ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たいへん、お久しぶりです。

北京オリンピックがおこなわれていますが、いろんな競技を見ております。
また、gorin.jpで見てみたい競技を見ています。
私がブログを始めたきっかけはオリンピックの野球に関しての報道やら、何やらに頭にきて、そのことを書きたくてはじめたわけですが、4年たった今、野球ファンをやめたため、野球の結果はあまり気にならなくなりました。
まあ、4年の間、ブログやネットのことでいろいろあり、今は、昔とはブログに対する考え方が変わったりで、オリンピックに対しても、なるべく、穏やかに、落ち着いて見るようになりましたね。
オリンピックに出場している選手たちには悔いなく、やって欲しいと思って見ています。

で、このエントリーの題名の本題に入ります。
「3連覇、ならず…」のことですが、これはダイノジの大地さんのことです。
エアギターの世界大会があったそうですが、今回、大地さんは6位だったそうです。
ただ、優勝、しかも2連覇自体がすごいことです。
日本からは市川・ザ・ロックさんも参戦しており、市川さんは4位だったそうです。
日本代表、残念でした。
いつになるかはわかりませんが、いずれ、YouTubeに動画があがるのではないかと思いますので、日本代表のVTRが見れるかどうかはわかりませんが、今回の優勝者のアメリカの方のエアギタープレイなどを見てみたいなあ、と思っております。
スポンサーサイト
以前、Marie Digbyさんという人の歌をこのブログで紹介したことがあります。
そのときのエントリーのリンクを貼ります。

気になるアーティスト

私はJoan Osboneの「One Of Us」という曲が好きで、YouTubeで検索して探していたところ、Marie Digyという人が「One Of Us」をカヴァーしていたので、何の気なしに聞いてみると、とにかく声が良くて、彼女のカヴァーのヴァージョンも好きになりました。
そして、彼女自身がUPした他の曲、カヴァーもオリジナルも聞いてみたのですが、本当に良くて、自分のブログのエントリーに書かせてもらいました。
私がそのエントリーで書いたとき、一応、ある程度、ネットで調べて書いたのですが、情報が少なく、あっても英語が多くて読めず、すでにプロデビューしていたアーティストなのに、アマチュアだと書いてしまいました。
すみません。
そりゃ、歌、演奏、うまいはずです。
声もいいはずです。

その後、しばらくすると、Rihannaの「Umbrella」をアコースティックヴァージョンでカヴァーした動画が話題になり、注目されるようになりました。
そして、彼女のルーツでもある日本でもアルバムが発売されることになったようです。(彼女のお母さんは日本人です)

もし、彼女が売れれば、今後もYouTubeで売り出す方法をとるミュージシャンが増えるかもしれませんね。

朝、小倉智昭さんの番組を見ていたらMarieさんが紹介されていました。
なんか、うれしかったですね。
いいアーティストなので、人気が出るといいな、と思います。

新曲だと思いますが、「Say It Again」のリンクを貼ります。

Marie Digby - Say It Again




(2008年8月8日23:53ごろ、追記)
今日は私の住んでいる広島に原爆が投下された日です。
9日は長崎に投下され、15日に第二次世界大戦が終わりました。
63年前の話です。
世界ではまだ、争いをやめていない、国や民族などがあります。
一刻も早く、争いをやめて、世界中に平和がおとずれるを願ってやみません。

63年前の広島のことを歌った曲を紹介します。
This mortal Coilの「I come and stand at every door」です。
デイビット・クロスビーのカヴァーだったと思います。
とてもいい曲で、いろんな人に聞いてもらいたい曲なので、リンクを貼らせていただきます。

This Mortal Coil - I Come & Stand at Every Door
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。