理由はテレビは決して言いませんでしたね。 (振り逃
2005/08/15(月) 04:22:12 | 昨日の風はどんなのだっけ?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。