ニュートラルポジション

私の読んだ本や聞いた音楽などを紹介し、感想を書くブログです。

メールで送りたい場合はメールフォームからお願いします。


サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お笑いに関する雑談を書きたいと思います。

まずはしょっぱなではありますが、解散の話です。

コンツが解散したようです。

また、金時が今年の4月の暮れに行われるLIVE STANDの出番を最後に解散するそうです。
金時の解散はbaseよしもとの公式ホームページの掲示板に書かれています。

今のお笑い界は芸人の数が増えてきています。
昔とは比べ物にならないくらい芸人さんがたくさんいる時代です。
生き残っていくのも結構しんどい時代だと思います。
この決断が吉と出ることを願います。

また、あらびき団やめちゃイケの笑わず嫌いに出演し、これからが期待される夙川アトムさんが所属していたソニー(HEET Projectのほう)をやめたそうです。
これは本人のブログに書いてありました。
ソニーのお笑い部門ではつい最近も松丘さんがやめたばかりです。(こちらの情報も松丘さん本人のブログに書いてあります)
いろいろあるのだと思いますが、お笑いをやめない限り、どこへ所属しようと、フリーであろうとも、芸人に変わりはありません。
こちらも、この決断が吉と出ることを願います。

ショートネタ番組の増加などによる消耗も気になりますね。
ボキャブラのときも「ダジャレ番組って」と思っていましたが、「hon-nin Vol.01」での、松尾スズキさんと対談していた爆笑問題の太田さんの話によれば、
「お笑い界の事務所の壁を取り払ったのはボキャブラがきっかけ」
といっていたのを読んで、
「ボキャブラも今のお笑い界にいい影響を与えていたんだなあ」
と思いました。
こう考えると、時がたたないと、また、事が展開しないと、現在の状況がどういう位置づけの出来事なのか、わからないのかもなあ、と思います。
消耗して、何も残らない、という可能性もありますし、何か、新たに違う傾向が出るかもしれませんし、わかりませんね。
とにかく、消耗して、何も残らない、ということにはならないでほしいですね。
スポンサーサイト
お久しぶりです。

スポーツ裁判所(CAS)がハンドボール五輪予選の再試合は有効かどうかの裁判で、男子は有効、女子は向こうの判決を出しました。

ハンド五輪予選やり直し男子は認め、女子は却下…CASが仲裁結果(スポーツ報知)

女子は残念でしたね。
資料が少ないから、という理由はつらいですね。
女子の場合は写真や映像を撮らせてもらえなかったのですからね。
こういう判決が出るのならば、
「男子もカメラマンは締め出しで」
と、アジアハンドボール連盟(中東寄りの連盟)が言いかねないし、やりかねないですよね。

とにかく残念です。

男子のほうは有効とのことなので、あとは五輪の出場権を獲ってほしいですね。
アメトーークのBBSを見ていたら、Crowded Houseの「Don't dream It's over」という文字がありました。
これを見て、「聞いてみたい」と思ったら、「この曲って、Crowded Houseの曲なんだ」と思いました。

とてもいい曲です。

Don't dream It's over-Crowded House



びっくりしました。

上田現さんが亡くなられたそうです。

私はバンドブーム真っ只中の世代であり、でも、他のありきたりなバンドとは違い、たいへん個性的で、ストリート音楽のにおいのするバンドでした。

上田現さんは元ちとせさんに「ワダツミの木」を提供されたことでも知られています。
この曲もすばらしかったです。
奄美の島歌を歌ってきた彼女の特徴を生かして、彼女の魅力を大いに引き出した曲だと思いました。

個性の強いアーティストだと思いますし、これからもたくさんのいい曲を作って、世に送り出せるアーティストだと思うだけに、残念です。

ご冥福をお祈りします。
お久しぶりです。
ブログを書かなかった理由は特にありませんが、いつもの「マイペース」というやつですので、広い気持ちで見ていただけるの幸いです。

以前、盆地で一位がデビューしたことと、CDを買いたい、的なことを書きましたが、ブログでは遅くなりましたが、CDは発売当日に買いました。
以前、ブログを書いたときは値段を知らなかったのですが、値段を見たら買える値段だったので買いました。
1500円で15曲、おそらく、初回限定のバッチ(ピンクでした)も、もらいました。
店のポイントも1000円分たまっていたので、それを利用して買いました。
かなり、お得な感じでした。

曲を聴いてみましたが、結構よかったです。
個人的な感想をつらつら書きます。

パンクですね。
予想以上にパンクがはっきりしていました。
陳腐な言い方をしますが、Toy Dollsっぽいなと感じる部分があったり、コーラスが思ったよりよかったり、野性爆弾の川島さんのヴォーカルがよかったり、ギターの感じも好きでした。
歌詞はひどいっちゃ、ひどいですが、かなり、個性的です。
好き嫌いがかなりはっきり分かれると思うので、おすすめはしませんが、私は個人的に好きでした。
(2008年3月6日19:55分ごろ、文字の修正をしました)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。