ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前、私のブログで中ノ森BANDのことを書きました。

中ノ森BANDの3枚目のマキシシングルが惜しいことになっている(2005年12月7日)
(当時と今とでは私のブログに対する考え方に変化があったので、文章の感じが現在の感じと違います。それをふまえたうえで読んでいただけると幸いです)

今の私の中ノ森BANDに対する素直な感想を書きたいと思います。

私は素人であり、業界人ではないので、実情はもちろん知らないので、「活動している感じを見て、なんとなく」という範囲は超えませんが、中ノ森BANDはおそらく、「事務所の方針優先型」のバンドだったと思います。
最初から最後まで事務所の方針が優先された活動ではあったとしても、最初のシングル2枚はよかったですね。
ただ、3枚目からは単なる、凡庸なガールズバンドの曲という感じがしました。
つい最近聞いた曲は「イソブラボー」という曲ですが、最初に聞いた感想は「あれっ?」でした。
今までのイメージとも違うし、なぜ、彼女たちがこれを歌う必要があるのだろう、と思いました。
そして、解散、ということですが、残念、という感じは正直なく、「やっと、解散か」という感じがしました。
このまま活動を続けても光が見えない感じがしました。

ヴォーカルのAYAKOさんの声は好きなタイプで、今後も音楽での活動を続けて欲しいですし、続けるのであれば、本人の考えが優先される環境であって欲しいと思いますね。
他のメンバーに対してもそう思います。

あとは私が中ノ森BANDの曲で好きだった2曲の動画を貼りたいと思います。

ラズベリーパイ 中ノ森BAND


Whatever 中ノ森BAND


スポンサーサイト
更新も久々ですが、音楽のことを取り上げるのも久しぶりです。

今回は小沢健二さんの「天気読み」です。

私がまだ、中学3年か、高校1年のころだったと思います。
CD屋さんで何のアーティスト化は忘れましたが、CDを探しながら店内をうろうろしていたとき、フリッパーズギターを解散し、ソロになったばかりのころの小沢健二さんの「天気読み」がかかっていました。
独特の歌詞、声、歌い方、メロディは聞いていて、なんか、いい意味で「引っかかる」感じの曲だなあ、と思いました。
私自身はフリッパーズギターにはほとんど興味がなく、あまり、曲も聞かなかったのですが、小沢健二さんの曲はいろいろ聞いてみたい、と思いました。

動画はアルバムヴァージョンのようです。
このリンクしかなかったので、これを貼らせていただきます。

天気読み 小沢健二


題名が大げさですみません。

昨日、磁石がホリプロコム所属になった、という話を書いたときに「移籍先の所属が決まったら、永沢くんのブログで発表があるのかな、と思ったのですが、いろいろな事情があるのか、それはなかったですね。」と書いたのですが、私のこのエントリーの1日後、つまり、今日の永沢くんのブログのエントリーを見ると、「ホリプロコム所属になった」ことが書かれましたね。

まあ、ただ、それだけの話ですが…。
まあ、とにかく、今後の活躍を期待したいです。
お久しぶりです。

以前、三木プロを辞めて、フリーになったことを書いた、「磁石」ですが、ホリプロコムの公式ホームページのプロフィールに名前が載っていますね。
どうやら、ホリプロコムに移籍が決まったみたいですね。
移籍先の所属が決まったら、永沢くんのブログで発表があるのかな、と思ったのですが、いろいろな事情があるのか、それはなかったですね。
数日前からブログなどでのうわさがあり、ホリプロ説のうわさは聞いていたのですが、どうやら、本当だったみたいですね。
昨年はM-1グランプリの敗者復活はたいへん、惜しかった、といううわさも聞きますし、M-1がすべてではありませんが、今年は磁石にとって、いい年になってほしいですね。

オセロの松嶋さんが結婚されたことにより、久田さん、今は音楽をやっていて、「MARSAS SOUND MACHINE」のヴォーカルのヒサダさんですが、ヒサダさんを久々にテレビで見ました。
懐かしかったですね。
かつては「のイズ」というコントのコンビで活動されていて、大好きなコンビでした。
久しぶりにヒサダさんを見たので、「どんな音楽をやっているのかな」と思い、YouTubeで探したところ、3曲ありました。
その中で、個人的に聞きやすかった曲の動画を貼ります。

MARSAS SOUND MACHINE レミレミ


以上です。

(2008年6月18日 23:33分ごろ、文章構成の変更と、誤字の修正をいたしました。)
話題にするのが遅いですが、「号泣」が解散しましたね。
所属事務所のホリプロコムの公式ホームページで発表がありました。
今後、島田くんはピンで活動を続けるそうですが、赤岡くんはわかりません。

オンエアバトルの初期のころ、よく出ていて、シンプルで言葉遊びの利いた漫才をするコンビで、私は好きでしたね。
ただ、芸人も漫才以外のいろんなことをこなせる要素を要求される時代ですし、また、漫才師としても一本調子なところがあったように思いましたので、そこら辺で、コンビとして、やりにくくなったのかもしれません。
赤岡くんが今後、どうするのかが気になりますが、とりあえずはご苦労様です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。